子供を上手に叱る
30の方法

15
11

軽微な注意は、
1分ルールを徹底する。

軽微な注意は、1分ルールを徹底する。 | 子供を上手に叱る30の方法

叱るとまではいかない、軽微な内容があります。

「注意」です。

ひどく怒ったり、怒鳴ったりするわけではありません。

子供のために、話が大きくならない今のうちに、注意しておきたいこともあるでしょう。

「これはもう少しこうしたほうがいいんじゃない?」

「次からこうしたほうがうまくいくよ?」

「ちょっとここがよくないね」

怒ったり叱ったりするわけではなく、軽い注意レベルです。

しかし、注意レベルの軽微な内容であるにもかかわらず、くどくどした話し方になっていませんか。

そもそも人間の集中力は、それほど長くは持ちません。

叱られるときには、最初の1分しか話が残らない。

もちろん重大な過ちのときは、今後は二度とないように、じっくりお説教することも必要でしょう。

長い沈黙を作りながら、きちんと相手が理解して反省するような叱り方も、状況に応じて必要です。

しかし、いつもそういう叱り方は疲れます。

軽微な注意内容なら、軽く伝えるほうがいい。

そこで徹底したいのは「1分ルール」です。

そもそも人の集中力は、短い時間しか保てません。

話を本気で聞けるのは、最初の数分まで。

伝えたいことが軽微な注意のレベルである場合は、叱るときは1分ルールを心がけましょう。

「1分でまとめる」というより「1分以内でまとめる」ということです。

話が短ければ短いほど、子供は聞きやすくなります。

叱られた印象も小さいので、心のダメージも小さくなるのです。

子供を上手に叱る方法(15)
  • 軽微な注意レベルは、1分ルールを徹底する。
「ダメです」という表現を「よくない」という表現に言い変える。

子供を上手に叱る30の方法
子供を上手に叱る30の方法

  1. 消極的な性格の原因は、親の叱り方にあった。
    消極的な性格の原因は、親の叱り方にあった。
  2. 怒鳴られて育った子供は、消極的になる。<br>褒められて育った子供は、積極的になる。
    怒鳴られて育った子供は、消極的になる。
    褒められて育った子供は、積極的になる。
  3. 単に怒るだけではいけない。<br>なぜいけないのか理由を必ず含めること。
    単に怒るだけではいけない。
    なぜいけないのか理由を必ず含めること。
  4. 「なぜ」は、魔法の言葉。<br>子供に質問すると、成長が促される。
    「なぜ」は、魔法の言葉。
    子供に質問すると、成長が促される。
  5. 人格否定・存在否定をしない。<br>否定するのは行為だけでいい。
    人格否定・存在否定をしない。
    否定するのは行為だけでいい。
  6. 子供にばかと言い続けると、本当にばかになるのは本当の話。
    子供にばかと言い続けると、本当にばかになるのは本当の話。
  7. 面倒でも、一人一人に接するのが一番効果は高い。
    面倒でも、一人一人に接するのが一番効果は高い。
  8. 名前をきちんと呼んであげると、子供は素直に言うことを聞く。
    名前をきちんと呼んであげると、子供は素直に言うことを聞く。
  9. ゆっくりした叱り方を心がけよう。
    ゆっくりした叱り方を心がけよう。
  10. 一度にいくつも指摘すると、どれも覚えられなくなる。
    一度にいくつも指摘すると、どれも覚えられなくなる。
  11. 子供の反省を促すためには、厳しい言葉より、長い沈黙のほうが効果的。
    子供の反省を促すためには、厳しい言葉より、長い沈黙のほうが効果的。
  12. 大勢の前では、叱らない。
    大勢の前では、叱らない。
  13. しゃがんで目線を子供に合わせると、訴える力が強くなる。
    しゃがんで目線を子供に合わせると、訴える力が強くなる。
  14. 行動を制限する言葉より、行動を変える言葉を口にする。
    行動を制限する言葉より、行動を変える言葉を口にする。
  15. 軽微な注意は、1分ルールを徹底する。
    軽微な注意は、1分ルールを徹底する。
  16. 「ダメです」という表現を「よくない」という表現に言い変える。
    「ダメです」という表現を「よくない」という表現に言い変える。
  17. 1つのおもちゃから、たくさんの楽しみ方を引き出すことが大切。
    1つのおもちゃから、たくさんの楽しみ方を引き出すことが大切。
  18. 存在を肯定しながら叱ると、子供は前向きになる。
    存在を肯定しながら叱ると、子供は前向きになる。
  19. 子育ての限界の兆候を見逃すな。
    子育ての限界の兆候を見逃すな。
  20. いらいらしたときに、叱らない。<br>怒ったときほど、叱らない。
    いらいらしたときに、叱らない。
    怒ったときほど、叱らない。
  21. 自分より成長が早くても、気にしないように子供を力づける。
    自分より成長が早くても、気にしないように子供を力づける。
  22. ひどい体罰をされた子は、親を否定し始める。
    ひどい体罰をされた子は、親を否定し始める。
  23. 叱ったことが改善されていれば、すかさず褒める。
    叱ったことが改善されていれば、すかさず褒める。
  24. 子供に共感してから、叱る。
    子供に共感してから、叱る。
  25. どうすればいいのかわからないだけ。
    どうすればいいのかわからないだけ。
  26. 子供が高価な花瓶を落として割ったとき、あなたならなんと言いますか。
    子供が高価な花瓶を落として割ったとき、あなたならなんと言いますか。
  27. 子供の身の回りに高価な物を置かなければ、叱る回数も少なくなる。
    子供の身の回りに高価な物を置かなければ、叱る回数も少なくなる。
  28. 叱った後こそ、いつもより話しかける回数を増やす。
    叱った後こそ、いつもより話しかける回数を増やす。
  29. 子供の話がわからなくても、うやむやにしない。
    子供の話がわからなくても、うやむやにしない。
  30. 父と母が同時に叱るのは、逃げ場がなくなりショックが大きくなる。
    父と母が同時に叱るのは、逃げ場がなくなりショックが大きくなる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION