喧嘩と仲直りの
30の名言

19
7

どちらが悪いかにこだわりすぎない。

どちらが悪いかにこだわりすぎない。 | 喧嘩と仲直りの30の名言

自分が悪いのか、相手が悪いのか。

仲直りをしたいなら、どちらが悪いかにこだわりすぎないことです。

もちろん喧嘩の発端は、どちらかにあるのでしょう。

どちらかに何らかの落ち度があって、トラブルへと発展していった状況が多いはずです。

罪や過ちの程度によって、両者が問われる責任の比重も変わります。

「悪いのはどちらだろうか」

「責任の比重はどのくらいだろうか」

「罪の重さはどのくらいだろうか」

思い悩むこともあるのではないでしょうか。

しかし、どちらが悪いかにこだわりすぎないこと。

どちらが悪いかにこだわったところで、何もいいことはありません。

むしろ仲直りを遠ざけるだけになります。

どちらが悪いかにこだわった結果としてあるのは、責任の押し付けです。

「あなただけが悪い」「私だけが悪い」と言えば、一方的な攻撃になります。

どちらが悪いかにこだわると、罪の意識があやふやになるばかりか、責任の比重割合も偏ります。

「すべて相手が悪い」と思うと、攻撃的な態度になります。

「すべて自分が悪い」と思うと、自己虐待になります。

どちらが悪いかにこだわりすぎると、健全な仲直りがしにくくなるのです。

どちらが悪いのかにこだわるのはやめましょう。

ここで意識したいのは「喧嘩の原因はお互いにある」という考え方です。

「相手は悪くて、自分はまったく悪くない」ということはありません。

「自分だけ悪くて、相手はまったく悪くない」ということもありません。

「喧嘩の原因はお互いにある」という場合がほとんどです。

仲直りのコツは、お互いが自分の非を認め合うことにあります。

「喧嘩の原因はお互いにある」と思ったほうが、気持ちが楽になります。

お互いが「私も悪かったよ。反省するよ」と言い合えば、仲直りはできたも同然です。

どちらが悪いかにこだわりすぎず、お互いが反省すれば、すぐ仲直りが実現できます。

喧嘩と仲直りの名言(19)
  • どちらが悪いかにこだわりすぎず「喧嘩の原因はお互いにある」と考える。
たいていの喧嘩は、お互いに原因がある。
自分にも非があることを見つけることが、仲直りの近道。

喧嘩と仲直りの30の名言
喧嘩と仲直りの30の名言

  1. どんな喧嘩も、仲直りができるようになっている。
    どんな喧嘩も、仲直りができるようになっている。
  2. 「仲直りをしよう」と思うあなたが、素晴らしい。
    「仲直りをしよう」と思うあなたが、素晴らしい。
  3. 喧嘩になったから、大きな声を出すのではない。<br>大きな声を出すから、喧嘩になる。
    喧嘩になったから、大きな声を出すのではない。
    大きな声を出すから、喧嘩になる。
  4. 暴言には、丁寧な言葉で言い返すのが大人の対応。
    暴言には、丁寧な言葉で言い返すのが大人の対応。
  5. 喧嘩の終わりを明確にする便利な一言。<br>「はい。<br>ここでおしまい」。
    喧嘩の終わりを明確にする便利な一言。
    「はい。
    ここでおしまい」。
  6. 口喧嘩より、無言の我慢のほうが怖い。
    口喧嘩より、無言の我慢のほうが怖い。
  7. 一番いいのは、喧嘩中に謝ってしまうこと。
    一番いいのは、喧嘩中に謝ってしまうこと。
  8. 相手と向き合う前に、喧嘩の原因と向き合う。
    相手と向き合う前に、喧嘩の原因と向き合う。
  9. 仲直りのチャンスは、自然とやってくるものではなく、自分から作り出していくもの。
    仲直りのチャンスは、自然とやってくるものではなく、自分から作り出していくもの。
  10. 時間は、仲直りの特効薬。<br>ただし、時間に頼りすぎてはいけない。
    時間は、仲直りの特効薬。
    ただし、時間に頼りすぎてはいけない。
  11. 喧嘩の後だから、冷たく接するのではない。<br>喧嘩の後だからこそ、いつもより優しく接する。
    喧嘩の後だから、冷たく接するのではない。
    喧嘩の後だからこそ、いつもより優しく接する。
  12. 仲直りはできなくても、相手の怒りが少しでも収まったなら、謝った意味がある。
    仲直りはできなくても、相手の怒りが少しでも収まったなら、謝った意味がある。
  13. 「仲直りはできない」と思っているうちは、仲直りができない。<br>「仲直りはできる」と思うから、仲直りができる。
    「仲直りはできない」と思っているうちは、仲直りができない。
    「仲直りはできる」と思うから、仲直りができる。
  14. 「仲直りは難しい」と思っているから、難しくなる。<br>「仲直りは簡単」と思えば、簡単になる。
    「仲直りは難しい」と思っているから、難しくなる。
    「仲直りは簡単」と思えば、簡単になる。
  15. 変なプライドがあると、仲直りができない。
    変なプライドがあると、仲直りができない。
  16. あなたの大事なプライドは、天から見れば、点にすぎない。
    あなたの大事なプライドは、天から見れば、点にすぎない。
  17. 正論を主張すると、かえって仲直りを妨げる。
    正論を主張すると、かえって仲直りを妨げる。
  18. 焦って謝ると、謝罪の気持ちが伝わりにくくなる。<br>余裕を持って謝ると、謝罪の気持ちがよく伝わる。
    焦って謝ると、謝罪の気持ちが伝わりにくくなる。
    余裕を持って謝ると、謝罪の気持ちがよく伝わる。
  19. どちらが悪いかにこだわりすぎない。
    どちらが悪いかにこだわりすぎない。
  20. たいていの喧嘩は、お互いに原因がある。<br>自分にも非があることを見つけることが、仲直りの近道。
    たいていの喧嘩は、お互いに原因がある。
    自分にも非があることを見つけることが、仲直りの近道。
  21. 「仲直り」を「進化」と言い換えよう。<br>抵抗感が半減して、勇気が倍増する。
    「仲直り」を「進化」と言い換えよう。
    抵抗感が半減して、勇気が倍増する。
  22. 損得や勝ち負けを意識しているうちは、まだ自己保身にこだわっている証拠。
    損得や勝ち負けを意識しているうちは、まだ自己保身にこだわっている証拠。
  23. 過去の話を掘り返しても、仲直りを妨げるだけ。
    過去の話を掘り返しても、仲直りを妨げるだけ。
  24. 相手のミスを許そう。<br>自分のミスも許そう。<br>ミスをするのは、人間である証拠。
    相手のミスを許そう。
    自分のミスも許そう。
    ミスをするのは、人間である証拠。
  25. 仲直りとは、精神を磨く修行。
    仲直りとは、精神を磨く修行。
  26. 自分の非を認めるのとふてくされるのは違う。
    自分の非を認めるのとふてくされるのは違う。
  27. 仲直りとは、自分の幸福を高めることでもある。
    仲直りとは、自分の幸福を高めることでもある。
  28. 心の器が大きいのは、頑固になって謝れない人より、素直に謝れる人。
    心の器が大きいのは、頑固になって謝れない人より、素直に謝れる人。
  29. 人は、反省したとき、大人になる。
    人は、反省したとき、大人になる。
  30. 本気になれば、仲直りは今日中にできる。
    本気になれば、仲直りは今日中にできる。

同じカテゴリーの作品

2:42

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION