公開日:2022年5月19日
執筆者:水口貴博

人生観が変わる
30の言葉

7
1

過去に生きる人になってはいけない。
未来に生きる人になろう。

過去に生きる人になってはいけない。未来に生きる人になろう。 | 人生観が変わる30の言葉

人間には2通りのタイプがいます。

「過去に生きる人」と「未来に生きる人」です。

どちらの人になるかで、人生の生き方が大きく変わってきます。

過去に生きる人には次のような特徴があります。

  • 昔話が多い
  • 過去の失敗を引きずっている
  • 夢や目標がない
  • 新しいことにチャレンジすることがない
  • ネガティブ思考で未来に悲観的な展望しか描けない

一言で言うと、思考が過去に向いているのです。

こういう人は「過去に生きる人」です。

過去に生きる人は、いつも暗い表情をしていて元気がありません。

いつも元気がなく、死んだ魚のような目をしています。

いつの間にか暗い雰囲気を漂わせていて近寄りがたく、人から避けられることも多い。

過去に生きていると、行動のブレーキになってしまい、人生の停滞をもたらします。

未来を求めないで、どうやって素晴らしい未来がやってくるのでしょう。

過去のことばかり考えていては、明るい人生を送るのは困難です。

明るい人生を送りたいなら、過去に生きる人ではなく、未来に生きる人になってください。

未来に生きる人には、次のような特徴があります。

  • 将来の話が多い
  • 夢や目標があって真剣に取り組んでいる
  • 日々、新しいことにチャレンジしている
  • 過去の失敗は教訓として生かしている
  • ポジティブ思考で未来に楽観的な展望を持っている

未来に生きる人は、思考が未来を向いていて活力にあふれています。

そのためいつもで元気で目をきらきら輝かせています。

会話のときも、将来の夢や目標について話題が多いので、一緒に話をしていて楽しい。

未来に生きる人は人を引きつける力があるので、自然と周りに人が集まってきます。

「未来に生きる人」になる

明るい人生を送りたいなら、過去に生きる人ではなく、未来に生きる人になってください。

今あなたが過去に生きる人であっても手遅れではありません。

大切なのはこれからですから、今すぐ心を入れ替えれば、未来に生きる人になれます。

未来に生きる人になれば、おのずと明るい人生がやってきます。

過去のことを考えるのは必要最小限に抑えましょう。

過ぎ去ったことを悔やんでも仕方ありません。

過去の失敗だけでなく、過去の成功について考えるのもNGです。

成功ならいいではないかと思うかもしれませんが、思考が過去を向いていることに変わりありません。

過去を考える暇があれば、未来について考えましょう。

私たちは未来しかやってこないのですから、いつも未来に目を向けることが大切です。

人生観が変わる言葉(7)
  • 「過去に生きる人」ではなく「未来に生きる人」になる。
人間には2通りの人しかいない。
「偶然を待つ人」と「偶然を作る人」。

人生観が変わる30の言葉
人生観が変わる30の言葉

  1. 死を受け入れると、人生観が変わる。
    死を受け入れると、人生観が変わる。
  2. 憧れの人になるのはやめる。<br>誰かになろうとしないで、自分を生きる。
    憧れの人になるのはやめる。
    誰かになろうとしないで、自分を生きる。
  3. 嫌いなことは、できるだけ早く終わらせようとする。<br>好きなことは、できるだけ長く続けようとする。
    嫌いなことは、できるだけ早く終わらせようとする。
    好きなことは、できるだけ長く続けようとする。
  4. 簡単にリセットボタンを押してはいけない。<br>諦め癖がつく。
    簡単にリセットボタンを押してはいけない。
    諦め癖がつく。
  5. あなたがやりたいのは、見栄を張ることか、好きなことをすることか。<br>見栄のために、好きを犠牲にしていないか。
    あなたがやりたいのは、見栄を張ることか、好きなことをすることか。
    見栄のために、好きを犠牲にしていないか。
  6. あらゆる仕事は、社会につながっている。
    あらゆる仕事は、社会につながっている。
  7. 過去に生きる人になってはいけない。<br>未来に生きる人になろう。
    過去に生きる人になってはいけない。
    未来に生きる人になろう。
  8. 人間には2通りの人しかいない。<br>「偶然を待つ人」と「偶然を作る人」。
    人間には2通りの人しかいない。
    「偶然を待つ人」と「偶然を作る人」。
  9. 「私は絶対正しい」と思っていると、どんどん生きづらい人生になっていく。
    「私は絶対正しい」と思っていると、どんどん生きづらい人生になっていく。
  10. ぬるま湯の環境に居続けてはいけない。
    ぬるま湯の環境に居続けてはいけない。
  11. 人生で最もかけがえのない資産とは。
    人生で最もかけがえのない資産とは。
  12. 息継ぎが下手な水泳選手が採った、あるユニークな方法とは。
    息継ぎが下手な水泳選手が採った、あるユニークな方法とは。
  13. 今や人生は100年の時代。<br>今日1日が無駄になったくらいで、気を落とす必要はない。
    今や人生は100年の時代。
    今日1日が無駄になったくらいで、気を落とす必要はない。
  14. 時間を忘れて没頭しているときが、至福の時間。
    時間を忘れて没頭しているときが、至福の時間。
  15. 希望があるなら、きちんと伝えること。<br>思っているだけでは伝わらない。
    希望があるなら、きちんと伝えること。
    思っているだけでは伝わらない。
  16. 「死」があることを嘆いてはいけない。<br>人生に終わりがあるから、生きることが楽しくなるのだ。
    「死」があることを嘆いてはいけない。
    人生に終わりがあるから、生きることが楽しくなるのだ。
  17. 優勝したのに、悔し涙を流す人がいた。
    優勝したのに、悔し涙を流す人がいた。
  18. 「ありえない」が口癖の人は、人生で損をする。
    「ありえない」が口癖の人は、人生で損をする。
  19. 運命を変えるのに時間はかからない。<br>その気になれば、今すぐ変えることできる。
    運命を変えるのに時間はかからない。
    その気になれば、今すぐ変えることできる。
  20. 同じ時代を生きていても「日本の未来は暗い」と言う人と「日本の未来は明るい」と言う人がいる。
    同じ時代を生きていても「日本の未来は暗い」と言う人と「日本の未来は明るい」と言う人がいる。
  21. 過去に挫折したからといって、完全に道が閉ざされたとは限らない。
    過去に挫折したからといって、完全に道が閉ざされたとは限らない。
  22. 歴史人物の家系図は勉強しても、自家の家系図を勉強する人は少ない。
    歴史人物の家系図は勉強しても、自家の家系図を勉強する人は少ない。
  23. たまにはつらいことや悲しいこともあったほうがいい。
    たまにはつらいことや悲しいこともあったほうがいい。
  24. ひどい言葉は、言った側は忘れていても、言われた側が覚えている。
    ひどい言葉は、言った側は忘れていても、言われた側が覚えている。
  25. 疑問が湧いたらすぐ調べる癖をつけることで、新しい自分に近づいていく。
    疑問が湧いたらすぐ調べる癖をつけることで、新しい自分に近づいていく。
  26. どんなに笑われる状況であっても、理解者は必ず存在する。
    どんなに笑われる状況であっても、理解者は必ず存在する。
  27. 「若さ」の定義なんて、あってないようなもの。<br>一生若者でいることも夢ではない。
    「若さ」の定義なんて、あってないようなもの。
    一生若者でいることも夢ではない。
  28. 就寝前は、今日起こったラッキーな出来事を3つ思い出そう。
    就寝前は、今日起こったラッキーな出来事を3つ思い出そう。
  29. 今日が平和であることを喜ぼう。<br>平和ほど、幸福なことはない。
    今日が平和であることを喜ぼう。
    平和ほど、幸福なことはない。
  30. 努力は、必ず報われるとは限らない。<br>ただし、努力した事実と経験は消えない。
    努力は、必ず報われるとは限らない。
    ただし、努力した事実と経験は消えない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION