食の神様に愛される
30の方法

8
0

食べ残すとき、
仕方ないからといって平然とするのはよくない。
大切なのは
「残してごめんなさい」の気持ち。

食べ残すとき、仕方ないからといって平然とするのはよくない。大切なのは「残してごめんなさい」の気持ち。 | 食の神様に愛される30の方法

時には食べ残すこともある

食事の理想は、完食です。

すべてきれいに食べきることが、最も美しい終わり方です。

ところが、食べきるのがいいとわかっていても、仕方ないときもあります。

時には食べきれず、残してしまうことがあるもの。

事情はさまざまです。

満腹になったり、体調が悪くなったり、食欲がなくなったりです。

食べてみると、思っていた味と違っていて、食べきるのが難しいこともあるでしょう。

食事中に緊急の仕事が入って、食べ残すこともあるはずです。

もちろん食べ残すことはあっていいのです。

ちょっとしたマナー違反ではありますが、小さなことであり、罪を犯しているわけではありません。

無理をしてまで食べるのはよくありません。

無理に食べると、気分が悪くなったりカロリーを取りすぎたりして健康によくありません。

最悪の場合、吐いてしまうこともあります。

平然と食べ残すのはよくない

さて、食べ残すときが大切です。

平然と食べ残すのはよくありません。

仕方ないとはいえ、当たり前と言わんばかりの態度を見せるのは、礼儀正しいと言いがたいでしょう。

「何が悪いの?」と開き直った態度を見せる人もいるかもしれませんが要注意です。

食べ残すということは、本来慎むべきことです。

その食べ物のために命を落とした存在がいます。

食べ残すということは、命を落としたことが無駄になったことであり、命の浪費に当たります。

反省がゼロでは、食の神様も眉をひそめます。

そこで必要なのは、反省の気持ちです。

強く自分を責めたり罪悪感を持ったりする必要はありませんが、反省の気持ちは必要です。

「残してごめんなさい」の気持ちを持つこと

食べ残すときのマナーがあります。

「残してごめんなさい」の気持ちを持つようにしましょう。

小さなマナー違反を犯すわけですから、ちょっとだけ反省が必要です。

心の中で小さく念じるだけでかまいません。

作ってくれた人に対してはもちろんのこと、食べ物に対しても「残してごめんなさい」と念じてください。

少しでいいのです。

反省の気持ちを持つことが大切です。

もちろん声に出して言ってもかまいません。

反省の気持ちがあれば、食の神様から「仕方ありませんね」と許してもらえます。

食べ残すときは、少しでいいので申し訳ない気持ちを持つこと。

食べ残すときの心のマナーです。

食の神様に愛される方法(8)
  • 食べ残すときは「残してごめんなさい」の気持ちを持つ。
食べ物の名前を覚えておかないと、きちんと食べたことにはならない。

食の神様に愛される30の方法
食の神様に愛される30の方法

  1. 食の神様になったつもりで日常を見よう。<br>おのずと大切なポイントが見えてくる。
    食の神様になったつもりで日常を見よう。
    おのずと大切なポイントが見えてくる。
  2. 食の神様がいると信じる人は、豊かな食生活に恵まれる。
    食の神様がいると信じる人は、豊かな食生活に恵まれる。
  3. おいしそうに食べる人に、人も神様も引き寄せられる。
    おいしそうに食べる人に、人も神様も引き寄せられる。
  4. 食事中だからといって、下ばかり見ない。
    食事中だからといって、下ばかり見ない。
  5. にこにこしながら食べれば、食の神様もにこにこする。
    にこにこしながら食べれば、食の神様もにこにこする。
  6. みんなが「まずい」と言うものをおいしく感じるところに、あなたの才能がある。
    みんなが「まずい」と言うものをおいしく感じるところに、あなたの才能がある。
  7. 人がおいしく食べることを祈ると、自分が食べているものまでおいしくなる。
    人がおいしく食べることを祈ると、自分が食べているものまでおいしくなる。
  8. 食べ残すとき、仕方ないからといって平然とするのはよくない。<br>大切なのは「残してごめんなさい」の気持ち。
    食べ残すとき、仕方ないからといって平然とするのはよくない。
    大切なのは「残してごめんなさい」の気持ち。
  9. 食べ物の名前を覚えておかないと、きちんと食べたことにはならない。
    食べ物の名前を覚えておかないと、きちんと食べたことにはならない。
  10. 種類や部位を細かく確認すると、よりおいしくいただける。
    種類や部位を細かく確認すると、よりおいしくいただける。
  11. 自分を見失ったら食事をしよう。<br>腹ごしらえをすれば、本来の自分を取り戻せる。
    自分を見失ったら食事をしよう。
    腹ごしらえをすれば、本来の自分を取り戻せる。
  12. 本当に空腹で苦しい経験も、人生で一度くらいあったほうがいい。
    本当に空腹で苦しい経験も、人生で一度くらいあったほうがいい。
  13. 食べたいものをイメージしよう。<br>まもなく奇跡が起こるだろう。
    食べたいものをイメージしよう。
    まもなく奇跡が起こるだろう。
  14. 食の神様は、あなたの食べ方を見ている。<br>食べ方が美しい人は、運にもチャンスにも恵まれる。
    食の神様は、あなたの食べ方を見ている。
    食べ方が美しい人は、運にもチャンスにも恵まれる。
  15. 欲張って食べすぎると、神様は罰として寿命を奪う。
    欲張って食べすぎると、神様は罰として寿命を奪う。
  16. 「ごちそうさま。<br>おいしかったよ」という一言を言い過ぎることはない。
    「ごちそうさま。
    おいしかったよ」という一言を言い過ぎることはない。
  17. 「まずい」「おいしくない」と思ったときこそ笑顔になる。<br>眉間にしわが寄っても、口角だけは上げておく。
    「まずい」「おいしくない」と思ったときこそ笑顔になる。
    眉間にしわが寄っても、口角だけは上げておく。
  18. 健康運の悪い人は「満腹を100パーセント」と考える。<br>健康運のいい人は「腹八分目を100パーセント」と考える。
    健康運の悪い人は「満腹を100パーセント」と考える。
    健康運のいい人は「腹八分目を100パーセント」と考える。
  19. 告白は、食べ物にしてもいい。
    告白は、食べ物にしてもいい。
  20. 食べ物の贈り物をいただいたら、きちんと後で感想を伝えよう。
    食べ物の贈り物をいただいたら、きちんと後で感想を伝えよう。
  21. 食の神様は「くちゃくちゃ」という音が嫌い。<br>「もぐもぐ」という音が好き。
    食の神様は「くちゃくちゃ」という音が嫌い。
    「もぐもぐ」という音が好き。
  22. おいしいレストランを紹介しよう。<br>今度はあなたが、神様からおいしいレストランを紹介される。
    おいしいレストランを紹介しよう。
    今度はあなたが、神様からおいしいレストランを紹介される。
  23. プレゼントをもらったときの袋は、自分が使うときのために取っておこう。
    プレゼントをもらったときの袋は、自分が使うときのために取っておこう。
  24. 食べ物を粗末にする人は、食の神様から嫌われる。<br>食べ物を大切にする人は、神様からも大切にされる。
    食べ物を粗末にする人は、食の神様から嫌われる。
    食べ物を大切にする人は、神様からも大切にされる。
  25. 雨の日に出前を頼んだら、より気持ちを込めたお礼を言おう。<br>「雨の中ありがとうございます」
    雨の日に出前を頼んだら、より気持ちを込めたお礼を言おう。
    「雨の中ありがとうございます」
  26. 最後の1つは、神様があなたに残しておいてくれたプレゼント。
    最後の1つは、神様があなたに残しておいてくれたプレゼント。
  27. 満腹で食べ残したときは「ごちそうさま」と言い忘れやすい。
    満腹で食べ残したときは「ごちそうさま」と言い忘れやすい。
  28. レストランで注文間違いは、神様からのサプライズメニュー。
    レストランで注文間違いは、神様からのサプライズメニュー。
  29. 味覚は、満腹感に応じて変わる。<br>満腹のときに抵抗を感じたものは、錯覚かもしれない。
    味覚は、満腹感に応じて変わる。
    満腹のときに抵抗を感じたものは、錯覚かもしれない。
  30. 食の神様は存在する。<br>目の前にある食べ物一つ一つが、食の神様。
    食の神様は存在する。
    目の前にある食べ物一つ一つが、食の神様。

同じカテゴリーの作品

3:38
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION