夫婦円満になる
30の秘訣

30
3

夫は妻の提案を100パーセント受け入れ、
妻も夫の提案を100パーセント受け入れてみる。

夫は妻の提案を100パーセント受け入れ、妻も夫の提案を100パーセント受け入れてみる。 | 夫婦円満になる30の秘訣

夫婦そろって、デパートで洋服を見ているときのことです。

夫は好みの服を見つけました。

「おや、かっこいい服があるなあ」

自分の好む服を見つけご満悦ですが、そんなとき妻は言います。

「そうかしら。あなたの想像とは少し違う気がするけれど」

妻は、夫の好みが必ずしも理解できるとは限りません。

とはいえ、夫が着る服です。

夫は自分の好みに合わせて服を買うでしょう。

一方、妻も気に入った服を見つけます。

「あら、すてきな服!」

すると、夫は顔をしかめて言います。

「そうかな。少し地味すぎると思うぞ」

妻の好みも、必ずしも夫の理想と一致するとは限りません。

とはいえ、妻が着る服です。

妻が着る服ですから、妻の好みを第一に考え、購入します。

こうした風景は、どの夫婦でも見られる光景ですね。

もちろん問題はありません。

自分が着る服は、自分が見つけるのが自然ですね。

さて、ここがポイントです。

夫婦がさらに円満になるために、もうひとひねり工夫をしましょう。

服の提案を、あえてパートナーに任せてみます。

妻は夫に「こんな服を着てほしいな」と思っているかもしれません。

そこで妻に、夫のファッションを一から十まで完全に任せてみます。

色も柄も素材に至るまで、上下ともに全部任せてみます。

夫は、妻が夢想だにしないファッションを提案するかもしれません。

「こんな服は似合うはずがない!」

そう言わず、夫の提案に任せてみましょう。

夫なら、妻のリクエストを受け入れるくらいの度量はほしいところです。

これは、結構いい刺激になるはずです。

妻が提案する服ですから、妻の好みに合うでしょう。

理想の夫がさらに理想的になり、今まで以上に強い魅力を感じ始めるに違いありません。

夫にはベストのファッションでなくても、妻にはベストです。

もちろん夫ばかりではなく、妻も同じです。

一緒に洋服を見ているとき、夫のセンスに一から十まで任せてみましょう。

夫は、妻が思いもしない趣味を持っているかもしれませんが、恥ずかしい気持ちを抑えて受け入れてみます。

夫には、魅力的な妻がさらに魅力的に変身することでしょう。

妻への関心がより強くなり、強い魅力を感じ始めるに違いありません。

妻の指示に従うことで、より妻のタイプに沿った夫になるでしょう。

夫婦の散歩もいつもより明るく軽やかになるはずです。

こうしたイベントを作れば、夫婦同士が刺激し合えます。

夫はより妻のタイプの男性になり、妻もより夫のタイプの女性になります。

お互いがお互いの理想に同時に近づけます。

さすがに「いつも」というのは苦しいですから「たまに」そういうイベントを作ってみてはいかがでしょうか。

夫は妻のリクエストに100パーセント応える代わりに、妻も夫のリクエストに100パーセント応えるというイベントです。

自分の好みに合わせて服を着てみるのもいいですが、たまにはパートナーの好みに任せて服を着てみましょう。

普段とは変わった刺激になると同時に、意外な夫婦円満の近道になるはずです。

夫婦円満になる秘訣(30)
  • パートナーの提案を100パーセント受け入れる、というイベントを作る。
まとめ

夫婦円満になる30の秘訣
夫婦円満になる30の秘訣

  1. 恋人関係と夫婦関係は、似て非なるもの。
    恋人関係と夫婦関係は、似て非なるもの。
  2. 夫婦とは、運命共同体である。<br>協力しながら生きていくという覚悟を持つ。
    夫婦とは、運命共同体である。
    協力しながら生きていくという覚悟を持つ。
  3. 心配し合いケアし合うのは、夫婦の命綱になる。
    心配し合いケアし合うのは、夫婦の命綱になる。
  4. 趣味は同じでも別々でもいい。<br>わかち合うことが大切。
    趣味は同じでも別々でもいい。
    わかち合うことが大切。
  5. 自分の大変さを、過大評価していませんか。
    自分の大変さを、過大評価していませんか。
  6. お互いの立場を入れ替える機会を、ときどき作る。
    お互いの立場を入れ替える機会を、ときどき作る。
  7. 記念日を大切にするだけで、夫婦の仲は円満になる。
    記念日を大切にするだけで、夫婦の仲は円満になる。
  8. 朝食と夕食に力を入れる家庭は、円満になる。
    朝食と夕食に力を入れる家庭は、円満になる。
  9. 夫婦間の感謝に、言いすぎるということはない。
    夫婦間の感謝に、言いすぎるということはない。
  10. 感謝の言葉は「ありがとう」だけではない。
    感謝の言葉は「ありがとう」だけではない。
  11. 自分のセンスを、相手に押し付けない。
    自分のセンスを、相手に押し付けない。
  12. 「干渉しない時間」を作るほうが、夫婦の仲はよくなる。
    「干渉しない時間」を作るほうが、夫婦の仲はよくなる。
  13. いちゃいちゃしている夫婦ほど、仲がいい。
    いちゃいちゃしている夫婦ほど、仲がいい。
  14. 仲がいいから手をつなぐのではない。<br>手をつなぐから仲がよくなる。
    仲がいいから手をつなぐのではない。
    手をつなぐから仲がよくなる。
  15. 手をつながなくなるから、手をつなぎにくくなる。
    手をつながなくなるから、手をつなぎにくくなる。
  16. 仲が悪い夫婦は、無視し合う。<br>仲がいい夫婦は、見つめ合う。
    仲が悪い夫婦は、無視し合う。
    仲がいい夫婦は、見つめ合う。
  17. かどのない家具に囲まれると、かどのない柔らかい発言が多くなる。
    かどのない家具に囲まれると、かどのない柔らかい発言が多くなる。
  18. まったく喧嘩をしないより、たまには小さな喧嘩をするほうがいい。
    まったく喧嘩をしないより、たまには小さな喧嘩をするほうがいい。
  19. 直接言えるところを、わざわざ間接的に言うから感動する。
    直接言えるところを、わざわざ間接的に言うから感動する。
  20. わかってもらうより、わかってあげる。
    わかってもらうより、わかってあげる。
  21. ルールは秩序を作り、夫婦間の不要なトラブルを防ぐ効果がある。
    ルールは秩序を作り、夫婦間の不要なトラブルを防ぐ効果がある。
  22. 当番を決めるときの原則は「効率」より「公平さ」。
    当番を決めるときの原則は「効率」より「公平さ」。
  23. 夫と妻とで意見がわかれたら、じゃんけんで決めるのも悪くない。
    夫と妻とで意見がわかれたら、じゃんけんで決めるのも悪くない。
  24. 相手を卑下した言葉は一切使わない。<br>あらかじめ決めておけばいい。
    相手を卑下した言葉は一切使わない。
    あらかじめ決めておけばいい。
  25. たまには夫婦2人で、特別な場所で食事をしに行く。
    たまには夫婦2人で、特別な場所で食事をしに行く。
  26. 夫も妻も、お小遣いは多めのほうが、夫婦関係がうまくいく。
    夫も妻も、お小遣いは多めのほうが、夫婦関係がうまくいく。
  27. 妥協というのは我慢ではない。<br>パートナーを尊重している証拠である。
    妥協というのは我慢ではない。
    パートナーを尊重している証拠である。
  28. 夫婦とはいえ、最低限のプライベートは必要。
    夫婦とはいえ、最低限のプライベートは必要。
  29. セックスが多い夫婦ほど仲がいい。
    セックスが多い夫婦ほど仲がいい。
  30. 夫は妻の提案を100パーセント受け入れ、妻も夫の提案を100パーセント受け入れてみる。
    夫は妻の提案を100パーセント受け入れ、妻も夫の提案を100パーセント受け入れてみる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION