プラス思考

暗い気持ちがぱっと明るくなる
30の方法

お気に入り32 読んだ
22

散歩が習慣の人は、
落ち込まない。

散歩が習慣の人は、落ち込まない。 | 暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法

元気がないときこそ、体を動かせば、自然と元気が出てきます。

体の血液の流れがよくなるだけでなく、脳へめぐる血液量も増えます。

脳の前頭葉というところが活発になると、元気とやる気が出てきます。

テンションがぐっと上がります。

古代ギリシャの医師ヒポクラテスは「歩くことは最良の薬である」と言いました。

体の健康だけでなく、元気を出させ、落ち込みから回復させる効果まであるという万能の健康法です。

まだ医学が十分に発達していない古代から、散歩の効用は認知されていました。

散歩が習慣になっている人は、そもそも落ち込みにくい。

歩くことで、元気が出るからです。

元気がなくても、歩くとすぐ元気が出ます。

また、散歩をしていると、さまざまな景色を目にすることになります。

部屋の中でじっとしていても景色は変わらずなかなか気分転換はできませんが、外に出て散歩をすると、すぐできます。

ただ、ぶらぶら歩くだけでいい。

歩くことは、暗い気持ちがぱっと明るくなる最良の方法なのです。

まとめ

暗い気持ちがぱっと明るくなる方法 その22
  • 散歩を習慣にする。
数字がカウントされている様子を目にすると、元気が出てくる。

もくじ
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
散歩が習慣の人は、落ち込まない。 | 暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法

  1. 見返りを期待しないほうが落ち込みにくくなる。
  2. 失ったものが「命」でさえなければ、やり直しはいくらでもできる。
  3. 人間は、ぎりぎりの状態でいい名案を出す。
  4. 諦めない心こそ、本当の才能。
  5. かっとなって頭から吹き上がる水蒸気を、パワーに変える。
  6. 忙しくなれば、嫌なことも忘れられる。
  7. 背伸びをすると、悪循環から抜け出せる。
  8. 元気を出す方法は実に単純。
    おいしいものを食べるだけでいい。
  9. 性格は明るくても暗くてもいい。
    大切なことは元気であること。
  10. 落ち込んだ経験は、心が強くなる転機になる。
  11. すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
  12. 「うん」となっているときは、無意識のうちに呼吸が浅くなっている。
  13. 足りないのは、自分を褒める習慣。
  14. 一度に多くのことに手を出さない。
    確実にできる1つのことから始める。
  15. なぜ俳優は、いつも元気なのか。
  16. 深く落ち込んだときは、この世と人生について深く考える機会になる。
  17. 本屋は心の病院だった。
  18. 元気がないときこそ、フレッシュでナチュラルなフルーツがおすすめ。
  19. 早く回復しようとすればするほど、余計に焦って回復しにくくなる。
  20. 体調がいいと、落ち込みにくく、元気も出やすくなる。
  21. 行き詰まったときは、とりあえず寝るのが一番。
  22. 散歩が習慣の人は、落ち込まない。
  23. 数字がカウントされている様子を目にすると、元気が出てくる。
  24. 陶酔することは、元気のないところから抜け出す突破口になる。
  25. 真の楽観主義とは、反省と改善をきちんとすること。
  26. 反省と改善ができれば、きっぱり忘れていい。
  27. 「限界」という言葉は、人生には不要。
  28. 波長を無理やり変えるのではなく、今の波長に合った行動をする。
  29. ペットショップほど、癒される場所はない。
  30. 完璧ではない人間が完璧主義を目指すのは、そもそも無理がある。

同じカテゴリーの作品