アイデア発想

アイデア力を鍛える
30の方法

0
14

アイデアが出てから仕事をするのではない。
仕事をしながらアイデアを考える。

アイデアが出てから仕事をするのではない。仕事をしながらアイデアを考える。 | アイデア力を鍛える30の方法

「アイデアが出てから仕事を始めよう」

「名案が浮かんでから、作業に取り組もう」

「スムーズな方法が思いつくまで、仕事は保留にしよう」

何事も集中力が大切です。

仕事をするときは仕事に集中して、アイデアを考えるときはアイデア発想に集中します。

アイデアによっては、効率・段取り・方向性に関係することもあるでしょう。

最初にアイデアを考え、それから仕事を始めようとする人もいるはずです。

しっかり頭をひねって知恵を振り絞り、素晴らしいアイデアが出てから仕事を始めたほうが、効率よくてスムーズに思えます。

もちろんアイデアが出てから仕事をするのも悪くありませんが、注意が必要です。

アイデアは、流れ星に似ています。

いつ出るか、はっきり予想できません。

すぐ出ることもありますが、なかなか出ないこともあります。

そのため、アイデアが出てから仕事をしようとすると、仕事の着手が遅くなります。

アイデアが出るまで、ずっと仕事を保留し続けることになるのです。

また、じっとしていると、刺激の量も種類も少なくなります。

頭の回転も悪くなり、ますますアイデアが出にくい状態になります。

「アイデアが出てから仕事を始めよう」とのんきにしていると、なかなかアイデアが出ない状態が続くでしょう。

アイデアが出てから仕事をするのは、仕事全体に遅延をもたらす可能性があるため、慎重になったほうがいいでしょう。

 

では、どうするか。

アイデアが出てから仕事をするのではありません。

仕事をしながらアイデアを考えるのです。

仕事をしていると、仕事を通して刺激や変化が得られます。

新しい情報に触れたり、出会いがあったり、珍しいものを見たりするでしょう。

そうした刺激や変化が、クリエイティブを刺激するネタになるのです。

たとえ仕事の段取りが悪いとしても、まず仕事をしながらアイデアを考えるのが得策です。

まず仕事に着手すること。

アイデアは、仕事をしながらでも考えていけます。

段取りが悪くても、ひとまず仕事が進むので、安心感を得られます。

車を運転していると、さまざまな景色を楽しめるように、仕事をしているとさまざまな刺激を楽しめます。

仕事をしながら考えるほうが、いいアイデアが出るのです。

アイデア力を鍛える方法(14)
  • アイデアが出てから仕事をするのではなく、仕事をしながらアイデアを考える。
3分で思いついたアイデアもあっていい。

もくじ
アイデア力を鍛える30の方法
アイデアが出てから仕事をするのではない。仕事をしながらアイデアを考える。 | アイデア力を鍛える30の方法

  1. 力を入れると、アイデアが出ない。<br>力を抜くと、アイデアが出る。
    力を入れると、アイデアが出ない。
    力を抜くと、アイデアが出る。
  2. アイデア発想の3大悪。<br>見栄、体裁、プライド。
    アイデア発想の3大悪。
    見栄、体裁、プライド。
  3. 「いいね」は、アイデア発想を促す魔法の言葉。
    「いいね」は、アイデア発想を促す魔法の言葉。
  4. アイデア発想で大切なのは、敵対意識より仲間意識。
    アイデア発想で大切なのは、敵対意識より仲間意識。
  5. 掃除をすれば、アイデアが出る。
    掃除をすれば、アイデアが出る。
  6. 人の目は2つしかなくても、視点は無限にある。
    人の目は2つしかなくても、視点は無限にある。
  7. アイデアは、詳細に表現すればいいとは限らない。<br>受け手の想像に任せることで、最終的な表現が完成する。
    アイデアは、詳細に表現すればいいとは限らない。
    受け手の想像に任せることで、最終的な表現が完成する。
  8. 学歴がなくても、いいアイデアを出せる。
    学歴がなくても、いいアイデアを出せる。
  9. 最低最悪のアイデアから始めるほうが、うまくいく。
    最低最悪のアイデアから始めるほうが、うまくいく。
  10. 素晴らしいアイデアが出たから、大きな夢を持つのではない。<br>大きな夢を持つから、素晴らしいアイデアが出る。
    素晴らしいアイデアが出たから、大きな夢を持つのではない。
    大きな夢を持つから、素晴らしいアイデアが出る。
  11. 売れるアイデアを出そうとすると、売れないアイデアしか出ない。<br>売れないアイデアを出そうとすると、売れるアイデアが出る。
    売れるアイデアを出そうとすると、売れないアイデアしか出ない。
    売れないアイデアを出そうとすると、売れるアイデアが出る。
  12. 元気なときしか出ないアイデアがある。<br>落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。
    元気なときしか出ないアイデアがある。
    落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。
  13. みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。<br>1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。
    みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。
    1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。
  14. アイデアが出てから仕事をするのではない。<br>仕事をしながらアイデアを考える。
    アイデアが出てから仕事をするのではない。
    仕事をしながらアイデアを考える。
  15. 3分で思いついたアイデアもあっていい。
    3分で思いついたアイデアもあっていい。
  16. アイデアにも、一期一会がある。
    アイデアにも、一期一会がある。
  17. アイデアは、出せば出すほど、潤沢になる。
    アイデアは、出せば出すほど、潤沢になる。
  18. 秀逸なアイデアに限って、変な場所で浮かぶもの。
    秀逸なアイデアに限って、変な場所で浮かぶもの。
  19. 小さなアイデアほど、大きな影響力を秘めている。
    小さなアイデアほど、大きな影響力を秘めている。
  20. 秀逸なアイデアが思いつくのは、野球のホームランのようなもの。
    秀逸なアイデアが思いつくのは、野球のホームランのようなもの。
  21. 固い頭では、アイデアは出ない。<br>柔らかい頭だから、アイデアが出る。
    固い頭では、アイデアは出ない。
    柔らかい頭だから、アイデアが出る。
  22. アイデアは、いつでもどこでも思いつける。
    アイデアは、いつでもどこでも思いつける。
  23. アイデアの質は、人によって評価が異なる。<br>アイデアの量は、人に関係なく評価される。
    アイデアの質は、人によって評価が異なる。
    アイデアの量は、人に関係なく評価される。
  24. プロジェクト名をつけると、名前のとおりに頭が働き始める。
    プロジェクト名をつけると、名前のとおりに頭が働き始める。
  25. 常識は、守るものではなく、破るもの。<br>アイデア発想では、非常識こそ武器になる。
    常識は、守るものではなく、破るもの。
    アイデア発想では、非常識こそ武器になる。
  26. 感動する機会を増やすことで、アイデアのパワーが強くなる。
    感動する機会を増やすことで、アイデアのパワーが強くなる。
  27. 他人の価値観で考えていると、アイデアが出ない。<br>自分の価値観で考えると、アイデアが出る。
    他人の価値観で考えていると、アイデアが出ない。
    自分の価値観で考えると、アイデアが出る。
  28. 忙しいことを言い訳にしない。<br>移動時間こそ、アイデアを考える絶好のチャンス。
    忙しいことを言い訳にしない。
    移動時間こそ、アイデアを考える絶好のチャンス。
  29. 「アイデアが出なかったらどうしよう」と考えない。<br>「アイデアが出たらどうしよう」と考えよう。
    「アイデアが出なかったらどうしよう」と考えない。
    「アイデアが出たらどうしよう」と考えよう。
  30. 不採用の理由に、アイデアのヒントが隠れている。
    不採用の理由に、アイデアのヒントが隠れている。

同じカテゴリーの作品