夫婦円満になる
30の秘訣

2
18

夫婦とは、
運命共同体である。
協力しながら生きていくという覚悟を持つ。

夫婦とは、運命共同体である。協力しながら生きていくという覚悟を持つ。 | 夫婦円満になる30の秘訣

夫にも妻にも、夫婦になれば、覚悟が必要です。

独身のころは自分勝手にしていたけれど、これからは協力しなければなりません。

未婚時代は「自分は自分。他人は他人」と思って生きていました。

しかし、夫婦になれば違います。

妻の事情は夫に関係し、夫の事情は妻にも関係します。

体は2つでも、夫婦として営んでいるかぎりは、1つと思うことです。

自分の健康状態は自分の体のことだから、パートナーには関係なく、迷惑をかけることもないと思います。

ところが、自分の健康状態はパートナーにもつながることです。

たとえば、何らかの事情により、夫が健康状態を大きく崩して、長期の入院になったとします。

入院するのは夫だけで、妻の健康状態に変わることはないと思いますがそうではない。

夫が入院して身動きが取れなくなると、妻は大変です。

食べていくことができなくなります。

夫が妻の代わりに稼ぎに出る必要が出てくるからです。

夫が入院して身動きが取れなくなることで、妻は夫役も対応しなければならなくなります。

生活費を稼ぐために、妻は夫のように朝早くから夕方まで働いて疲れます。

夫ほど力や体力がない女性には、夫以上に大変と感じるはずです。

そのうえ、家では変わらず掃除や洗濯があります。

子供がいれば、育児に奮闘し、目まぐるしい毎日になるはずです。

妻は、2人分の働きをしなければならず、苦労します。

大変な負担になれば、今度は妻のほうこそストレスで倒れるかもしれません。

結果として夫も妻も入院してしまう……、なんて縁起の悪いことを考えたくはありませんが、可能性はあります。

では、逆のパターンも考えてみましょう。

妻が、何らかの事情により、長期入院することになりました。

入院するのは妻だけで、夫の健康状態に変わることはないと思いますがそうではない。

妻が入院して身動きが取れなくなると、夫は大変です。

妻がいなくなるので、掃除・洗濯・食事まで、すべて自分で作る必要も出てきます。

そのほか、こまごまとした雑務など全部夫がします。

子供がいれば、子供の面倒も夫が見なければいけませんね。

いつも妻ばかりに子供の面倒をお願いしていた夫が、急に子育てになると、必ず戸惑います。

大変な負担になれば、今度は夫のほうこそストレスで倒れるかもしれません。

結果として夫も妻も入院してしまう……。

おや、これは先ほどと同じケースですね。

縁起の悪いことを考えたくはありませんが、可能性はあります。

夫婦というのは、夫と妻とが協力し合っているからこそ、成り立ちます。

夫婦になれば、お互いに支え合いながら協力していくということです。

支えがいなくなると、倒れます。

夫婦でいるかぎり、自分の健康状態は相手にもつながることであり、相手の健康状態は自分にもつながることになります。

「運命共同体」です。

独身のように「自分は自分。相手は相手」というふうに、別々に考えるのは卒業です。

これからは「妻の事情は夫の事情であり、夫の事情は妻の事情」です。

夫婦円満になる秘訣(2)
  • 「運命共同体」という意識を持つ。
心配し合いケアし合うのは、夫婦の命綱になる。

夫婦円満になる30の秘訣
夫婦円満になる30の秘訣

  1. 恋人関係と夫婦関係は、似て非なるもの。
    恋人関係と夫婦関係は、似て非なるもの。
  2. 夫婦とは、運命共同体である。<br>協力しながら生きていくという覚悟を持つ。
    夫婦とは、運命共同体である。
    協力しながら生きていくという覚悟を持つ。
  3. 心配し合いケアし合うのは、夫婦の命綱になる。
    心配し合いケアし合うのは、夫婦の命綱になる。
  4. 趣味は同じでも別々でもいい。<br>わかち合うことが大切。
    趣味は同じでも別々でもいい。
    わかち合うことが大切。
  5. 自分の大変さを、過大評価していませんか。
    自分の大変さを、過大評価していませんか。
  6. お互いの立場を入れ替える機会を、ときどき作る。
    お互いの立場を入れ替える機会を、ときどき作る。
  7. 記念日を大切にするだけで、夫婦の仲は円満になる。
    記念日を大切にするだけで、夫婦の仲は円満になる。
  8. 朝食と夕食に力を入れる家庭は、円満になる。
    朝食と夕食に力を入れる家庭は、円満になる。
  9. 夫婦間の感謝に、言いすぎるということはない。
    夫婦間の感謝に、言いすぎるということはない。
  10. 感謝の言葉は「ありがとう」だけではない。
    感謝の言葉は「ありがとう」だけではない。
  11. 自分のセンスを、相手に押し付けない。
    自分のセンスを、相手に押し付けない。
  12. 「干渉しない時間」を作るほうが、夫婦の仲はよくなる。
    「干渉しない時間」を作るほうが、夫婦の仲はよくなる。
  13. いちゃいちゃしている夫婦ほど、仲がいい。
    いちゃいちゃしている夫婦ほど、仲がいい。
  14. 仲がいいから手をつなぐのではない。<br>手をつなぐから仲がよくなる。
    仲がいいから手をつなぐのではない。
    手をつなぐから仲がよくなる。
  15. 手をつながなくなるから、手をつなぎにくくなる。
    手をつながなくなるから、手をつなぎにくくなる。
  16. 仲が悪い夫婦は、無視し合う。<br>仲がいい夫婦は、見つめ合う。
    仲が悪い夫婦は、無視し合う。
    仲がいい夫婦は、見つめ合う。
  17. かどのない家具に囲まれると、かどのない柔らかい発言が多くなる。
    かどのない家具に囲まれると、かどのない柔らかい発言が多くなる。
  18. まったく喧嘩をしないより、たまには小さな喧嘩をするほうがいい。
    まったく喧嘩をしないより、たまには小さな喧嘩をするほうがいい。
  19. 直接言えるところを、わざわざ間接的に言うから感動する。
    直接言えるところを、わざわざ間接的に言うから感動する。
  20. わかってもらうより、わかってあげる。
    わかってもらうより、わかってあげる。
  21. ルールは秩序を作り、夫婦間の不要なトラブルを防ぐ効果がある。
    ルールは秩序を作り、夫婦間の不要なトラブルを防ぐ効果がある。
  22. 当番を決めるときの原則は「効率」より「公平さ」。
    当番を決めるときの原則は「効率」より「公平さ」。
  23. 夫と妻とで意見がわかれたら、じゃんけんで決めるのも悪くない。
    夫と妻とで意見がわかれたら、じゃんけんで決めるのも悪くない。
  24. 相手を卑下した言葉は一切使わない。<br>あらかじめ決めておけばいい。
    相手を卑下した言葉は一切使わない。
    あらかじめ決めておけばいい。
  25. たまには夫婦2人で、特別な場所で食事をしに行く。
    たまには夫婦2人で、特別な場所で食事をしに行く。
  26. 夫も妻も、お小遣いは多めのほうが、夫婦関係がうまくいく。
    夫も妻も、お小遣いは多めのほうが、夫婦関係がうまくいく。
  27. 妥協というのは我慢ではない。<br>パートナーを尊重している証拠である。
    妥協というのは我慢ではない。
    パートナーを尊重している証拠である。
  28. 夫婦とはいえ、最低限のプライベートは必要。
    夫婦とはいえ、最低限のプライベートは必要。
  29. セックスが多い夫婦ほど仲がいい。
    セックスが多い夫婦ほど仲がいい。
  30. 夫は妻の提案を100パーセント受け入れ、妻も夫の提案を100パーセント受け入れてみる。
    夫は妻の提案を100パーセント受け入れ、妻も夫の提案を100パーセント受け入れてみる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION