食事マナー

ワインの
30の基本知識

1
4

なぜ、
ワインはたくさん種類があるのか。

なぜ、ワインはたくさん種類があるのか。 | ワインの30の基本知識

ほかのアルコール飲料とは違い、ワインには、桁外れの種類があります。

中心的なワインだけでも、100種類を超えます。

なぜ、これほど数多くの種類があるのでしょうか。

  1. ブドウの品種の違い

ブドウとはいえ、多くの種類があります。

 

たとえば白ワインには、淡色種のブドウから作られますし、赤ワインには濃色種のブドウから作られます。

そのほか、タネが大きなブドウもあれば、小さなブドウもあります。

渋みのあるブドウもあれば、甘みのあるブドウもあり、多種多様な品種が存在します。

  1. 産地の違い

どこで育てられるかも、重要な要因です。

地域が変われば気候が変わり、気候が変わればブドウの育ち具合が異なります。

また、ミネラルが豊富な土壌なら、ワインにもミネラル分が含まれ、独特の味わいになります。

  1. 製造法の違い

ワインの製造法も、数多くの種類があります。

 

たとえば、熟成をする際「木製のたる」と「ステンレス製タンク」のどちらを使うかで、味は変わります。

たるの場合は、木でできています。

木の風味がワインに溶け込みつつ、木目を通じて入ってくる微妙な空気がワインと混じり合い、ワインに複雑な風味をもたらします。

さらに細かく言うと、たるがどのような木からできているのかで、ワインの味も変わります。

独特の味わいを生み出しやすい製法ですが、たるの品質によってワインの熟成が左右されます。

そのため、不安定になりやすく、大量生産に向かないのが欠点です。

その点、ステンレス製タンクはそういうことがありません。

安定した状態でワインを熟成できるので、大量生産に向いていますが、面白みがなく平たいワインができやすくなります。

どちらがいいか、悪いかということはありません。

もちろん製造法はそのほかまだまだたくさんあります。

製造法のちょっとした違いによって、ワインはまったく異なった風味になります。

このように「品種」「産地」「製法」の3つの組み合わせによるパターンが多いため、ワインの種類も多くなっているのです。

ワインの基本知識(4)
  • ブドウの種類・産地・製造法の絶妙な組み合わせを、楽しむ。
ハウスワインは、レストランの実力が反映されている。

もくじ
ワインの30の基本知識
なぜ、ワインはたくさん種類があるのか。 | ワインの30の基本知識

  1. 色で分ける、3つのワインの特徴と違い。<br>白、赤、ロゼ。
    色で分ける、3つのワインの特徴と違い。
    白、赤、ロゼ。
  2. 製法で分ける、4つのワインの特徴と違い。<br>スティル、スパークリング、フォーティファイド、フレーバード。
    製法で分ける、4つのワインの特徴と違い。
    スティル、スパークリング、フォーティファイド、フレーバード。
  3. ワインの名前の起源がわかれば、一番アピールしたいポイントがわかる。
    ワインの名前の起源がわかれば、一番アピールしたいポイントがわかる。
  4. なぜ、ワインはたくさん種類があるのか。
    なぜ、ワインはたくさん種類があるのか。
  5. ハウスワインは、レストランの実力が反映されている。
    ハウスワインは、レストランの実力が反映されている。
  6. 急いでワインを冷やしたいときの3つの方法。
    急いでワインを冷やしたいときの3つの方法。
  7. ワインは、作り手のこだわりや情熱が伝わりやすい飲み物。
    ワインは、作り手のこだわりや情熱が伝わりやすい飲み物。
  8. 酔うためにワインを飲むと、失敗する。<br>ワインは味わうために飲む飲み物だ。
    酔うためにワインを飲むと、失敗する。
    ワインは味わうために飲む飲み物だ。
  9. ワインは、高価どころか、むしろ安い?
    ワインは、高価どころか、むしろ安い?
  10. プロに見える、スパークリング・ワインの上手な注ぎ方。
    プロに見える、スパークリング・ワインの上手な注ぎ方。
  11. ワインをおいしく飲むためのグラスの注ぎ方。
    ワインをおいしく飲むためのグラスの注ぎ方。
  12. なぜ、白ワイン用グラスより、赤ワイン用グラスのほうが大きいのか。
    なぜ、白ワイン用グラスより、赤ワイン用グラスのほうが大きいのか。
  13. ワインを保管するときに気をつけたい3つのタブー。
    ワインを保管するときに気をつけたい3つのタブー。
  14. ワインの「当たり年」「外れ年」の意味とは。
    ワインの「当たり年」「外れ年」の意味とは。
  15. シャンパンは、音を立てずに開けるのがエレガント。
    シャンパンは、音を立てずに開けるのがエレガント。
  16. デザートワインの代表「貴腐ワイン」とは。
    デザートワインの代表「貴腐ワイン」とは。
  17. ロゼの辛口スパークリング・ワインは、どんな料理にも合う万能ワイン。
    ロゼの辛口スパークリング・ワインは、どんな料理にも合う万能ワイン。
  18. よいワインショップに見られる5つの特徴。
    よいワインショップに見られる5つの特徴。
  19. ワインのコルク上部にあるカビは、品質劣化品と誤解されやすい。
    ワインのコルク上部にあるカビは、品質劣化品と誤解されやすい。
  20. たくさんの種類のワインは、それだけ楽しみが存在するという証し。
    たくさんの種類のワインは、それだけ楽しみが存在するという証し。
  21. ブルゴーニュとボルドーの飲み比べは、ワイン入門コースにうってつけ。
    ブルゴーニュとボルドーの飲み比べは、ワイン入門コースにうってつけ。
  22. 高級なワインや持ち込みワインは、少し残して帰ると、ソムリエに喜ばれる。
    高級なワインや持ち込みワインは、少し残して帰ると、ソムリエに喜ばれる。
  23. 11月の第3木曜日は、ボジョレ・ヌーボーの解禁日。
    11月の第3木曜日は、ボジョレ・ヌーボーの解禁日。
  24. ワインに含まれる酸化防止剤には、意外な効用がある。
    ワインに含まれる酸化防止剤には、意外な効用がある。
  25. フランス産のワインでよく目にする「AOC」とはどういう意味なのか。
    フランス産のワインでよく目にする「AOC」とはどういう意味なのか。
  26. 高価な高級ワインを、簡単に飲む方法。
    高価な高級ワインを、簡単に飲む方法。
  27. ワインの堅苦しい持ち方は、自分がおいしくいただくためのマナー。
    ワインの堅苦しい持ち方は、自分がおいしくいただくためのマナー。
  28. ワイナリーの見学ツアーに参加すると、ワインへの意識が向上する。
    ワイナリーの見学ツアーに参加すると、ワインへの意識が向上する。
  29. プロに匹敵する、ワインのコルクの上手な開け方。
    プロに匹敵する、ワインのコルクの上手な開け方。
  30. フランスの「セカンドワイン」の意味とは。
    フランスの「セカンドワイン」の意味とは。

同じカテゴリーの作品