猫の気持ちを理解しながら育てる
30の方法

読んだ お気に入り0
14

猫は、
犬以上に聴覚が鋭い。

猫は、犬以上に聴覚が鋭い。 | 猫の気持ちを理解しながら育てる30の方法

猫が、突然、辺りをきょろきょろ見回し始めることがあります。

その視線の先に何かあるのかと目をやりますが、何もない。

それでも猫は、何かを追っているかのように、きょろきょろしています。

何かあって視線をやっているなら分かります。

 

しかし、何もないのに、きょろきょろされると、飼い主としては怖い気持ちになります。

「もしやこの家は、悪い霊に取りつかれでもしているのか」

何か幽霊でも見えているのではないかと、悪い想像を膨らませてしまいます。

実は、猫がきょろきょろするのは「見えている」のではなく「聞こえている」場合が大半のようです。

初めに言っておくと、猫の視力は悪いです。

0.1から0.3くらいの視力しかないと言われ、人間よりはるかに悪い。

10メートルも離れていると、ぼやけているようにしか見えません。

 

しかし、その視力を補えるほどの、鋭い聴覚があります。

猫はもともと夜行性であり、視力はあまり重要ではありませんでした。

 

では、真っ暗な森の中で、どう動物の動きを察知したかというと「音」です。

歩く足音、小さな鳴き声、飛んでいる音。

こうした音から、外敵までの距離、大きさ、動きの様子などを把握していました。

犬も聴覚が優れている生き物ですが、それ以上に優れています。

特に優れているのは、高音を聞き分ける能力です。

低い音は、人も犬も猫も大差はありませんが、高音となると猫が圧倒的に優れています。

なんと超音波まで聞き分けられます。

人間の場合は、最高20キロヘルツの高音を聞き分けるのが限界です。

犬の場合は40キロヘルツ、猫の場合は80キロヘルツという超音波の領域まで聞き分けられます。

人にも犬にもまったく聞こえない高音でさえも、猫なら聞けます。

何もないのにきょろきょろしている場合、数十メートル先の猫や犬の歩く足音、鳥の飛ぶ音などに反応しているのでしょう。

もしくは、屋根の上にいるネズミのかすかな鳴き声に反応しているのかもしれません。

いずれにせよ人間には聞こえない音を聞き取っていると思っていいでしょう。

幽霊の姿が見えているわけではないようです。

まとめ

猫の気持ちを理解しながら育てる方法 その14
  • 猫の鋭い聴覚に、感動する。
猫はテレビに映る小動物を、本物と見間違える。

もくじ
猫の気持ちを理解しながら育てる30の方法
猫は、犬以上に聴覚が鋭い。 | 猫の気持ちを理解しながら育てる30の方法

  1. 頭をなでるときは、無言より話しかけながらのほうが、なつきやすい。
  2. なぜか犬は、キャットフードを喜んで食べる。
  3. 生後1カ月から2カ月の間の猫に接すれば、なつきやすくなる。
  4. 猫は子供が苦手というより、落ち着きのない人が嫌い。
  5. 犬と猫の祖先は同じだった。
  6. 猫に悪さをやめさせる、効果的な方法。
  7. 飼い主と猫との間に生じやすい悪循環。
  8. 猫を飼うなら、完全に室内飼いにするのが基本。
  9. 完全室内飼いはストレスをためやすいからこそ、進んで遊び相手になるくらいでいい。
  10. 猫の体を洗う頻度は、1、2カ月に1回程度でいい。
  11. 猫はわがまま。
    熱すぎてもいけない。
    冷たすぎてもいけない。
  12. なぜか水を飲んでくれないときの3つのチェックポイント。
  13. 猫は安心を求めるため、本能的に高いところへ行きたがる。
  14. 猫は、犬以上に聴覚が鋭い。
  15. 猫はテレビに映る小動物を、本物と見間違える。
  16. 猫と一緒にいると、忍耐力が鍛えられる。
  17. 人間は狭いところでストレスを感じるが、猫は逆に安心を感じる。
  18. 猫は、寝ているのかぐったりしているのか、見極めにくい。
  19. 猫の排泄物は、健康のバロメーター。
  20. 猫は生まれてから1年間で、急成長を遂げる。
  21. 猫のトイレは、場所と雰囲気が重要。
  22. 猫のトイレの場所は、部屋の模様替えを前提に考える。
  23. 猫は偏食家。
    新しいものが苦手。
  24. 猫とほかの動物とを同居させるときの注意ポイント。
  25. 猫は、急いで生きようとする人間の品行を正す先生である。
  26. ペットを飼うなら、電気配線の周辺は特に注意。
  27. 猫にとって環境が変わるのは、一大事件となる。
  28. 猫が大喜びする生魚は、むしろ与えないほうがいい食べ物。
  29. 猫の健康管理は餌の量と与えるタイミングであり、飼い主の責任に委ねられる。
  30. 猫の鳴き声が言葉に聞こえるくらいに、親しくなる。

同じカテゴリーの作品