暗い気持ちがぱっと明るくなる
30の方法

16
30

深く落ち込んだときは、
この世と人生について深く考える機会になる。

深く落ち込んだときは、この世と人生について深く考える機会になる。 | 暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法

以前の私は、ひどく落ち込みやすい性格でした。

人見知りも激しく、おびえやすく、落ち込みやすかった。

この世や人生について深く考えたことがまだなかったからです。

10代後半から20代前半にかけて、ひどく落ち込み、人生については徹底的に深く考えた時期がありました。

明るい音楽を聴いたり、友人とばか話をしたりしてごまかしました。

しかし、1人になるとまた不安が襲ってきて、振り切れませんでした。

「生きている意味はなんだろう。何のために生まれたのだろう。この世は誰が作ったのか。この際だから徹底的に考えてしまえ」

開き直って、うつうつと考えにふけっていた時期がありました。

究極を言えば、私たちは生かされています。

自分を生んだのは親であり、親を生んだのは先祖であり、先祖を生んだのは地球であり、地球を生んだのは宇宙です。

人が作ったものは1つもない。

自分はただ生かされているのだ。

そういう究極的な部分にまで突き詰めて考えたら、ぱっと明るくなりました。

自分が悩んでいることが、ちっぽけであるという事実がわかったからです。

「思い込む」のではなく「そういう事実がある」とはっきり悟ったとき、悩みが消えました。

自分も相手も生みの親が同じだとわかれば、人見知りどころか、仲間に思えてきます。

宇宙に生かされているとわかれば、自分の悩みはちっぽけだとわかります。

その結果、落ち込みにくく元気になりやすくなります。

そういう時期があったからこそ、今明るく元気になっています。

何かに絶望して、この世や人生について深く考える時期は重要です。

自分がそういう経験をしたので、よくわかります。

元気がなく暗い人は、実は後から明るくなる可能性を秘めています。

暗く元気がないときには「苦しい」と思って終わりにするのではありません。

「なぜ元気が出ないのだろう。なぜ落ち込んでいるのか」と徹底的に原因を追究しましょう。

突き詰めると、地球や人生、宇宙という壮大なスケールにまで発展することでしょう。

それは「生きる意味」や「自分の人生設計」など真剣に考えるきっかけになります。

できるだけ若い時期にそういうことを考える機会は必要です。

早ければ早いほどいい。

そういうことがないと、人間は真剣に考えません。

叱られたときには深く反省するように、落ち込んで元気がないときにも、理由を深く考えることです。

その時期はつらいですが、後から楽になります。

落ち込む時期は、むしろチャンスなのです。

暗い気持ちがぱっと明るくなる方法(16)
  • 落ち込んだときは、この世や人生について深く考える機会にする。
本屋は心の病院だった。

暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法

  1. 見返りを期待しないほうが落ち込みにくくなる。
    見返りを期待しないほうが落ち込みにくくなる。
  2. 失ったものが「命」でさえなければ、やり直しはいくらでもできる。
    失ったものが「命」でさえなければ、やり直しはいくらでもできる。
  3. 人間は、ぎりぎりの状態でいい名案を出す。
    人間は、ぎりぎりの状態でいい名案を出す。
  4. 諦めない心こそ、本当の才能。
    諦めない心こそ、本当の才能。
  5. かっとなって頭から吹き上がる水蒸気を、パワーに変える。
    かっとなって頭から吹き上がる水蒸気を、パワーに変える。
  6. 忙しくなれば、嫌なことも忘れられる。
    忙しくなれば、嫌なことも忘れられる。
  7. 背伸びをすると、悪循環から抜け出せる。
    背伸びをすると、悪循環から抜け出せる。
  8. 元気を出す方法は実に単純。<br>おいしいものを食べるだけでいい。
    元気を出す方法は実に単純。
    おいしいものを食べるだけでいい。
  9. 性格は明るくても暗くてもいい。<br>大切なことは元気であること。
    性格は明るくても暗くてもいい。
    大切なことは元気であること。
  10. 落ち込んだ経験は、心が強くなる転機になる。
    落ち込んだ経験は、心が強くなる転機になる。
  11. すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
    すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
  12. 「うん」となっているときは、無意識のうちに呼吸が浅くなっている。
    「うん」となっているときは、無意識のうちに呼吸が浅くなっている。
  13. 足りないのは、自分を褒める習慣。
    足りないのは、自分を褒める習慣。
  14. 一度に多くのことに手を出さない。<br>確実にできる1つのことから始める。
    一度に多くのことに手を出さない。
    確実にできる1つのことから始める。
  15. なぜ俳優は、いつも元気なのか。
    なぜ俳優は、いつも元気なのか。
  16. 深く落ち込んだときは、この世と人生について深く考える機会になる。
    深く落ち込んだときは、この世と人生について深く考える機会になる。
  17. 本屋は心の病院だった。
    本屋は心の病院だった。
  18. 元気がないときこそ、フレッシュでナチュラルなフルーツがおすすめ。
    元気がないときこそ、フレッシュでナチュラルなフルーツがおすすめ。
  19. 早く回復しようとすればするほど、余計に焦って回復しにくくなる。
    早く回復しようとすればするほど、余計に焦って回復しにくくなる。
  20. 体調がいいと、落ち込みにくく、元気も出やすくなる。
    体調がいいと、落ち込みにくく、元気も出やすくなる。
  21. 行き詰まったときは、とりあえず寝るのが一番。
    行き詰まったときは、とりあえず寝るのが一番。
  22. 散歩が習慣の人は、落ち込まない。
    散歩が習慣の人は、落ち込まない。
  23. 数字がカウントされている様子を目にすると、元気が出てくる。
    数字がカウントされている様子を目にすると、元気が出てくる。
  24. 陶酔することは、元気のないところから抜け出す突破口になる。
    陶酔することは、元気のないところから抜け出す突破口になる。
  25. 真の楽観主義とは、反省と改善をきちんとすること。
    真の楽観主義とは、反省と改善をきちんとすること。
  26. 反省と改善ができれば、きっぱり忘れていい。
    反省と改善ができれば、きっぱり忘れていい。
  27. あなたのトラブルは、他人から見ると、実はそれほど大したことない。
    あなたのトラブルは、他人から見ると、実はそれほど大したことない。
  28. 波長を無理やり変えるのではなく、今の波長に合った行動をする。
    波長を無理やり変えるのではなく、今の波長に合った行動をする。
  29. ペットショップほど、癒される場所はない。
    ペットショップほど、癒される場所はない。
  30. 完璧ではない人間が完璧主義を目指すのは、そもそも無理がある。
    完璧ではない人間が完璧主義を目指すのは、そもそも無理がある。

同じカテゴリーの作品

3:33

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION