公開日:2024年2月5日
執筆者:水口貴博

問題解決で大切な
30のこと

  • ミスをしても、
    リカバリーすればいいこと。
問題解決で大切な30のこと

ミスをしても、リカバリーすればいいこと。

ミスをしたとき、必要以上に悲観する人がいます。
「ああ、もうダメだ! おしまいだ! 最悪だ!」と、わあわあ嘆きます。
この世の終わりのように捉え、必要以上に焦ったり落ち込んだり、絶望する人さえいます。

ミスをしても、リカバリーすればいいこと。

問題は、実態より厳しめに評価するくらいでちょうど良い。

問題が起こったら、少し大げさに考えることをおすすめします。
小さな問題が起こったとき、私たちは軽視する傾向があります。
「これくらい大したことない」「放置で大丈夫」「そのうち自然と直るだろう」と軽く考えがちです。

問題は、実態より厳しめに評価するくらいでちょうど良い。

「解決するのは無理」と簡単に言わない。

「解決するのは無理」と言う人がいました。
「頑張るだけ無駄。意味がない。解決するのは無理に決まっている」と嘆いています。
無理と言うからには、さぞ難しい問題なのだろうと思われます。

「解決するのは無理」と簡単に言わない。

完璧な解決策ではなく、現実的な最善策でいく。

ピンチを乗り越えようとするとき、完璧な解決策を考えようとしがちです。
ここが落とし穴です。
完璧な解決策はありません。

完璧な解決策ではなく、現実的な最善策でいく。

優等生ぶっていると、問題を解決できない。

優等生ぶっていると、問題を解決できません。
わからないことがあっても、ばかと思われるのが嫌で、人に質問できなくなります。
困ったことがあっても、弱いところを見せられなくなり「助けて」と言えなくなります。

優等生ぶっていると、問題を解決できない。

落ち込んでいる暇はない。

問題が起こったとき、落ち込んでいる暇はありません。
落ち込んでいる間は行動も何もできません。
下を向いてため息をつくだけでは、1歩も前に進めず、問題は何も解決しません。

落ち込んでいる暇はない。

物は試しにやってみることで、解決の道が開ける。

問題解決で大切なことは「物は試しの精神」です。
「わからないならやりようがない」「慣れてなければうまくできるわけがない」と思われそうですが、ここが大切です。
わからないなら、わからないなりでいいのです。

物は試しにやってみることで、解決の道が開ける。

解決できる問題から解決する。

問題が複数あったとき、あなたならどれから手を付けますか。
どの問題も、重要性・緊急性は低いものとします。
まず難しい問題から取りかかるのは得策ではありません。

解決できる問題から解決する。

問題解決には、自分を褒めるチャンスが3回ある。

問題解決には、自分を褒めるチャンスがあります。
しかも1回ではなく、3回あります。
自分を褒めるべきときは、きちんと褒めることが大切です。

問題解決には、自分を褒めるチャンスが3回ある。

問題が起こることは悪いことではない。
問題を無視することが悪いのだ。

問題が起こることは悪いことではありません。
人生は問題の連続です。
問題が起こるのは当たり前です。

問題が起こることは悪いことではない。問題を無視することが悪いのだ。

自分で解決するのが難しい問題は、専門家にお願いするのが得策。

自分の問題だからといって、自分が解決しなければいけないわけではありません。
一言で問題と言っても、さまざまなものがあります。
特に高度な知識・技術が要求される問題は、どう手を付けていいかわからないときが多いもの。

自分で解決するのが難しい問題は、専門家にお願いするのが得策。

実力がつくの待っていると、いつまでたっても着手できなくなる。

問題が発生したとき「解決するだけの実力はまだありません。実力をつけてから着手します」と言う人がいます。
なんとも気の長い話です。
実力がつくのを待つ必要はありません。

実力がつくの待っていると、いつまでたっても着手できなくなる。

相談があると言いつつ、愚痴のオンパレードになっていないか。

問題が起こったとき、相談の形で愚痴を言う人がいます。
「ちょっと問題がありまして、ご相談があります」と声をかけます。
相手は快く相談に乗りますが、いざ話を聞いてみると、違った話が始まります。

相談があると言いつつ、愚痴のオンパレードになっていないか。

どれだけ大きな問題も、分割すれば、小さな問題になる。

大きな問題は、解決までに途方もない時間・労力が必要です。
考えるだけで頭がくらくらして、取りかかる前からため息が出ます。
いつ解決できるか見当がつかないことも少なくありません。

どれだけ大きな問題も、分割すれば、小さな問題になる。

問題の解決法がわからないからといって、すぐ上司に聞かない。

「この問題はどうすれば解決できますか」
問題の解決法がわからないからといって、すぐ上司に聞かないことです。
「それくらい自分で考えろ」と言われるのオチです。

問題の解決法がわからないからといって、すぐ上司に聞かない。

トラブルが起こったからといって、評価が下がるとは限らない。

世間一般では「トラブルは評価を下げるもの」と思われています。
「トラブル=悪いこと・困ったこと」という共通認識があり、避けたいものだと考えています。
トラブルが起これば、評価が落ちるのは当然のように思われます。

トラブルが起こったからといって、評価が下がるとは限らない。

余裕がないから、腹が立つ。
余裕があれば、腹は立たない。

「ぎりぎり」「ぴったり」には要注意です。
隙間がないのは無駄がなくてベストに思えますが、実にリスキーな状態です。
旅行の予約を入れました。

余裕がないから、腹が立つ。余裕があれば、腹は立たない。

世の中に解決できない問題は、ほとんどない。

世の中に解決できない問題は、ほとんどありません。
もちろんゼロではないのです。
あるにはあります。

世の中に解決できない問題は、ほとんどない。

笑っていい場面では、笑っていい。
笑ってはいけない場面では、笑わない。

問題解決では「笑っていい場面」と「笑ってはいけない場面」の2つがあります。
問題に取り組むときは、ポジティブでいることが大切です。
だからといって何でも笑顔を見せればいいわけではありません。

笑っていい場面では、笑っていい。笑ってはいけない場面では、笑わない。

種類の違う仕事に取り組んでみるのも大事なこと。

ずっと同じ仕事ばかり続けていても、らちが明かないときがあります。
「頭がぼうっとして、仕事に集中できない」
「いくら考えても、アイデアが浮かばない」

種類の違う仕事に取り組んでみるのも大事なこと。

問題解決に役立つツールなら、お金を惜しまない。

世の中には、問題解決に役立つツールが存在します。
ひたすら気合と力業で解決するのもいいですが、その限りではありません。
便利なツールを導入することで、気合も力業も必要なく、問題がスムーズに解決することがあります。

問題解決に役立つツールなら、お金を惜しまない。

問題の芽を摘んだとき、誰にも褒められないなら、自分で褒める。

問題の芽を摘んだとき、なかなか褒められることはありません。
上司に褒められません。
同僚にも部下にも褒められません。

問題の芽を摘んだとき、誰にも褒められないなら、自分で褒める。

困難な問題に感じられるのは、解決法がわかっていないだけ。

「困難な問題」と言いますが、多くの人が誤解しています。
困難な問題に感じられるのは、難易度の高い仕事だからではありません。
解決法がわかっていないからです。

困難な問題に感じられるのは、解決法がわかっていないだけ。

やり直しが必要になっても、文句は言わない。

歯の定期検診の際、歯科衛生士から詰め物が取れかかっていると指摘されました。
まだ取れてはいませんが、わずかにぐらぐらしている状態です。
それは鏡でも確認できました。

やり直しが必要になっても、文句は言わない。

「もうこれ以上できることはありません」と簡単に言わないこと。

問題が発生して、解決に向けて取りかかります。
ところ大きな壁にぶつかります。
すべての選択肢を検討してみましたが、すべてNGでした。

「もうこれ以上できることはありません」と簡単に言わないこと。

「解決できなかったらどうするの?」と言われたときのベストな返事とは。

問題に取り組んでいると「解決できなかったらどうするの?」と言ってくる人がいます。
それは職場の人であったり、友人であったり、家族であったりです。
あまり嬉しくない一言です。

「解決できなかったらどうするの?」と言われたときのベストな返事とは。

1つ問題を解決すると、他の問題も解決したくなる。

問題解決は面白い特徴があります。
1つ問題を解決すると、他の問題も解決したくなることです。
問題解決した後は気持ちのいい達成感があります。

1つ問題を解決すると、他の問題も解決したくなる。

どうしてもダメなときは、運命だと思って諦めることも肝心。

時には諦めることも肝心です。
たしかに諦めないことは大切です。
簡単に諦めてはトラブルを解決できません。

どうしてもダメなときは、運命だと思って諦めることも肝心。

問題を解決した後は、反省しよう。

問題が無事解決したとき「仕事が終わった」という考える人がいます。
大きな仕事が片付いて、ほっと一息つきたいところですが、実はまだやり残していることがあります。
問題を解決した後にしたいのは「反省」です。

問題を解決した後は、反省しよう。

問題解決癖がついてしまえば、もう怖いものはない。

問題解決は「癖」にすることを目指しましょう。
問題解決は、癖にできます。
知らない言葉を見つけたら、辞書で調べる癖をつけるようなものです。

問題解決癖がついてしまえば、もう怖いものはない。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION