人生の教科書



読み上げ動画・音声
猫を飼うなら、完全に室内飼いにするのが基本。
屋外で飼うなら、犬の立場になって考える必要がある。
猫の排泄物は、健康のバロメーター。
猫の鳴き声が言葉に聞こえるくらいに、親しくなる。
猫はテレビに映る小動物を、本物と見間違える。
ぼんやり窓の外を眺める猫。
その心とは。

気持ちを理解しながらてる
30方法

お気に入り2 読んだ
9

完全室内飼いはストレスをためやすいからこそ、
んで相手になるくらいでいい

会で猫を飼う場合、ほとんど完全室内飼いになるのがほとんどでしょう。

外出させてあげたくても、外は危険が多いため、難しいです。

屋外で飼っていると、トラブルでけがをしたり、ほかの動物たちと接触して病気をもらってしまったりすることもあります。

万が一、車にひかれてしまえば、一大事です。

そうした事情から、猫は室内で飼うのが基本になります。

 

しかし、室内で飼うと、閉じられた環境になり、猫は運動不足でストレスをため込みがちになります。

犬のような散歩の習慣はないので、ときどき飼い主が猫の相手をして運動をさせてあげましょう。

おすすめは、時間があれば積極的に猫とじゃれ合ってあげましょう。

猫が1人で遊べるように猫専用のジャングルジムを用意してもいいでしょう。

テニスボールでボール遊びをするのも大喜びします。

小さすぎるボールの場合は飲み込んで喉を詰まらせてしまうこともありますが、テニスボールくらいなら、心配はありません。

大きさとしても、猫にとって相手にしやすいちょうどいい大きさです。

ストレスをため込みやすい事情を理解して、犬を飼うとき以上に、たくさんの遊び道具を用意しておくといいでしょう。

猫の気持ちを理解しながら育てる方法 その9

  • めに道具用意してあげる
猫の体を洗う頻度は、1、2カ月に1回程度でいい。

もくじ
(猫の気持ちを理解しながら育てる30の方法)

同じカテゴリーの作品