人生の教科書



食事マナー
失敗は、表情で決まる。
同棲
同棲に失敗はない。
自分磨き
失敗経験が、あなたに磨きをかける。
プラス思考
今が不幸かどうかは、今はまだ決められない。
食事マナー

立食パーティーの
30のマナー

お気に入り0 読んだ
29

余裕を作るつもりが、
逆になくしてしまった、
私の作戦失敗例。

余裕を作るつもりが、逆になくしてしまった、私の作戦失敗例。 | 立食パーティーの30のマナー

とある交流会でたくさんの人と交流しようと思い、ある作戦を思いつきました。

最初に食事を済ませ、食事を完全に終えてから、交流をしようと思ったのです。

皿・カトラリー・グラスなどを持つ手間から解放され、人との交流に専念できるだろうと思ったのです。

理論上は、うまくいくはずでした。

 

しかし、結果は大失敗でした。

最初に食事を終えてしまうと、おなかがいっぱいになり、動きにくくなりました。

しかも不思議なことに、なぜかおなかがいっぱいになると眠くなる。

立っているのがやっとで、猛烈に座りたくなるのです。

そもそも椅子は、疲れている人や年配者へ優先するものです。

おなかがいっぱいで眠いので、椅子に座るのもかっこ悪い。

満腹のせいで頭がぼうっとして、交流の余裕ができるどころか、なくなってしまった。

とんだ、大失敗でした。

情けない話です。

その後この失敗経験から、食事は周りの雰囲気に合わせ、ゆっくり進めるようになりました。

たとえおなかがすいていたとしても、最初から料理を勢いよく食べると、私のように失敗します。

オードブルからゆっくり始め、周りの雰囲気とペースを合わせるくらいが一番です。

知らない人と一緒に食事をしながらのため、交流もしやすくなり、話も弾みやすくなるのです。

まとめ

立食パーティーのマナー その29
  • おなかがすいていても、
    最初から勢いよく食べすぎないようにする。
早めに帰る際は、大げさに挨拶しないこと。

もくじ
(立食パーティーの30のマナー)

同じカテゴリーの作品