アイデア発想

アイデア力を鍛える
30の方法

1
13

みんなのために考えると、
抽象的なアイデアしか出ない。
1人のために考えると、
具体的なアイデアが出る。

みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。 | アイデア力を鍛える30の方法

アイデアを考えるとき、対象人数を広げて考えがちです。

一言で言うと「みんなのために」です。

せっかくアイデアを考えるなら、やはりみんなに喜ばれるアイデアを考えたいと思うもの。

多くの人から認められるアイデアのほうが、たくさんの称賛が得られます。

エジソンが電球を発明して世界を変えたように、自分も世界を大きく変えるアイデアを考えたいと思う。

もちろん多くの人を喜ばせようとする精神はかっこいいですが、ここに落とし穴があります。

世の中には、多種多様な人がいます。

100人いれば、100種類の人がいます。

生まれや育ちの違いがあります。

性別・年齢・国籍の違いもあれば、価値観・考え方の違いもあります。

みんなの事情をくみ取ったアイデアを考えようとすると、範囲が広すぎて、抽象的になってしまいます。

ターゲットがぼやけてしまい、アイデアを具体化させるのが難しくなる。

イメージがもやもやしていると、発想ももやもやします。

発想がもやもやしていると、アイデアも中途半端になる。

ある人の事情を考えると、別の人の事情が抜けてしまい、バランスを整えるのが難しくなります。

みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出なくなるのです。

 

では、どうするか。

アイデアを考えるとき「みんなのため」から始めるのではありません。

「1人のため」から始めましょう。

1人だけでいいので、明確にターゲットをイメージしてください。

身近な人でも、遠くの人でもかまいません。

その1人のために、徹底してアイデアを考えるのです。

みんなに喜ばれるアイデアは難しくても、1人に喜ばれるアイデアなら考えやすくなるでしょう。

1人をイメージすると、態度や表情といったイメージが具体的になります。

「たった1人のためでいい」と思えば、リラックスしながら落ち着いて考えることができるようになる。

ターゲットが明確になることで、具体的に想像でき、アイデアが出やすくなるでしょう。

「この人のために考える!」というターゲットが見つかれば、アイデア発想が成功したも同然。

1人のために考えると、具体的なアイデアが出るのです。

アイデア力を鍛える方法(13)
  • アイデアを考えるときは「みんなのため」より「1人のため」から始める。
アイデアが出てから仕事をするのではない。
仕事をしながらアイデアを考える。

もくじ
アイデア力を鍛える30の方法
みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。 | アイデア力を鍛える30の方法

  1. 力を入れると、アイデアが出ない。<br>力を抜くと、アイデアが出る。
    力を入れると、アイデアが出ない。
    力を抜くと、アイデアが出る。
  2. アイデア発想の3大悪。<br>見栄、体裁、プライド。
    アイデア発想の3大悪。
    見栄、体裁、プライド。
  3. 「いいね」は、アイデア発想を促す魔法の言葉。
    「いいね」は、アイデア発想を促す魔法の言葉。
  4. アイデア発想で大切なのは、敵対意識より仲間意識。
    アイデア発想で大切なのは、敵対意識より仲間意識。
  5. 掃除をすれば、アイデアが出る。
    掃除をすれば、アイデアが出る。
  6. 人の目は2つしかなくても、視点は無限にある。
    人の目は2つしかなくても、視点は無限にある。
  7. アイデアは、詳細に表現すればいいとは限らない。<br>受け手の想像に任せることで、最終的な表現が完成する。
    アイデアは、詳細に表現すればいいとは限らない。
    受け手の想像に任せることで、最終的な表現が完成する。
  8. 学歴がなくても、いいアイデアを出せる。
    学歴がなくても、いいアイデアを出せる。
  9. 最低最悪のアイデアから始めるほうが、うまくいく。
    最低最悪のアイデアから始めるほうが、うまくいく。
  10. 素晴らしいアイデアが出たから、大きな夢を持つのではない。<br>大きな夢を持つから、素晴らしいアイデアが出る。
    素晴らしいアイデアが出たから、大きな夢を持つのではない。
    大きな夢を持つから、素晴らしいアイデアが出る。
  11. 売れるアイデアを出そうとすると、売れないアイデアしか出ない。<br>売れないアイデアを出そうとすると、売れるアイデアが出る。
    売れるアイデアを出そうとすると、売れないアイデアしか出ない。
    売れないアイデアを出そうとすると、売れるアイデアが出る。
  12. 元気なときしか出ないアイデアがある。<br>落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。
    元気なときしか出ないアイデアがある。
    落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。
  13. みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。<br>1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。
    みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。
    1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。
  14. アイデアが出てから仕事をするのではない。<br>仕事をしながらアイデアを考える。
    アイデアが出てから仕事をするのではない。
    仕事をしながらアイデアを考える。
  15. 3分で思いついたアイデアもあっていい。
    3分で思いついたアイデアもあっていい。
  16. アイデアにも、一期一会がある。
    アイデアにも、一期一会がある。
  17. アイデアは、出せば出すほど、潤沢になる。
    アイデアは、出せば出すほど、潤沢になる。
  18. 秀逸なアイデアに限って、変な場所で浮かぶもの。
    秀逸なアイデアに限って、変な場所で浮かぶもの。
  19. 小さなアイデアほど、大きな影響力を秘めている。
    小さなアイデアほど、大きな影響力を秘めている。
  20. 秀逸なアイデアが思いつくのは、野球のホームランのようなもの。
    秀逸なアイデアが思いつくのは、野球のホームランのようなもの。
  21. 固い頭では、アイデアは出ない。<br>柔らかい頭だから、アイデアが出る。
    固い頭では、アイデアは出ない。
    柔らかい頭だから、アイデアが出る。
  22. アイデアは、いつでもどこでも思いつける。
    アイデアは、いつでもどこでも思いつける。
  23. アイデアの質は、人によって評価が異なる。<br>アイデアの量は、人に関係なく評価される。
    アイデアの質は、人によって評価が異なる。
    アイデアの量は、人に関係なく評価される。
  24. プロジェクト名をつけると、名前のとおりに頭が働き始める。
    プロジェクト名をつけると、名前のとおりに頭が働き始める。
  25. 常識は、守るものではなく、破るもの。<br>アイデア発想では、非常識こそ武器になる。
    常識は、守るものではなく、破るもの。
    アイデア発想では、非常識こそ武器になる。
  26. 感動する機会を増やすことで、アイデアのパワーが強くなる。
    感動する機会を増やすことで、アイデアのパワーが強くなる。
  27. 他人の価値観で考えていると、アイデアが出ない。<br>自分の価値観で考えると、アイデアが出る。
    他人の価値観で考えていると、アイデアが出ない。
    自分の価値観で考えると、アイデアが出る。
  28. 忙しいことを言い訳にしない。<br>移動時間こそ、アイデアを考える絶好のチャンス。
    忙しいことを言い訳にしない。
    移動時間こそ、アイデアを考える絶好のチャンス。
  29. 「アイデアが出なかったらどうしよう」と考えない。<br>「アイデアが出たらどうしよう」と考えよう。
    「アイデアが出なかったらどうしよう」と考えない。
    「アイデアが出たらどうしよう」と考えよう。
  30. 不採用の理由に、アイデアのヒントが隠れている。
    不採用の理由に、アイデアのヒントが隠れている。

同じカテゴリーの作品