執筆者:水口貴博

未来が待ち遠しくなる
30の言葉

4
2

休むとサボるは意味が違う。
休むのはいいが、
サボるのはいけない。

休むとサボるは意味が違う。休むのはいいが、サボるのはいけない。 | 未来が待ち遠しくなる30の言葉

次の2つの言葉に注目です。

  • 「休む」
  • 「サボる」

どちらも日常でよく聞かれる言葉です。

「だいたいどちらも同じような意味だよね」

どちらものんびりするイメージがあって、特に区別することなく、混同して使っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、ここが要チェックです。

サボると休むは似て非なるものです。

区別なく適当に使っていると、あなたに不利益をもたらす可能性もあります。

それぞれに明確な違いがあるため、きちんと意味を区別しておきましょう。

休む

休むとは、積極的な休憩です。

一番重要なことは「正当な理由がある」という点です。

休むことには正当な理由があります。

きちんと仕事をするためには、体力が必要です。

義務や責任を果たすために、あらかじめしっかり休んでおく必要があります。

また仕事を終えた後は、疲れやストレスを回復させるため、休む必要もあるでしょう。

疲弊した心身を休ませて回復できれば、再びパワフルに仕事ができます。

休むには「きちんと仕事をするために休む」「仕事で疲弊した心身を癒すため」といった意味・理由があります。

きちんと義務や責任を果たしたい気持ちが先にあって、そのために体力回復のアクションが必要です。

あるいは、けがや病気をすることもあるでしょう。

体調が悪いときは、しっかり休んで、治療が必要です。

療養に専念すれば、それだけ早く回復するでしょう。

このように休むことには、正当な理由があるのが特徴です。

休むことは欠かせないことであり、生身の人間には必要不可欠です。

休むのは悪いことではなく、必要なことです。

サボる

サボるとは、やらなければいけない仕事から逃げて、怠けることをいいます。

サボることを理解するうえで一番重要なことは「正当な理由がない」という点です。

サボることには正当な理由がありません。

仕事に対する消極的な姿勢があります。

義務・責任があるにもかかわらず、無視や放棄をしています。

サボることはよいことではありません。

「サボる=ずる休み」です。

サボってばかりいると、目上の人からお叱りを受けるでしょう。

サボるのは不要なことです。

なければないほどいいものです。

サボることは評価を下げることになるため、少しでも減らしていくことが大切です。

休むのはいいが、サボるのはいけない

サボると休むは違います。

違いを一言で述べるなら「正当な理由があるかないか」です。

  • 正当な理由のあるものが「休む」
  • 正当な理由のないものが「サボる」

休むのはいいですが、サボるのはいけません。

それぞれの意味をきちんと区別しておきましょう。

「サボる」という口癖があると、いつの間にか損をしている可能性がある

「サボる」という口癖があるなら注意してください。

一般的に「サボる」という言葉には、悪いイメージが伴っています。

軽い気持ちで使っていると、いつの間にか悪いイメージを招いて、自分が損をしている可能性があります。

たとえば、療養にもかかわらず「サボります」と言うのはよくありません。

「正当な理由もなく怠けること」と誤って解釈され、不本意な誤解を招くことがあります。

安易に「サボる」という言葉を使っているなら「休む」「サボる」の違いを理解して、正しく使い分けましょう。

未来が待ち遠しくなる言葉(4)
  • 「休む」と「サボる」の意味を区別して使う。
仕事ができない人は、やり直しを嫌がる。
仕事ができる人は、快く受け入れる。

未来が待ち遠しくなる30の言葉
未来が待ち遠しくなる30の言葉

  1. あなたは、未来を言い当てる占い師。<br>自分で自分の未来を予言しよう。
    あなたは、未来を言い当てる占い師。
    自分で自分の未来を予言しよう。
  2. 将来への不安にくよくよするのではない。<br>モチベーションに変えるのだ。
    将来への不安にくよくよするのではない。
    モチベーションに変えるのだ。
  3. 8時台にやってきた宅配便さんに感謝しよう。<br>「早起きができた。<br>ありがとう、宅配便さん」
    8時台にやってきた宅配便さんに感謝しよう。
    「早起きができた。
    ありがとう、宅配便さん」
  4. 休むとサボるは意味が違う。<br>休むのはいいが、サボるのはいけない。
    休むとサボるは意味が違う。
    休むのはいいが、サボるのはいけない。
  5. 仕事ができない人は、やり直しを嫌がる。<br>仕事ができる人は、快く受け入れる。
    仕事ができない人は、やり直しを嫌がる。
    仕事ができる人は、快く受け入れる。
  6. どんなに落ち込んでいても腹は減る。<br>空腹は、体からの励まし。
    どんなに落ち込んでいても腹は減る。
    空腹は、体からの励まし。
  7. 仕事がスムーズに進まないときもある。<br>「たまにはこういうこともある」でいい。
    仕事がスムーズに進まないときもある。
    「たまにはこういうこともある」でいい。
  8. 「ほかの人にも優しくしているんでしょ」と言う人は、いずれ優しくされなくなる。
    「ほかの人にも優しくしているんでしょ」と言う人は、いずれ優しくされなくなる。
  9. レールを外れたのではない。<br>自分の意思で選んだ道なのだ。
    レールを外れたのではない。
    自分の意思で選んだ道なのだ。
  10. ぴったり準備をするのがアマチュア。<br>十分な準備をするのがプロ。
    ぴったり準備をするのがアマチュア。
    十分な準備をするのがプロ。
  11. コミュニケーションで大切なのは、何を言ったかではなく、相手にどう伝わったか。
    コミュニケーションで大切なのは、何を言ったかではなく、相手にどう伝わったか。
  12. 私たちは「取り返しのつかない毎日」を送っている。
    私たちは「取り返しのつかない毎日」を送っている。
  13. ありのままの自分をさらけ出すことは、勇気を鍛えることになる。
    ありのままの自分をさらけ出すことは、勇気を鍛えることになる。
  14. 頑張る節約は、たかが知れている。<br>本当に節約効果があるのは、頑張らないこと。
    頑張る節約は、たかが知れている。
    本当に節約効果があるのは、頑張らないこと。
  15. 指示される前に動くことを「ゲーム」と考えてみる。
    指示される前に動くことを「ゲーム」と考えてみる。
  16. ため息が止まらないのは、体からの拒否サイン。
    ため息が止まらないのは、体からの拒否サイン。
  17. 夢に向かって努力することを夢にする。
    夢に向かって努力することを夢にする。
  18. 自分から「頑張る」「努力する」と言ってはいけない。<br>自分から言うものではなく、人から言われるもの。
    自分から「頑張る」「努力する」と言ってはいけない。
    自分から言うものではなく、人から言われるもの。
  19. くだらない質問をしてはいけない。<br>ただし、されたときは、真剣に答える。
    くだらない質問をしてはいけない。
    ただし、されたときは、真剣に答える。
  20. 小さな趣味も、10年続ければ、偉大な結果になっている。
    小さな趣味も、10年続ければ、偉大な結果になっている。
  21. もしものことを考えすぎてはいけない。<br>限度を超えると、かえって毒になる。
    もしものことを考えすぎてはいけない。
    限度を超えると、かえって毒になる。
  22. さあ、立ち上がれ!買ったまま読んでいない本を、今から読もう。
    さあ、立ち上がれ!買ったまま読んでいない本を、今から読もう。
  23. 夢に未来の日付を加えるだけで、実現しやすくなる。
    夢に未来の日付を加えるだけで、実現しやすくなる。
  24. 当たり前と思わないことを、当たり前にする。
    当たり前と思わないことを、当たり前にする。
  25. 上司の大事な本番直前に、トラブルを報告しない。
    上司の大事な本番直前に、トラブルを報告しない。
  26. 曖昧な発言をしていると、曖昧な人生になる。<br>はっきりした発言をしていかないと、人生は切り開けない。
    曖昧な発言をしていると、曖昧な人生になる。
    はっきりした発言をしていかないと、人生は切り開けない。
  27. 1位になって満足しない。<br>次はぶっちぎりの1位を目指そう。
    1位になって満足しない。
    次はぶっちぎりの1位を目指そう。
  28. 隠れ家のある人は、人生に強くなる。
    隠れ家のある人は、人生に強くなる。
  29. 年末には、きちんと来年の目標を立てよう。<br>目標の有無は、人生の質に関わる。
    年末には、きちんと来年の目標を立てよう。
    目標の有無は、人生の質に関わる。
  30. 10年前の10年後は、今日。<br>10年後の10年前も、今日。
    10年前の10年後は、今日。
    10年後の10年前も、今日。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION