人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
プラス思考
数字がカウントされている様子を目にすると、元気が出てくる。
ストレス対策
散歩の習慣があれば、感情の波が小さくなって心が安定する。
自分磨き
散歩を習慣にしていれば、元気とやる気は自然に出る。
健康
同じ時間、同じ道で、同じ人を大切にする。

気持ちがぱっとるくなる
30方法

お気に入り30 読んだ
22

散歩習慣は、
まない

気がないときこそ、体を動かせば、自然と元気が出てきます。

体の血液の流れがよくなるだけでなく、脳へめぐる血液量も増えます。

脳の前頭葉というところが活発になると、元気とやる気が出てきます。

テンションがぐっと上がります。

古代ギリシャの医師ヒポクラテスは「歩くことは最良の薬である」と言いました。

体の健康だけでなく、元気を出させ、落ち込みから回復させる効果まであるという万能の健康法です。

まだ医学が十分に発達していない古代から、散歩の効用は認知されていました。

散歩が習慣になっている人は、そもそも落ち込みにくい。

歩くことで、元気が出るからです。

元気がなくても、歩くとすぐ元気が出ます。

また、散歩をしていると、さまざまな景色を目にすることになります。

部屋の中でじっとしていても景色は変わらずなかなか気分転換はできませんが、外に出て散歩をすると、すぐできます。

ただ、ぶらぶら歩くだけでいい。

歩くことは、暗い気持ちがぱっと明るくなる最良の方法なのです。

暗い気持ちがぱっと明るくなる方法 その22

  • 散歩習慣にする
数字がカウントされている様子を目にすると、元気が出てくる。

もくじ
(暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品