出会いがうまくいく
30のルール

24
2

初対面では、
少し負けておくほうが、
いい出会いにつながる。

初対面では、少し負けておくほうが、いい出会いにつながる。 | 出会いがうまくいく30のルール

相手に勝てばいいとは限らない

初対面では、少し負けておくようにしましょう。

初対面で、勝ち負けを争うような状況になることがあります。

たとえば、議論です。

会話を楽しんでいるうちに、だんだん話が白熱していき、議論に発展することがあります。

議論になると、自分の意見のほうが正しいことを証明したくなって、つい熱が入ります。

理屈を並べたり揚げ足を取ったりして、相手を言い負かせようとする。

頭の回転が速くて口が達者な人なら、うまく相手を言い負かし、議論で勝てるでしょう。

議論に勝てば「頭がいい」「話がうまい」といったアピールもできると思う人もいるかもしれません。

しかし、ここは十分注意したいところです。

相手に勝つと、出会いの後味が悪くなるからです。

相手に勝つと、出会いの印象を傷つける

相手に勝ってしまうと、出会いの後味がよくありません。

自分は嬉しくても、相手は心の中ではむかむかしているでしょう。

相手は平静を装っていても、実ははらわたが煮えくりかえっているかもしれません。

偉そうにしているつもりはなくても、偉そうにしているように見られてしまいます。

相手に勝つと、出会いの印象を傷つけます。

いつの間にか相手に不快感を与えてしまうのは不本意でしょう。

「そんなつもりはない」と思っても、相手から「感じが悪い」と思われたら終わりです。

せっかくの出会いが台無しになってしまい、その後のご縁につながらなくなります。

勝ち負けを争う場面は、少し負けておくのが賢明

出会いで心がけたいのは「少し負ける」というテクニックです。

勝ち負けを争う場面になれば、わざと少し負けるようにしてください。

相手が100と言えば、自分は90と言います。

相手が強く主張してきたら、無理に言い返さず、素直に引き下がります。

「間違っています」と言われても、余計な反論はせず「おっしゃるとおりです」と引き下がっておくのがいい。

知っていることであっても、わざと知らないふりをして、とぼけることも大切です。

うっかり勝ってしまいそうなら、上手にとぼけて、隙を与えることも有効です。

負けるときは「わざとらしく」ではなく「さりげなく」がポイントです。

勝ちたい気持ちや反論したい気持ちがあっても、ぐっと抑えましょう。

プライドの高い人や負けず嫌いの人は要注意です。

闘争心に火がついても、むきにならないこと。

少し負けておけば、相手は気分がよくなって満足してくれます。

うまく場が丸く収まる上、相手は上機嫌になってもらえます。

少し負けておくほうが「また会いたい」と思われる

悔しい気持ちもあるかもしれませんが、表に出さないようにしましょう。

相手がマウンティングをしてきたら、むきになって張り合おうとせず、さっさと負けを認めておくのが賢明です。

「さすがです」「恐れ入りました」「目からうろこが落ちました」などと言っておけばOKです。

納得できないことがあっても言い返しません。

納得できないことは「なるほど」という言葉で受け止めましょう。

深くうなずきながら「なるほど」と言えば、角が立ちません。

相手を受け入れることになるので、会話が続きます。

そういう人は「また会いたい」と思われるようになります。

話を折らず、最後まで聞いてくれる人は好印象です。

出会いを素晴らしくするためには、上手に少し負けて、相手を上機嫌にしていくことがポイントです。

初対面では少し負けておくほうが、いい出会いにつながります。

出会いがうまくいくルール(24)
  • 初対面では、少し負けるようにしておく。
出会いに打算や損得勘定を持ち込むと、人間関係が冷たくなる。

出会いがうまくいく30のルール
出会いがうまくいく30のルール

  1. 出会いには「ルール」がある。
    出会いには「ルール」がある。
  2. どんな出会いも「相手に敬意を払う」という点を心がけること。
    どんな出会いも「相手に敬意を払う」という点を心がけること。
  3. 受け身のうちは、いい出会いがあっても生かせない。
    受け身のうちは、いい出会いがあっても生かせない。
  4. 人と会うエネルギーを充電する、3つのポイント。<br>よく寝て、よく食べ、よく笑う。
    人と会うエネルギーを充電する、3つのポイント。
    よく寝て、よく食べ、よく笑う。
  5. 好印象を与えるより悪印象を与えないように注意する。
