アイデア発想

アイデア力を鍛える
30の方法

2
7

アイデアは、
詳細に表現すればいいとは限らない。
受け手の想像に任せることで、
最終的な表現が完成する。

アイデアは、詳細に表現すればいいとは限らない。受け手の想像に任せることで、最終的な表現が完成する。 | アイデア力を鍛える30の方法

アイデアが浮かんだら、きちんと表現することが大切です。

頭の中で思っているだけでは、単なる空想にすぎません。

大切なことは「アウトプット」です。

インスピレーションが湧いたら、すぐアウトプットに取りかかりましょう。

物語が浮かんだら、実際に記事を書いてみます。

イメージが浮かんだら、さっそく絵を描いてみます。

よいメロディーが浮かんだら、すぐ楽譜を起こしてみます。

表現することで、アイデアが形になり、具体化します。

ある程度形になれば、さらに次のアクションを起こしやすくなります。

 

しかし、表現するのはいいですが、すべて詳細に表現するのは注意が必要です。

アイデアは、すべて詳細に表現すればいいとは限りません。

詳細まで鮮明に表現してしまうと、結果が限定されてしまい、かえってつまらなくなることがあります。

大切な部分は詳細に表現するのは避け、わざとぼかすことも大切です。

曖昧な状態にすることで、受け手の想像を駆り立てることができるようになります。

 

たとえば、文学で嬉しい気持ちを表現するとします。

「嬉しかった」と明確に表現するのもいいですが、ストレートでは平凡なので、わざと曖昧な表現でぼかします。

「心が軽くなった」

「心に羽が生えた」

「笑みがこぼれた」

「自然と涙がこぼれた」

「スキップしたくなった」

曖昧な表現のほうが、解釈の幅が広がります。

わざとぼかした表現にすることで、受け手の考えや心情を投影でき、味わい深くなります。

 

秀逸な映画では、大事なシーンの手前でカットされるのが定番です。

告白するシーンがあり、次の瞬間、暗い表情で泣いているシーンに切り替われば、振られたのだと解釈できます。

闘病で苦しむ患者がいて、次の瞬間、葬式のシーンに切り替わることで、亡くなったものだと解釈できます。

飛行機が墜落していくシーンがあり、次の瞬間、ばらばらの機体のシーンに切り替わることで、墜落の様子を想像できます。

途中のシーンをカットするのは、意図的です。

あえて詳細に表現しないことで、受け手の想像に任せることができ、印象深くなります。

 

詳細に表現しないのも、1つのテクニックです。

アイデアは、形にすることが大切である一方、必要に応じてわざとぼかすことも有効です。

受け手の想像に任せることで、欠けた部分が補完され、最終的な表現が完成するのです。

アイデア力を鍛える方法(7)
  • 大事な部分はわざとぼかして、受け手の想像に任せる。
学歴がなくても、いいアイデアを出せる。

もくじ
アイデア力を鍛える30の方法
アイデアは、詳細に表現すればいいとは限らない。受け手の想像に任せることで、最終的な表現が完成する。 | アイデア力を鍛える30の方法

  1. 力を入れると、アイデアが出ない。<br>力を抜くと、アイデアが出る。
    力を入れると、アイデアが出ない。
    力を抜くと、アイデアが出る。
  2. アイデア発想の3大悪。<br>見栄、体裁、プライド。
    アイデア発想の3大悪。
    見栄、体裁、プライド。
  3. 「いいね」は、アイデア発想を促す魔法の言葉。
    「いいね」は、アイデア発想を促す魔法の言葉。
  4. アイデア発想で大切なのは、敵対意識より仲間意識。
    アイデア発想で大切なのは、敵対意識より仲間意識。
  5. 掃除をすれば、アイデアが出る。
    掃除をすれば、アイデアが出る。
  6. 人の目は2つしかなくても、視点は無限にある。
    人の目は2つしかなくても、視点は無限にある。
  7. アイデアは、詳細に表現すればいいとは限らない。<br>受け手の想像に任せることで、最終的な表現が完成する。
    アイデアは、詳細に表現すればいいとは限らない。
    受け手の想像に任せることで、最終的な表現が完成する。
  8. 学歴がなくても、いいアイデアを出せる。
    学歴がなくても、いいアイデアを出せる。
  9. 最低最悪のアイデアから始めるほうが、うまくいく。
    最低最悪のアイデアから始めるほうが、うまくいく。
  10. 素晴らしいアイデアが出たから、大きな夢を持つのではない。<br>大きな夢を持つから、素晴らしいアイデアが出る。
    素晴らしいアイデアが出たから、大きな夢を持つのではない。
    大きな夢を持つから、素晴らしいアイデアが出る。
  11. 売れるアイデアを出そうとすると、売れないアイデアしか出ない。<br>売れないアイデアを出そうとすると、売れるアイデアが出る。
    売れるアイデアを出そうとすると、売れないアイデアしか出ない。
    売れないアイデアを出そうとすると、売れるアイデアが出る。
  12. 元気なときしか出ないアイデアがある。<br>落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。
    元気なときしか出ないアイデアがある。
    落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。
  13. みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。<br>1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。
    みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。
    1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。
  14. アイデアが出てから仕事をするのではない。<br>仕事をしながらアイデアを考える。
    アイデアが出てから仕事をするのではない。
    仕事をしながらアイデアを考える。
  15. 3分で思いついたアイデアもあっていい。
    3分で思いついたアイデアもあっていい。
  16. アイデアにも、一期一会がある。
    アイデアにも、一期一会がある。
  17. アイデアは、出せば出すほど、潤沢になる。
    アイデアは、出せば出すほど、潤沢になる。
  18. 秀逸なアイデアに限って、変な場所で浮かぶもの。
    秀逸なアイデアに限って、変な場所で浮かぶもの。
  19. 小さなアイデアほど、大きな影響力を秘めている。
    小さなアイデアほど、大きな影響力を秘めている。
  20. 秀逸なアイデアが思いつくのは、野球のホームランのようなもの。
    秀逸なアイデアが思いつくのは、野球のホームランのようなもの。
  21. 固い頭では、アイデアは出ない。<br>柔らかい頭だから、アイデアが出る。
    固い頭では、アイデアは出ない。
    柔らかい頭だから、アイデアが出る。
  22. アイデアは、いつでもどこでも思いつける。
    アイデアは、いつでもどこでも思いつける。
  23. アイデアの質は、人によって評価が異なる。<br>アイデアの量は、人に関係なく評価される。
    アイデアの質は、人によって評価が異なる。
    アイデアの量は、人に関係なく評価される。
  24. プロジェクト名をつけると、名前のとおりに頭が働き始める。
    プロジェクト名をつけると、名前のとおりに頭が働き始める。
  25. 常識は、守るものではなく、破るもの。<br>アイデア発想では、非常識こそ武器になる。
    常識は、守るものではなく、破るもの。
    アイデア発想では、非常識こそ武器になる。
  26. 感動する機会を増やすことで、アイデアのパワーが強くなる。
    感動する機会を増やすことで、アイデアのパワーが強くなる。
  27. 他人の価値観で考えていると、アイデアが出ない。<br>自分の価値観で考えると、アイデアが出る。
    他人の価値観で考えていると、アイデアが出ない。
    自分の価値観で考えると、アイデアが出る。
  28. 忙しいことを言い訳にしない。<br>移動時間こそ、アイデアを考える絶好のチャンス。
    忙しいことを言い訳にしない。
    移動時間こそ、アイデアを考える絶好のチャンス。
  29. 「アイデアが出なかったらどうしよう」と考えない。<br>「アイデアが出たらどうしよう」と考えよう。
    「アイデアが出なかったらどうしよう」と考えない。
    「アイデアが出たらどうしよう」と考えよう。
  30. 不採用の理由に、アイデアのヒントが隠れている。
    不採用の理由に、アイデアのヒントが隠れている。

同じカテゴリーの作品