ビジネスマナー

新入社員が入社3年間に心がける
30のこと

  • 入社3年間にできた差は、
    後から取り戻せない。
新入社員が入社3年間に心がける30のこと

もくじ

入社3年間にできた差は、後から取り戻せない。

入社3年間にできた差は、後から取り戻せない。

会社に新入社員として入社して、はじめの3年間は、なにより大切な時期です。
この3年間は、強く意識しましょう。
覚えなければならないことが山のようにあり、人付き合いも慣れていないため苦労をします。

人付き合いこそ、一番の課題。
人間関係に苦労は、当たり前。

人付き合いこそ、一番の課題。人間関係に苦労は、当たり前。

社会に出て、苦労することといえば、やはり人間関係です。
人間関係は、社会に出た誰もが必ず経験する、課題です。
仕事の楽しさは、人間関係で決まるといってもいいでしょう。

師匠を見つけると、スピード成長ができる。

師匠を見つけると、スピード成長ができる。

入社してまず新人が行うことといえば「師匠探し」です。
「この人についていきたい」
「この人はすごい」

仕事の仕方を徹底的に極める。

仕事の仕方を徹底的に極める。

「仕事の仕方」を覚えることは、基本の中の基本です。
「仕事の基本」とは「仕事の仕方」のことをいいます。
当たり前に行う基本的な仕事です。

新人時代は、アクセル全開でいい。

新人時代は、アクセル全開でいい。

新人のころは、簡単な仕事でも、全力を持って取り組むことが重要です。
全力を持って取り組むことで、最大限まで力をつけることができ、またそうした姿勢を上司はしっかり見ています。
上司は、仕事ができる、できないより、全力を持って取り組んでいるかどうかを見ています。

入社3年間は「貯金」より「自己投資」に比重を置くべし!

入社3年間は「貯金」より「自己投資」に比重を置くべし!

新人時代、特に入社3年間に貯金をする余裕はありません。
初めて社会に出て、初めて仕事をする時期です。
たくさん学ぶことがあり、学ばなければならないことが山ほどある時期です。

実績は、姿勢によって作られる。

実績は、姿勢によって作られる。

あなたの先輩は、あなたの仕事の実績をそれほど見ていません。
新人の行う仕事の実績とはいえ、微々たるものです。
先輩が見ているところは、あなたの仕事に対する姿勢です。

球拾いは、雑用ではない。
立派な勉強なのだ。

球拾いは、雑用ではない。立派な勉強なのだ。

入社をして間もないころ、おそらくあなたは一種の絶望を感じることでしょう。
たいてい入社したばかりの新人は、大きな夢や希望を抱いています。
抱きすぎているばかりに、現実とのギャップに驚きを隠せません。

小さな実績をこつこつ積み上げて、大きくする。

小さな実績をこつこつ積み上げて、大きくする。

入社3年間は、いきなり大きな仕事は与えられないと考えましょう。
入社して間もない新人には、小さくて責任の軽い仕事が与えられます。
・コピーとり

任された雑用のトップになろうではないか!

任された雑用のトップになろうではないか!

入社3年間は、雑用レベルの仕事しか与えられません。
3年とは長く感じられるかもしれませんね。
では、逆に、任された雑用のトップになってやろうと考えればいいのです。

仕事ができるようになるほど、上司は口を出してくる。

仕事ができるようになるほど、上司は口を出してくる。

新人に対しては、上司はがみがみうるさいものです。
一生懸命に育てよう、大きくなってもらいたいという願いを抱いていますから、あれこれと口うるさく言葉を挟んできます。
では、新人以外の人間に対してはおとなしいかというと、そうでもありません。

報告・連絡・相談は、言われる前に言う。

報告・連絡・相談は、言われる前に言う。

一番下っ端である新人は、周りから叱られやすい立場にいます。
自分以外は先輩たちばかりですから、逆らえず、怯えてしまうものです。
私が入社したばかりのときも、同じ状態でした。

偏りのある情報から抜け出そう。

偏りのある情報から抜け出そう。

1つの業界の中で生きていると、偏りのある情報しか流れてきません。
IT関係の会社では、IT業界の話しか流れてきません。
出版関係の会社では、出版関係の話しかされないものです。

世間知らずの状態から抜け出そう。

世間知らずの状態から抜け出そう。

つながりを持つのは、社内だけではありません。
社外の人とつながりを持つことも、重要です。
自社の人たちとばかり関係を持っていると、視野が狭くなります。

頭だけで考えない。
トライして、失敗して、体を通して学ぶ習慣を持つこと。

頭だけで考えない。トライして、失敗して、体を通して学ぶ習慣を持つこと。

新人のうちは、頭だけで考えてはいけません。
頭だけで考え、答えを出す新人はかっこいいかもしれませんが、嫌われます。
「これはこうなるから、こうなると思います」

仕事の依頼がくるまで、席にじっと座ってばかりになっていませんか。

仕事の依頼がくるまで、席にじっと座ってばかりになっていませんか。

入社して、ある程度業務に慣れてくれば、仕事にも余裕が出てきます。
今までは学ぶばかりでした。
業務に必要な知識や仕事も、たいていは一定していますから、慣れてくれば「同じことの繰り返し」と感じるようになります。

トイレ掃除は、人間の内側が見える仕事。

トイレ掃除は、人間の内側が見える仕事。

新人には、仕事が始まる前の仕事があります。
掃除です。
社内の掃除は、新人が入社してはじめに担当する重要な仕事です。

新人のうちは、どんな仕事でも引き受ける。

新人のうちは、どんな仕事でも引き受ける。

入社したばかりのころは、仕事を選んではいけません。
新人は、ただでさえ仕事ができない人間ですから、大きな仕事を任せられません。
もちろん仕事を選ぶこともできません。

どんなシチュエーションでも、無礼講になってはいけない。

どんなシチュエーションでも、無礼講になってはいけない。

「無礼講」という言葉は「堅苦しい礼儀を抜きにする」という意味です。
会社で行われる宴会では「今日は無礼講で飲もう」という声がよく飛んできます。
職場で飲み会があるときに、よく聞かれる言葉です。

得意な分野を作ろう。
仕事には「波及効果」がある。

得意な分野を作ろう。仕事には「波及効果」がある。

新人は、初めは何も仕事ができない状態です。
ここからどうやって、這い上がっていけばいいのでしょうか。
与えられる仕事のなか「これだけは誰にも負けない」という得意分野を作ることをおすすめします。

ウォーミングアップがないと、仕事ははかどらない。

ウォーミングアップがないと、仕事ははかどらない。

ウォーミングアップは、スポーツだけでなく、仕事にもあります。
スポーツのウォーミングアップは、ストレッチや柔軟体操にあたりますが、仕事のウォーミングアップは「早く出社すること」です。
あなたは次のうち、どちらに当てはまりますか。

失敗をしたときの対応によって、成長の差ができる。

失敗をしたときの対応によって、成長の差ができる。

あなたは、失敗の後、そのままにしていませんか。
働く人には、成長する人としない人がいます。
新人の中でも、伸びていく人とそうでない人がわかれてしまうものですが、どこが違うのでしょうか。

エレベーターでは積極性が表れる。
待つより行動する人になろう。

エレベーターでは積極性が表れる。待つより行動する人になろう。

あなたは1つ上の階へと移動するときには、エレベーターを使うタイプの人でしょうか。
1つ上の階くらいなら、エレベーターより、階段を使うほうがほとんどの場合、早く移動できます。
エレベーターは数が少なく、ほかの人が使っているときには、なかなかやってきません。

基本言葉、言い忘れていませんか。

基本言葉、言い忘れていませんか。

学校で習う数学では、基本ができて、初めて応用ができるようになります。
応用は、基本ができていることが大前提です。
これは、いうまでもありません。

抽象的を卒業しよう。
社会人からは、具体的が大切。

抽象的を卒業しよう。社会人からは、具体的が大切。

「適当にやります」
「気が向けば、対応するかもしれません」
「なんとなくです」

もうこれからは迷わない。
社会人からは、決断力をつけよう。

もうこれからは迷わない。社会人からは、決断力をつけよう。

「いつがいいかな」
「誰とすればいいかな」
「どっちがいいかな」

自分の体は1つ、取り換えはできない。
仕事のしすぎには、要注意。

自分の体は1つ、取り換えはできない。仕事のしすぎには、要注意。

「3倍働ければ、3倍の速さで成長できる!」
私は入社したての新人のころ、このように単純に考えていたときがありました。
3倍多く仕事できれば、それだけ多く経験ができ、身につく早さも3倍に速くなるものだということです。

水のようになろう。
「こだわり」は、仕事への障害となる。

水のようになろう。「こだわり」は、仕事への障害となる。

こだわりは、入社をすれば、すぐ捨ててしまいましょう。
特に入社3年間は、こだわりは不要と思ってください。
仕事をする上では、こだわりは障害となり、思うように進まなくなります。

仕事にも、鮮度がある。
頼まれた瞬間から始めよう。

仕事にも、鮮度がある。頼まれた瞬間から始めよう。

仕事への評価が最も高くなる姿勢は、仕事を頼まれた瞬間から始める姿勢です。
頼まれた瞬間から仕事を始めることが、最もモチベーションを保てます。
仕事の質が高くなり、上司からの評価も高くなりやすい。

誰もが一度は考える。
「仕事、辞めようかな」

誰もが一度は考える。「仕事、辞めようかな」

最後に大切なこととして、このお話をしましょう。
入社して、誰もが一度は考えること「仕事、辞めようかな」という病です。
仕事の難しさ、種類、量こそ多少の違いはあれ、入社をして3年も経てば慣れてしまい、スムーズに対応できるようになるものです。

同じカテゴリーの作品