    好印象を与えるより悪印象を与えないように注意する。
  6. せっかく会うなら、少しでも雰囲気のいい場所を選ぶのが得策。<br>第一印象にプラスアルファの効果を期待できる。
    せっかく会うなら、少しでも雰囲気のいい場所を選ぶのが得策。
    第一印象にプラスアルファの効果を期待できる。
  7. 会う直前に怖くなっても、ドタキャンで逃げない。
    会う直前に怖くなっても、ドタキャンで逃げない。
  8. 風邪を引いているなら、無理に会うより延期したほうが、相手のため。
    風邪を引いているなら、無理に会うより延期したほうが、相手のため。
  9. 出会いにおける「粘る」とは、しつこくお願いすることではない。<br>相手の意思を尊重しつつ、チャンスを見計らうことだ。
    出会いにおける「粘る」とは、しつこくお願いすることではない。
    相手の意思を尊重しつつ、チャンスを見計らうことだ。
  10. 憧れの人に会ったとき、はしゃがない。
    憧れの人に会ったとき、はしゃがない。
  11. 顔と名前は覚えるためにある。<br>自然に任せて覚えるのではなく、意識をして覚えよう。
    顔と名前は覚えるためにある。
    自然に任せて覚えるのではなく、意識をして覚えよう。
  12. 尊敬する人と会うときは、弟子入りの気分になる。
    尊敬する人と会うときは、弟子入りの気分になる。
  13. 限度を超えた飲み方は、出会いをダメにする。<br>初対面でお酒を飲むときの3つのルール。
    限度を超えた飲み方は、出会いをダメにする。
    初対面でお酒を飲むときの3つのルール。
  14. 出会いに恵まれる人は「目の前のことに集中する習慣」がある。
    出会いに恵まれる人は「目の前のことに集中する習慣」がある。
  15. 優劣や勝ち負けを持ち込むと、貴重な出会いが悪印象になる。<br>出会いで大切なのは「尊重」。
    優劣や勝ち負けを持ち込むと、貴重な出会いが悪印象になる。
    出会いで大切なのは「尊重」。
  16. すでに相手と仲がいいつもりで、会いに行く。
    すでに相手と仲がいいつもりで、会いに行く。
  17. 出会いに恵まれない人は、小さなことですぐ落ち込む。<br>出会いに恵まれる人は、なかなか落ち込まない。
    出会いに恵まれない人は、小さなことですぐ落ち込む。
    出会いに恵まれる人は、なかなか落ち込まない。
  18. 胸に片手を当てながら自己紹介すると、上品な印象になる。
    胸に片手を当てながら自己紹介すると、上品な印象になる。
  19. 変な人と出会うことが、あなたの成長を加速させる。
    変な人と出会うことが、あなたの成長を加速させる。
  20. 出会いは頑張るものではない。<br>楽しむものだ。
    出会いは頑張るものではない。
    楽しむものだ。
  21. 出会いに緊張は不要。<br>ただし、緊張感は必要。
    出会いに緊張は不要。
    ただし、緊張感は必要。
  22. 出会ったときの話題は、過去の武勇伝より、最近の失敗談。
    出会ったときの話題は、過去の武勇伝より、最近の失敗談。
  23. 努力もしないうちから紹介をお願いしない。<br>紹介をお願いするなら、自分なりにできることをしてから。
    努力もしないうちから紹介をお願いしない。
    紹介をお願いするなら、自分なりにできることをしてから。
  24. 初対面では、少し負けておくほうが、いい出会いにつながる。
    初対面では、少し負けておくほうが、いい出会いにつながる。
  25. 出会いに打算や損得勘定を持ち込むと、人間関係が冷たくなる。
    出会いに打算や損得勘定を持ち込むと、人間関係が冷たくなる。
  26. いい出会いがあっても、大切にしないとゼロ。
    いい出会いがあっても、大切にしないとゼロ。
  27. 言葉の感謝だけでは物足りないなら、手土産が有効。
    言葉の感謝だけでは物足りないなら、手土産が有効。
  28. 夜に出会った人とは、簡単に途切れる。<br>昼に出会った人とは、長く関係が続く。
    夜に出会った人とは、簡単に途切れる。
    昼に出会った人とは、長く関係が続く。
  29. 1回出会ったときの手応えで、すべての結論を出さない。
    1回出会ったときの手応えで、すべての結論を出さない。
  30. 別れ際をきれいに締めくくると、出会いがうまくいく。
    別れ際をきれいに締めくくると、出会いがうまくいく。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION