受験生の時間とスケジュール管理術

27
2

家族旅行と勉強を絡めれば、
思い出も勉強もうまくいく。

家族旅行と勉強を絡めれば、思い出も勉強もうまくいく。 | 受験生の時間とスケジュール管理術

学生時代のある日、家族旅行にいこうという話になりました。

話し合った結果「広島」に決まりました。

小学校の修学旅行ですでに行ったことがありましたが「もう一度行ってみたいな」という気持ちがありました。

広島というのは、歴史の教科書に必ず登場するところです。

世界で初めて原子爆弾が投下された町であり、戦争の傷痕がいまだに残っている場所だからです。

実は、広島の有名な原爆ドームは「世界遺産」の1つです。

世界遺産とは、国際連合の機関の1つであるユネスコが認めた文化的に大変価値のある地域や建造物のことです。

世界遺産といえば「華やかで素晴らしい場所や建物」というイメージが強いですが、実は逆の場合もあります。

同じ過ちを二度と犯さないことを後世に伝えるための「負の世界遺産」もあります。

原爆ドームは、そんな「負の世界遺産」として登録されている国際的に認められた遺産です。

こういうことは旅行をきっかけに知るようになりました。

また実際に見た建造物だからこそ、興味もひとしお湧いてきます。

家族と一緒に原爆ドームだけでなく、戦争の資料が展示されている博物館を何軒も回りました。

家族旅行にもなり、気分転換にもなり、なにより勉強になりました。

また、あるときは京都へ家族旅行に行ったこともありました。

中学校の修学旅行のときにすでに行ったことがあるので、2回目になります。

2回目でも、それで違った楽しみ方があります。

一度目は観光地を回ることで精いっぱいでしたが、2度目になると、風景や街並みを楽しみながら観光できる余裕が生まれます。

金閣寺はもちろんのこと、清水寺や三十三間堂、そのほかの数多くの有名観光地を巡りました。

教科書だけで見るお寺と実際に見るお寺とでは、やはり受ける印象は全然違います。

ポイントだったのは、歴史の教科書に出やすい場所を重点的に見て回ったことでした。

実際に自分が見てみると「あのときに見たお寺だ」と思います。

旅行から帰った後、なぜか歴史の教科書を開いて、旅行先で行った建物を教科書の中で確認したくなりました。

「これこれ。見たことあるぞ!」と思い、感動するのでした。

そのほか長崎や北海道にも、家族で旅行にいきました。

毎回思うことは、家族旅行に行った後は、歴史の勉強が無性にしたくなることです。

行けば行くほど、歴史への関心が強くなります。

「あのときに見たお寺にはどういう歴史があるのか」

「なぜこんなに有名になったのか」

「この地域は○○で有名」

行ったことがあるかないかだけで、全然違います。

実際に行った場所が、テレビで一瞬映るだけでも嬉しくなります。

一度でも行って見た経験があると、頭に入りやすくなり、また忘れません。

しかも興味も湧いてきます。

旅行を通して土地や建物を知ることで、興味が湧いて、関心が強くなり、勉強への意欲へと変わります。

家族旅行で行く場所は、どこも「勉強がてら」だったような気がします。

今思えば、これらの旅行は「親の仕掛け」だったのかもしれません。

親ながら、旅行を通して子供の勉強の手伝いをしたかったのでしょう。

歴史に興味を持ってほしいという親から子供への暗黙のメッセージが、少しずつ伝わってきます。

そういうことは、学生を卒業した今になってようやく気づきました。

今自分が歴史好きな理由は、そういうところがきっかけになっています。

歴史が好きになるのは簡単です。

有名な歴史的な場所へ行けば、自然と興味は湧いてきます。

私の歴史好きは、親との家族旅行がきっかけになるのです。

受験生の時間とスケジュール管理術(27)
  • 家族旅行で、歴史的な場所へ行く。
リフレッシュの時間くらいは、勉強のことを完全に忘れたほうがいい。

受験生の時間とスケジュール管理術
受験生の時間とスケジュール管理術

  1. あらゆる時間管理術は、変えようのないリズムに合わせることから始まる。
    あらゆる時間管理術は、変えようのないリズムに合わせることから始まる。
  2. 1日のスケジュール表は、リズムを正常化させる薬のような役割を果たす。
    1日のスケジュール表は、リズムを正常化させる薬のような役割を果たす。
  3. 1週間のリズムに従って、勉強計画を立てる。
    1週間のリズムに従って、勉強計画を立てる。
  4. 勉強時間をあらかじめ宣言しておけば、勉強の邪魔をさせることもない。
    勉強時間をあらかじめ宣言しておけば、勉強の邪魔をさせることもない。
  5. 今の自分は、人生を左右する大事な時期にいることを自覚する。
    今の自分は、人生を左右する大事な時期にいることを自覚する。
  6. 調子が出ないときは、調子が出るような勉強から始めればいい。
    調子が出ないときは、調子が出るような勉強から始めればいい。
  7. どんなに調子が出なくても、睡眠時間だけは削ってはいけない。
    どんなに調子が出なくても、睡眠時間だけは削ってはいけない。
  8. 「勉強から逃げるために休む」のと「勉強するために休む」とでは大違い。
    「勉強から逃げるために休む」のと「勉強するために休む」とでは大違い。
  9. 1枚ずつめくるカレンダーより、1枚にまとまったカレンダーがおすすめ。
    1枚ずつめくるカレンダーより、1枚にまとまったカレンダーがおすすめ。
  10. 秒針のあるアナログ時計のメリットとデメリット。
    秒針のあるアナログ時計のメリットとデメリット。
  11. 明るい部屋で勉強するとき、必ず部屋は明るくする。
    明るい部屋で勉強するとき、必ず部屋は明るくする。
  12. 受験勉強は、自己管理能力を問う試験でもある。
    受験勉強は、自己管理能力を問う試験でもある。
  13. 勉強時間の配分は、出題率の高さに応じて調整する。
    勉強時間の配分は、出題率の高さに応じて調整する。
  14. 急にやる気が出れば、すぐ勉強したほうがいい。
    急にやる気が出れば、すぐ勉強したほうがいい。
  15. 「早寝・早起き」は嘘。<br>「早起き・早寝」の順が正解だった!
    「早寝・早起き」は嘘。
    「早起き・早寝」の順が正解だった!
  16. 勉強する時間くらいは、机の上に勉強以外の物を置かない。
    勉強する時間くらいは、机の上に勉強以外の物を置かない。
  17. 日中の疲れや眠気は、短い仮眠で乗り切れ!
    日中の疲れや眠気は、短い仮眠で乗り切れ!
  18. 帰宅後の勉強は、夕食後ではなく、夕食前にするほうがいい。
    帰宅後の勉強は、夕食後ではなく、夕食前にするほうがいい。
  19. 親からの小言に、集中力を乱される。
    親からの小言に、集中力を乱される。
  20. 朝に弱い人でも、熱いシャワーを浴びれば眠気が取れる。
    朝に弱い人でも、熱いシャワーを浴びれば眠気が取れる。
  21. 眠気・疲れ・惰性は、熱いシャワーで取り払う。
    眠気・疲れ・惰性は、熱いシャワーで取り払う。
  22. 学力に差ができるのは、重い腰を上げる早さ。
    学力に差ができるのは、重い腰を上げる早さ。
  23. 根性で勉強をしようとすると、失敗する。
    根性で勉強をしようとすると、失敗する。
  24. 気温は、勉強へのやる気に強く影響を及ぼす。
    気温は、勉強へのやる気に強く影響を及ぼす。
  25. ささいなアイテムで、勉強の能率は劇的に向上する。
    ささいなアイテムで、勉強の能率は劇的に向上する。
  26. 勉強の準備時間を、効率よくカットできる手段を考える。
    勉強の準備時間を、効率よくカットできる手段を考える。
  27. 家族旅行と勉強を絡めれば、思い出も勉強もうまくいく。
    家族旅行と勉強を絡めれば、思い出も勉強もうまくいく。
  28. リフレッシュの時間くらいは、勉強のことを完全に忘れたほうがいい。
    リフレッシュの時間くらいは、勉強のことを完全に忘れたほうがいい。
  29. 眠れない夜は、参考書を睡眠薬の代わりにすればいい。
    眠れない夜は、参考書を睡眠薬の代わりにすればいい。
  30. 時間はあると思えばある。<br>ないと思えばない。
    時間はあると思えばある。
    ないと思えばない。

同じカテゴリーの作品

4:55

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION