人生の教科書



食事マナー

立食パーティーの
30のマナー

お気に入り1 読んだ
15

立食パーティーでは、
遅刻しても叱られない?

立食パーティーでは、遅刻しても叱られない? | 立食パーティーの30のマナー

立食パーティーでは、比較的、遅刻に寛容です。

会社の会議などでは開始時間が厳密であるため、遅刻すれば、出席者の迷惑になる場合があります。

その点、立食パーティーでは、開始時間はあるものの、さほど厳密ではありません。

開始時間になれば、少しずつ食事と交流が始まります。

数十分ほどの遅刻なら、後から入場しても問題ないでしょう。

 

しかし、いくら遅刻に寛容とはいえ限度があります。

種類や雰囲気にもよりますが、目安としては30分までの遅刻が限界です。

開始から30分あたりで主催者からの簡単な挨拶などがありますから、このタイミングまでには入場しておきたいところです。

また、あまりに遅れて入場してしまうと、交流する時間がなくなります。

人と交流するのが目的なのですから、仕事の事情など仕方ない場合を除いて、きちんと時間どおりに出席するのが一番です。

逆に、早く退席する分には問題ありません。

主催者や会場での食事や交流などを十分楽しめれば、主催者に一言言ってから、退出しましょう。

「顔を出す」ということが大切なのです。

まとめ

立食パーティーのマナー その15
  • 遅刻に寛容とはいえ、
    主催者からの挨拶や乾杯までには入場する。
主催者から全体に向けた話の最中は、皿もグラスもテーブルに置くこと。

もくじ
(立食パーティーの30のマナー)

同じカテゴリーの作品