公開日:2023年12月23日
執筆者:水口貴博

トラブル対応に強くなる30の方法

20

トラブルは、手短に対応しようとすると、長引く。丁寧に対応しようとすると、短くなる。

トラブルは、手短に対応しようとすると、長引く。丁寧に対応しようとすると、短くなる。 | トラブル対応に強くなる30の方法

トラブルが起これば、誰でも早く解決したいと思うもの。

トラブルを長引かせたいと思う人はいません。

とにかく一刻も早くトラブルから解放されたい一心のはずです。

もちろん早く解放されたい気持ちを持つのはいいのですが、手短に対応することには注意してください。

ここがトラブルの面白いところです。

トラブルは、手短に対応しようとすると、かえって長引きます。

場当たり的な解決になるからです。

場当たり的な解決は中途半端なので、遅かれ早かれ、再発します。

一件落着したように見えても、表向きだけです。

しばらくすると、また同じトラブルが起こり、あたふたすることになります。

早く解放されたい気持ちから、再び場当たり的な解決をしてしまいます。

いったんトラブルが落ち着いても、しばらくすると、またもや再発となるのです。

根本的な解決がされていないと、再発を食い止められません。

そうして同じトラブルが二度も三度も繰り返され、延々と長引きます。

トラブル対応に無駄な時間や労力ばかりが増えていくばかり。

手短に対応しようとすると、そのときは手間暇が小さく済んでも、長期的には最も手間暇がかかることになります。

トラブルから早く解放されたいなら、丁寧に対応することです。

丁寧な対応は、手間が多くて時間もかかるものですが、大切なのは「根本的な解決」です。

根本的な解決ができれば、再発は起こりません。

根本的な解決に手間や時間はかかっても、一度の仕事で済みます。

長期的に見ると、実は最短です。

根本的な解決ができてこそ、本当の意味で「解決できた」と言えるのです。

トラブル対応に強くなる方法(20)
  • トラブルは、丁寧に対応をして、根本的な解決を心がける。
トラブルがたくさんあるのはいい。
同じトラブルが繰り返されるのがいけない。

トラブル対応に強くなる30の方法

  1. トラブルのない人になるのではない。
    トラブルに強い人になるのだ。
  2. 「トラブルは起きるもの」という意識を持つ。
  3. トラブルが起こったら放置しない。
  4. トラブル対策は、大きく3つしかない。
  5. トラブルを乗り越えるときは、集中力が欠かせない。
  6. トラブル対応が大変だと言う人は、勘違いをしている。
  7. トラブル対応は、常に優先すべきこと。
  8. なぜトラブルを面倒くさがってはいけないのか。
  9. トラブル対応は、やる気がなくても取り組む。
  10. トラブルは、原因がわかるだけでもありがたいこと。
  11. トラブル対応に焦りは禁物。
    ただし、緊張感は必要。
  12. トラブルが起こったとき、相談できる人はいるか。
  13. トラブルの元は、できるだけ排除しておくに越したことはない。
  14. 「自分の尻は自分で拭く」が、正しいとは限らない。
  15. お金を貯めておくことが、トラブル対策にもつながる。
  16. 「最悪のトラブル」という口癖は、直しておくほうがいい。
  17. トラブルが起こったのを、運や偶然のせいにしない。
  18. 「早くしなければ間に合わない」は、事実であっても、考えないほうがいい。
  19. 作業現場におけるトラブル対応の3原則とは。
  20. トラブルは、手短に対応しようとすると、長引く。
    丁寧に対応しようとすると、短くなる。
  21. トラブルがたくさんあるのはいい。
    同じトラブルが繰り返されるのがいけない。
  22. トラブルのストレスを、飲食で解消させない。
  23. トラブル対応で忙しくても、息抜きは必要。
  24. トラブルを美化しない。
  25. トラブルを起こされても、相手を恨まないこと。
  26. 大丈夫でないときは「大丈夫じゃない」と答えるのが正解。
  27. 老化現象・経年劣化を、トラブルと勘違いしない。
  28. 大きなトラブルほど、人生の転機になる。
  29. トラブルの芽を摘むことも、トラブル対応の1つ。
  30. 長期戦のトラブル対応では、頑張りすぎないことが大切。

同じカテゴリーの作品

3:26

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION