喧嘩と仲直りの
30の名言

28
13

心の器が大きいのは、
頑固になって謝れない人より、
素直に謝れる人。

心の器が大きいのは、頑固になって謝れない人より、素直に謝れる人。 | 喧嘩と仲直りの30の名言

「私は絶対悪くない」

「私は絶対謝らない」

「何が何でも謝りたくない」

ときどき頑固になって謝らない人がいます。

自分が悪くなければ、謝る必要はないと思っているようです。

たとえ自分が悪くても、謝ることは自分のプライドが許さず、謝れないようです。

頑固な人は、意志が強いと思われがちですが、誤解です。

頑固になって謝れない人は、実は心が弱いのです。

表向きは強く装っていても、心の奥では傷つくことを恐れ、おびえています。

自分が悪いとわかっていながら謝れないのは、心の器が小さい証拠。

強いふりをしていますが、実際は弱いのです。

むしろ本当に心が強いのは、素直に謝れる人です。

素直に「自分が悪い」と認めることができる。

時には自分が悪くなくても、問題解決を重視して、今後の人間関係のために、抵抗感を振り切って謝れる。

これは、心が強くないとできません。

つまり、本当に心の器が大きいのは、頑固になって謝れない人より、素直に謝れる人です。

いつまでもつまらない意地を張らないことです。

つまらない意地を張っていると、ずっと仲直りができず、別れるしかなくなります。

仕事をしていると、自分に非がなくても謝らなければいけないときもありますが、どんな人間関係でも同じです。

誰かと良好な関係を続けていくには、自分に非がなくても、謝らなければいけないときもあります。

いつまでも頑固になっていると、心の器が大きくなるどころか、小さくなります。

心の器を大きくしたいなら、素直になって謝れるようになることです。

「絶対謝れない」と思うときほど、挑戦する価値があります。

もし「絶対謝れない」と思うことを素直に謝ることができたなら、自分の限界を超えたことになります。

どちらが悪いかにこだわっていては、いつまでも仲直りできません。

過失や責任に関係なく、素直に謝ってしまいましょう。

円満な人間関係を築き上げるには、今もこれからも、仲直りは欠かせません。

喧嘩と仲直りの名言(28)
  • 心の器を大きくするために、過失や責任に関係なく、素直に謝ろう。
人は、反省したとき、大人になる。

喧嘩と仲直りの30の名言
喧嘩と仲直りの30の名言

  1. どんな喧嘩も、仲直りができるようになっている。
    どんな喧嘩も、仲直りができるようになっている。
  2. 「仲直りをしよう」と思うあなたが、素晴らしい。
    「仲直りをしよう」と思うあなたが、素晴らしい。
  3. 喧嘩になったから、大きな声を出すのではない。<br>大きな声を出すから、喧嘩になる。
    喧嘩になったから、大きな声を出すのではない。
    大きな声を出すから、喧嘩になる。
  4. 暴言には、丁寧な言葉で言い返すのが大人の対応。
    暴言には、丁寧な言葉で言い返すのが大人の対応。
  5. 喧嘩の終わりを明確にする便利な一言。<br>「はい。<br>ここでおしまい」。
    喧嘩の終わりを明確にする便利な一言。
    「はい。
    ここでおしまい」。
  6. 口喧嘩より、無言の我慢のほうが怖い。
    口喧嘩より、無言の我慢のほうが怖い。
  7. 一番いいのは、喧嘩中に謝ってしまうこと。
    一番いいのは、喧嘩中に謝ってしまうこと。
  8. 相手と向き合う前に、喧嘩の原因と向き合う。
    相手と向き合う前に、喧嘩の原因と向き合う。
  9. 仲直りのチャンスは、自然とやってくるものではなく、自分から作り出していくもの。
    仲直りのチャンスは、自然とやってくるものではなく、自分から作り出していくもの。
  10. 時間は、仲直りの特効薬。<br>ただし、時間に頼りすぎてはいけない。
    時間は、仲直りの特効薬。
    ただし、時間に頼りすぎてはいけない。
  11. 喧嘩の後だから、冷たく接するのではない。<br>喧嘩の後だからこそ、いつもより優しく接する。
    喧嘩の後だから、冷たく接するのではない。
    喧嘩の後だからこそ、いつもより優しく接する。
  12. 仲直りはできなくても、相手の怒りが少しでも収まったなら、謝った意味がある。
    仲直りはできなくても、相手の怒りが少しでも収まったなら、謝った意味がある。
  13. 「仲直りはできない」と思っているうちは、仲直りができない。<br>「仲直りはできる」と思うから、仲直りができる。
    「仲直りはできない」と思っているうちは、仲直りができない。
    「仲直りはできる」と思うから、仲直りができる。
  14. 「仲直りは難しい」と思っているから、難しくなる。<br>「仲直りは簡単」と思えば、簡単になる。
    「仲直りは難しい」と思っているから、難しくなる。
    「仲直りは簡単」と思えば、簡単になる。
  15. 変なプライドがあると、仲直りができない。
    変なプライドがあると、仲直りができない。
  16. あなたの大事なプライドは、天から見れば、点にすぎない。
    あなたの大事なプライドは、天から見れば、点にすぎない。
  17. 正論を主張すると、かえって仲直りを妨げる。
    正論を主張すると、かえって仲直りを妨げる。
  18. 焦って謝ると、謝罪の気持ちが伝わりにくくなる。<br>余裕を持って謝ると、謝罪の気持ちがよく伝わる。
    焦って謝ると、謝罪の気持ちが伝わりにくくなる。
    余裕を持って謝ると、謝罪の気持ちがよく伝わる。
  19. どちらが悪いかにこだわりすぎない。
    どちらが悪いかにこだわりすぎない。
  20. たいていの喧嘩は、お互いに原因がある。<br>自分にも非があることを見つけることが、仲直りの近道。
    たいていの喧嘩は、お互いに原因がある。
    自分にも非があることを見つけることが、仲直りの近道。
  21. 「仲直り」を「進化」と言い換えよう。<br>抵抗感が半減して、勇気が倍増する。
    「仲直り」を「進化」と言い換えよう。
    抵抗感が半減して、勇気が倍増する。
  22. 損得や勝ち負けを意識しているうちは、まだ自己保身にこだわっている証拠。
    損得や勝ち負けを意識しているうちは、まだ自己保身にこだわっている証拠。
  23. 過去の話を掘り返しても、仲直りを妨げるだけ。
    過去の話を掘り返しても、仲直りを妨げるだけ。
  24. 相手のミスを許そう。<br>自分のミスも許そう。<br>ミスをするのは、人間である証拠。
    相手のミスを許そう。
    自分のミスも許そう。
    ミスをするのは、人間である証拠。
  25. 仲直りとは、精神を磨く修行。
    仲直りとは、精神を磨く修行。
  26. 自分の非を認めるのとふてくされるのは違う。
    自分の非を認めるのとふてくされるのは違う。
  27. 仲直りとは、自分の幸福を高めることでもある。
    仲直りとは、自分の幸福を高めることでもある。
  28. 心の器が大きいのは、頑固になって謝れない人より、素直に謝れる人。
    心の器が大きいのは、頑固になって謝れない人より、素直に謝れる人。
  29. 人は、反省したとき、大人になる。
    人は、反省したとき、大人になる。
  30. 本気になれば、仲直りは今日中にできる。
    本気になれば、仲直りは今日中にできる。

同じカテゴリーの作品

2:59

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION