公開日:2023年12月10日
執筆者:水口貴博

トラブル対応に強くなる30の方法

10

トラブルは、原因がわかるだけでもありがたいこと。

トラブルは、原因がわかるだけでもありがたいこと。 | トラブル対応に強くなる30の方法

トラブルには、大きく2つあります。

  1. 原因がわかっているトラブル
  1. 原因がわからないトラブル

原因がわかるトラブルはまだいいのです。

原因がわかれば、焦る必要はありません。

原因がわかれば、トラブルは半分解決したのも同然です。

おのずと必要な解決方法も見えてきます。

きちんと原因を取り除けば、トラブルは解決します。

原因を取り除くのに時間・費用・労力はかかるかもしれませんが、解決までの道筋が見えているのは救いです。

怖いのは、原因がわからないトラブルです。

世の中には、原因がわからないトラブルがあります。

「原因は調べればすぐわかること」と思うかもしれませんが、なかなか簡単にいかないケースもあります。

たとえば、原因不明の健康トラブルです。

これといった原因がわからないのに、なぜか体調が悪くて悩まされるケースがあります。

病院で診てもらっても「異常は見当たりません」と言われます。

原因がわからないと、薬もわかりません。

原因がわからないまま、調子の悪い状態が続くのは、肉体的にも精神的にもつらいことです。

原因不明のスランプも少なくありません。

普段通りにしているはずなのに、なぜか調子が出なかったり、仕事の能率や成績が落ちたりするケースがあります。

見えない壁のようなものがあると、どう取り除いていいかわかりません。

真っ暗な暗闇の中をさまよっているような感覚になります。

これが一番困るし、一番怖いのです。

原因がわからないと、何をどうしていいかわかりません。

解決方法がわからないと、大きな不安に襲われます。

「ずっとこの状態が続くのではないか」と思い、ぞっとするのです。

うまく人に説明もできません。

説明しても、なかなか信じてもらえず、疑われることもあります。

どんなトラブルにも必ず原因がありますが、原因がわかりにくくて苦労させられることがあるものです。

原因を突き止めるまでに長い時間を要してしまうこともあるのです。

トラブルは、原因がわかっているだけでもありがたいことです。

原因がわからないトラブルに比べれば、原因のわかっているトラブルは対応しやすい。

トラブルが発生して、その原因がわかれば、その時点で喜んでください。

「原因がわかって良かった」と思うことです。

トラブルが起こると焦りますが、原因がわかっていれば、それだけで安心なのです。

トラブル対応に強くなる方法(10)
  • 原因がわかっているだけでもありがたいと考える。
トラブル対応に焦りは禁物。
ただし、緊張感は必要。

トラブル対応に強くなる30の方法

  1. トラブルのない人になるのではない。
    トラブルに強い人になるのだ。
  2. 「トラブルは起きるもの」という意識を持つ。
  3. トラブルが起こったら放置しない。
  4. トラブル対策は、大きく3つしかない。
  5. トラブルを乗り越えるときは、集中力が欠かせない。
  6. トラブル対応が大変だと言う人は、勘違いをしている。
  7. トラブル対応は、常に優先すべきこと。
  8. なぜトラブルを面倒くさがってはいけないのか。
  9. トラブル対応は、やる気がなくても取り組む。
  10. トラブルは、原因がわかるだけでもありがたいこと。
  11. トラブル対応に焦りは禁物。
    ただし、緊張感は必要。
  12. トラブルが起こったとき、相談できる人はいるか。
  13. トラブルの元は、できるだけ排除しておくに越したことはない。
  14. 「自分の尻は自分で拭く」が、正しいとは限らない。
  15. お金を貯めておくことが、トラブル対策にもつながる。
  16. 「最悪のトラブル」という口癖は、直しておくほうがいい。
  17. トラブルが起こったのを、運や偶然のせいにしない。
  18. 「早くしなければ間に合わない」は、事実であっても、考えないほうがいい。
  19. 作業現場におけるトラブル対応の3原則とは。
  20. トラブルは、手短に対応しようとすると、長引く。
    丁寧に対応しようとすると、短くなる。
  21. トラブルがたくさんあるのはいい。
    同じトラブルが繰り返されるのがいけない。
  22. トラブルのストレスを、飲食で解消させない。
  23. トラブル対応で忙しくても、息抜きは必要。
  24. トラブルを美化しない。
  25. トラブルを起こされても、相手を恨まないこと。
  26. 大丈夫でないときは「大丈夫じゃない」と答えるのが正解。
  27. 老化現象・経年劣化を、トラブルと勘違いしない。
  28. 大きなトラブルほど、人生の転機になる。
  29. トラブルの芽を摘むことも、トラブル対応の1つ。
  30. 長期戦のトラブル対応では、頑張りすぎないことが大切。

同じカテゴリーの作品

3:14

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION