人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
勉強法
記憶力は、最初と最後が最も高い。
勉強法
人に説明したことは、忘れなくなる。
勉強法
音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。
勉強法
勉強は、結果が出るまでに時間がかかる。
勉強法
耳の記憶は、目の記憶より強い。
勉強法
記憶力は、朝食後に高まる。

受験テクニック
30方法

お気に入り9 読んだ
9

りを味方えてしまうが、
合格をつかみ

焦りを味方に変えてしまう人が、合格をつかみ取る。 | 受験テクニックを磨く30の方法

間の脳の中で、記憶する場所には2種類の場所があります。

 

「短期記憶をする海馬(かいば)」と「長期記憶をする側頭葉(そくとうよう)」です。

 

人間がまず覚え始めたことは、いきなり長期記憶ができる「側頭葉」ではなく、短期記憶をする「海馬」という場所に保存されます。

海馬は、短期記憶をする場所ですが、もう1つ重要な役目を果たしています。

「情報の重要性を判断する」という役目です。

人間の脳はよくできています。

生命に関わる情報は重要と判断して長期的に記憶する一方、生命に関係のない記憶は不要だから忘れようとします。

長く生き永らえるための脳のシステムです。

繰り返し入ってくる情報は「何度も入ってくるから重要に違いない」と判断して、長期記憶をする「側頭葉」へ記憶を移動させます。

復習すれば記憶が強化されるのは、そういう理由だからです。

 

しかし、例外があります。

無条件にいきなり側頭葉へ記憶を移動させる方法があります。

それこそ「強い感情を伴った記憶」です。

強い怒りや悲しみが伴った記憶は、短期記憶の海馬を素通りして、いきなり長期記憶の側頭葉に保存されます。

なぜそうなるのかというと、脳が「生命に関わる情報だ」と即座に判断するからです。

強い感情が伴っていることは、生命に関わることに違いないと脳が判断し、いきなり長期記憶をさせようとします。

先生に叱られた記憶は、一度しか経験していないにもかかわらず、長く記憶に残り続けます。

失敗した経験ほど記憶に残る理由も同じです。

強い感情が伴っているからです。

受験勉強にも、この強い感情を伴う方法があればいいですが、なかなか難しい。

 

しかし、強い感情が伴うある時期があります。

それが「受験前の焦り」です。

  • 「受験日まであと1カ月しかない! 時間がない!」

受験前には短い残り時間に焦りが出ます。

焦ったら勉強することです。

ぎりぎりの状態でする勉強はよく覚えます。

徹夜をすると、わずかな勉強時間で覚えられるのは、焦りがあるからです。

脳が活性化され、記憶力がアップしています。

焦ったらどうするのかというと、勉強です。

焦りながらする勉強は、普段の何倍もよく覚えられます。

受験テクニックを磨く方法 その9

  • 試験前りを、
    勉強応用する
なぜ、試験には必ず超難問が出題されるのか。

もくじ
(受験テクニックを磨く30の方法)

同じカテゴリーの作品