人生の教科書



読み上げ動画・音声
受験対策
時間はあると思えばある。
ないと思えばない。
受験対策
「早寝・早起き」は嘘。
「早起き・早寝」の順が正解だった!
受験対策
帰宅後の勉強は、夕食後ではなく、夕食前にするほうがいい。
受験対策
日中の疲れや眠気は、短い仮眠で乗り切れ!

受験生時間スケジュール管理術

お気に入り40 読んだ
22

学力ができるのは、
げる

い腰ほどなかなか上がりません。

電車と同じように、動き始めるまでがエネルギーも時間も必要です。

 

しかし、重い腰をいかに早くあげるかで受験生との間に差ができます。

寝起きが一番大変です。

「あと5分、あと5分」と思っているうちに、気づけば、30分以上すぎていることがあります。

「起きよう」と思った瞬間、いかに早く起きるかです。

机に座って教科書を開くまでに時間がかかります。

テレビを見終わってから机に向かおうと思っていると、ほかに気になる番組を見つけてしまい、勉強が延び延びになります。

「勉強しよう」と思ったときに、いかに早く机に向かって、教科書を開くかです。

分からない問題があって先生に聞こうと思っても「また今度会ったときに聞こう」と思います。

そう思っていると、永遠に聞けなくなります。

いざ、先生と会ったときに「何の質問だったか忘れた」という展開になるでしょう。

先生に聞きに行こうと思ったとき、すぐ聞きに行くのが一番いい。

学力の差は、重い腰をいかに早く上げるかで決まります。

最初のスタートさえ始めてしまえば、後は調子が乗り始めます。

勉強で一番大変なのは「勉強そのもの」ではなく「重い腰を上げること」です。

取りかかる時間を1秒でも早くすれば、すべてのスケジュールも1秒前倒しになるのです。

受験生の時間とスケジュール管理術 その22

  • は、
    1秒でもく、
    げる
根性で勉強をしようとすると、失敗する。

もくじ
(受験生の時間とスケジュール管理術)

同じカテゴリーの作品