スキンケア

美しくつやのある肌になる
30の方法

お気に入り10 読んだ
2

美肌は、
5つのバランスが大切。
食事・運動・睡眠・スキンケア・ストレス管理。

美肌は、5つのバランスが大切。食事・運動・睡眠・スキンケア・ストレス管理。 | 美しくつやのある肌になる30の方法

私が学生時代、肌の調子が悪かった原因を紹介します。

学生時代のまだ肌のケアに不慣れな私は、調子の悪い肌を見て、悩みました。

肌ばかりを気にしていました。

肌に対して知識が乏しかった時期です。

調子の悪い肌を見て、悩みました。

時期の問題なのか。

体質の問題なのか。

はたまた宿命なのか。

そこで、改善のためにいろいろ試しました。

にきび薬を塗ったり、ローションを使ったり、保湿を心がけたりしていました。

見えるところだから、見えるところをケアしようと思います。

 

しかし、一向によくなりませんでした。

むしろ悪化した時期さえありました。

まったく途方に暮れていました。

若い時期の失敗は、そこでした。

肌を改善させようと、肌ばかりに注意を向けていました。

肌にとって本当に大切なことは、5つあります。

次の5つができて初めて、肌の改善へと進みます。

これらは、失敗後の今だからこそ、よく分かります。

  1. 食事
  1. 運動
  1. 睡眠
  1. スキンケア
  1. ストレス管理

どれか1つでも悪ければ、肌の調子は悪くなります。

学生時代の私は、5つあるうちの「スキンケア」しか実行できていない状態でした。

スキンケアはしていても、睡眠時間が短かったり、脂っこい食事に偏ったりしていました。

だから、いけませんでした。

肌に対する知識が乏しかったため、視野が狭く、偏りのケアでした。

美肌の第一歩は、バランスです。

このことを、常に意識しておきましょう。

まとめ

美しくつやのある肌になる方法 その2
  • スキンケアは、5つのバランスを重視する。
睡眠不足は、肌の大敵。

もくじ
美しくつやのある肌になる30の方法
美肌は、5つのバランスが大切。食事・運動・睡眠・スキンケア・ストレス管理。 | 美しくつやのある肌になる30の方法

  1. できるだけ早い時期に、美肌になる方法を身につける。
  2. 美肌は、5つのバランスが大切。
    食事・運動・睡眠・スキンケア・ストレス管理。
  3. 睡眠不足は、肌の大敵。
  4. 私たちの体は、口にしたものからできている。
  5. おやつは、お菓子より果物にする。
  6. ストレスの小さな道を選ぶ。
  7. 脂っこい食事を控えめにする。
  8. 脂っこい食事を取った直後に、お風呂に入る。
  9. 爪を切った後は、やすりを忘れない。
    手袋を着けて寝る。
  10. 吹き出物は、どんなに気になっても触らない。
  11. 汗を流す手段を、サウナだけに頼らない。
  12. 喉の渇きを潤すために、甘いジュースには手を出さないほうがいい。
  13. 乾燥しやすいお風呂上がりは、乾燥対策を徹底する。
  14. ビタミンC・E・B類は、美肌に効果がある。
  15. 錠剤によるビタミン摂取より、野菜を食べるほうがいい。
  16. 紫外線は、美肌の大敵。
  17. 紫外線対策をしすぎても、引きこもりにならないこと。
  18. 大きな鏡を部屋に置く。
  19. 悪口や批判を言うと、老いやすくなる。
  20. 笑顔になると、肌の状態さえもはっきり見える。
  21. お化粧は、美しさと醜さが重なる行為。
  22. 睡眠時間の10分を削ってでも、マッサージはしたほうがいい。
  23. 適度なアルコールは、美肌の助っ人。
  24. 睡眠中に、美しくなる。
  25. 不規則な生活をやめる。
  26. 喫煙は、健康においても美容においても、1つもいいことはない。
  27. ダイエットのしすぎは、逆効果。
  28. 見えないストレスだからこそ、肌の状態で確かめる。
  29. 休日くらいは、たっぷり睡眠を取る。
  30. 恋をすると、美しくなる。

同じカテゴリーの作品