人生の教科書



読み上げ動画・音声
気力
おいしいものを食べると、元気になる。
プラス思考
人生は、卵かけご飯。
今あるものだけでも、いいものができる。
プラス思考
幸せを感じるのは、分かち合うとき。
失恋・別れ
失恋したら、おいしいものを食べに行こう。

気持ちがぱっとるくなる
30方法

お気に入り11 読んだ
8

元気方法単純
おいしいものをべるだけでいい

が落ち込んでいた学生時代のある日のことです。

落ち込んでいた私を見て、友達から「貴博君、とりあえずおいしいもの食べに行こう」と誘われたことがあります。

言われるがままに、友達と一緒に近場のおいしい韓国料理店へ行きました。

おいしいものを食べていると、自然と元気が出てきました。

食べないと人間は生きていけません。

  • 「元気がないから食べない。食べないから元気も出ない」

いつの間にかそういう悪循環に陥っていることがあります。

食べることで、元気もエネルギーも出てきます。

おいしいものを食べることで、悪循環を断ち切るきっかけを作れます。

友達はそれを知っていたのかもしれません。

友達においしいものを食べに連れて行ってもらったことで、元気を取り戻すきっかけになりました。

そう考えると、元気を出す方法は実に簡単だと思いませんか。

おいしいものを食べるだけでいい。

量は少なくてもいいですから、心から感動するほどおいしいと感じる料理を食べに行きましょう。

おいしさに感動して元気になり、おなかいっぱいになって元気になります。

私がそうであったように、どんなに落ち込んでいても、すぐ元気になれるはずです。

また一方で、友達の元気がないときにあなたができることといえば「おいしい食事に誘うこと」です。

食事は、あなたのおごりのほうがベターです。

友達が一番好きな食事を食べてもらい、落ち込みから救ってあげましょう。

元気になったり元気づけたりするのは「食」からです。

暗い気持ちがぱっと明るくなる方法 その8

  • おいしいものをべに
性格は明るくても暗くてもいい。
大切なことは元気であること。

もくじ
(暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品