スキンケア

美しくつやのある肌になる
30の方法

読んだ お気に入り7
5

おやつは、
お菓子より果物にする。

おやつは、お菓子より果物にする。 | 美しくつやのある肌になる30の方法

午後の3時といえば、何を連想しますか。

食いしん坊の私は、真っ先に「おやつ」が思い浮かびます。

そうです、午後の3時といえば、おやつの時間です。

昼食が終わり、午後の3時ごろになれば、だんだん小腹がすいてきます。

私は子供のころから、おやつの時間が大好きです。

幼いころは、3時になると、母にお菓子をせびっていました。

思春期の私は、ひどいにきびに悩まされていましたが、お菓子の影響を強く受けていたことが、今になって分かります。

ポテトチップ・チョコレート・クッキーなどのようなジャンクフードばかりでした。

それが、いけませんでした。

油分が多く、砂糖でいっぱいのお菓子が、肌にも悪い影響を与えていました。

おいしいおやつとはいえ、この選択は重要です。

「おやつを食べるなと言いたいのか」

いえ、そうではありません。

おやつとして何を食べるかを、一工夫しましょう、と言いたい。

 

では、おやつとしてうってつけの食べ物は何でしょうか。

果物です。

ポテトチップ・チョコレート・クッキーのようなお菓子より、ミカン・バナナ・リンゴといった果物にします。

チョコレートやクッキーは、糖分ばかりが多く含まれていて、栄養価の低いおやつです。

油分も多く含まれているため、肌にも悪影響です。

 

しかし、果物は糖分だけでなく、ビタミン類も豊富に含まれています。

油分は含まれていません。

「砂糖に比べて、果物の糖分は太りにくい」という特徴もあります。

果物の糖分は、砂糖の糖分より、約1.5倍の甘みがあります。

より甘く感じられるため、満腹感を得られやすくなり、食べる量も控えめになります。

果物は自然の食物ですから、消化もよくなります。

お菓子ばかりを食べていれば、すぐ太ります。

 

一方、果物は太りにくいおやつです。

「食べておいしい、肌にもいい」

まさに果物は、おやつとして最適なのです。

まとめ

美しくつやのある肌になる方法 その5
  • 3時のおやつは、お菓子より、果物にする。
ストレスの小さな道を選ぶ。

もくじ
美しくつやのある肌になる30の方法
おやつは、お菓子より果物にする。 | 美しくつやのある肌になる30の方法

  1. できるだけ早い時期に、美肌になる方法を身につける。
  2. 美肌は、5つのバランスが大切。
    食事・運動・睡眠・スキンケア・ストレス管理。
  3. 睡眠不足は、肌の大敵。
  4. 私たちの体は、口にしたものからできている。
  5. おやつは、お菓子より果物にする。
  6. ストレスの小さな道を選ぶ。
  7. 脂っこい食事を控えめにする。
  8. 脂っこい食事を取った直後に、お風呂に入る。
  9. 爪を切った後は、やすりを忘れない。
    手袋を着けて寝る。
  10. 吹き出物は、どんなに気になっても触らない。
  11. 汗を流す手段を、サウナだけに頼らない。
  12. 喉の渇きを潤すために、甘いジュースには手を出さないほうがいい。
  13. 乾燥しやすいお風呂上がりは、乾燥対策を徹底する。
  14. ビタミンC・E・B類は、美肌に効果がある。
  15. 錠剤によるビタミン摂取より、野菜を食べるほうがいい。
  16. 紫外線は、美肌の大敵。
  17. 紫外線対策をしすぎても、引きこもりにならないこと。
  18. 大きな鏡を部屋に置く。
  19. 悪口や批判を言うと、老いやすくなる。
  20. 笑顔になると、肌の状態さえもはっきり見える。
  21. お化粧は、美しさと醜さが重なる行為。
  22. 睡眠時間の10分を削ってでも、マッサージはしたほうがいい。
  23. 適度なアルコールは、美肌の助っ人。
  24. 睡眠中に、美しくなる。
  25. 不規則な生活をやめる。
  26. 喫煙は、健康においても美容においても、1つもいいことはない。
  27. ダイエットのしすぎは、逆効果。
  28. 見えないストレスだからこそ、肌の状態で確かめる。
  29. 休日くらいは、たっぷり睡眠を取る。
  30. 恋をすると、美しくなる。

同じカテゴリーの作品