アイデア発想

アイデア力を鍛える
30の方法

0
12

元気なときしか出ないアイデアがある。
落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。

元気なときしか出ないアイデアがある。落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。 | アイデア力を鍛える30の方法

アイデアを考えるなら、元気なときがチャンスです。

元気なときは、心も体もエネルギーが満ちあふれています。

  • たっぷり睡眠を取ってエネルギッシュなとき
  • 嬉しいことがあってテンションが高いとき
  • 幸せなことがあって幸福感に包まれているとき

元気なときは、体力的にも精神的にも余裕があるので、想像も発想も膨らみやすい。

思考も明瞭で、頭の回転もスムーズ。

気持ちが上向きで、テンションも高い。

集中力も発揮しながらアイデアを考えることができるでしょう。

事実、元気なときしか出ないアイデアがあります。

明るい気持ちのときは、未来的で建設的なアイデアを考えやすい。

活力に満ちあふれているとき、パワーと勢いに任せて明るく考えるといいでしょう。

精神的に明るい状態なら、明るいイメージを浮かべやすい。

元気なときなら「今がチャンス!」と思って、考えられるだけアイデアを考えましょう。

元気なときしか出ないアイデアがあるのですから、元気を生かしてアイデアを考えるのが得策です。

 

では、アイデアを考えるチャンスは元気なときだけかというと、それは違います。

落ち込んでいるときもアイデアを考えましょう。

  • トラブルがあって元気がないとき
  • つらいことがあって心が沈んでいるとき
  • 悲しいことがあって精神状態が不安定なとき

不幸のどん底であってもいいのです。

落ち込んでいるときも、やはりアイデアを考えたい。

落ち込んでいるときしか出ないアイデアもあるからです。

落ち込んでいるときは、心がネガティブになっているため、普段とは違ったことを考える機会になるでしょう。

落ち込んでいるときは、弱者の立場に立って考えやすくなります。

不幸な気持ちを想像しやすくなったり、ネガティブな視点から見たりできるでしょう。

落ち込んでいるときは、絶望の谷に落ちている状態です。

絶望の谷に落ちているときだからこそ、出てくるアイデアがあります。

落ち込んでいる状態もアイデアを考えるチャンスです。

本人にとっては苦しいときですが、そんな最悪の状況すらアイデアに生かしてしまうことです。

落ち込んでいるときを利用すれば、元気なときにはできない、ユニークなアイデアが出るに違いありません。

元気なときも落ち込んでいるときも、アイデア発想に適した状態です。

元気なときしか出ないアイデアがあります。

落ち込んでいるときしか出ないアイデアもあるのです。

アイデア力を鍛える方法(12)
  • 元気なときも落ち込んでいるときも、絶好の機会と考え、アイデアを考える。
みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。
1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。

もくじ
アイデア力を鍛える30の方法
元気なときしか出ないアイデアがある。落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。 | アイデア力を鍛える30の方法

  1. 力を入れると、アイデアが出ない。<br>力を抜くと、アイデアが出る。
    力を入れると、アイデアが出ない。
    力を抜くと、アイデアが出る。
  2. アイデア発想の3大悪。<br>見栄、体裁、プライド。
    アイデア発想の3大悪。
    見栄、体裁、プライド。
  3. 「いいね」は、アイデア発想を促す魔法の言葉。
    「いいね」は、アイデア発想を促す魔法の言葉。
  4. アイデア発想で大切なのは、敵対意識より仲間意識。
    アイデア発想で大切なのは、敵対意識より仲間意識。
  5. 掃除をすれば、アイデアが出る。
    掃除をすれば、アイデアが出る。
  6. 人の目は2つしかなくても、視点は無限にある。
    人の目は2つしかなくても、視点は無限にある。
  7. アイデアは、詳細に表現すればいいとは限らない。<br>受け手の想像に任せることで、最終的な表現が完成する。
    アイデアは、詳細に表現すればいいとは限らない。
    受け手の想像に任せることで、最終的な表現が完成する。
  8. 学歴がなくても、いいアイデアを出せる。
    学歴がなくても、いいアイデアを出せる。
  9. 最低最悪のアイデアから始めるほうが、うまくいく。
    最低最悪のアイデアから始めるほうが、うまくいく。
  10. 素晴らしいアイデアが出たから、大きな夢を持つのではない。<br>大きな夢を持つから、素晴らしいアイデアが出る。
    素晴らしいアイデアが出たから、大きな夢を持つのではない。
    大きな夢を持つから、素晴らしいアイデアが出る。
  11. 売れるアイデアを出そうとすると、売れないアイデアしか出ない。<br>売れないアイデアを出そうとすると、売れるアイデアが出る。
    売れるアイデアを出そうとすると、売れないアイデアしか出ない。
    売れないアイデアを出そうとすると、売れるアイデアが出る。
  12. 元気なときしか出ないアイデアがある。<br>落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。
    元気なときしか出ないアイデアがある。
    落ち込んでいるときしか出ないアイデアもある。
  13. みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。<br>1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。
    みんなのために考えると、抽象的なアイデアしか出ない。
    1人のために考えると、具体的なアイデアが出る。
  14. アイデアが出てから仕事をするのではない。<br>仕事をしながらアイデアを考える。
    アイデアが出てから仕事をするのではない。
    仕事をしながらアイデアを考える。
  15. 3分で思いついたアイデアもあっていい。
    3分で思いついたアイデアもあっていい。
  16. アイデアにも、一期一会がある。
    アイデアにも、一期一会がある。
  17. アイデアは、出せば出すほど、潤沢になる。
    アイデアは、出せば出すほど、潤沢になる。
  18. 秀逸なアイデアに限って、変な場所で浮かぶもの。
    秀逸なアイデアに限って、変な場所で浮かぶもの。
  19. 小さなアイデアほど、大きな影響力を秘めている。
    小さなアイデアほど、大きな影響力を秘めている。
  20. 秀逸なアイデアが思いつくのは、野球のホームランのようなもの。
    秀逸なアイデアが思いつくのは、野球のホームランのようなもの。
  21. 固い頭では、アイデアは出ない。<br>柔らかい頭だから、アイデアが出る。
    固い頭では、アイデアは出ない。
    柔らかい頭だから、アイデアが出る。
  22. アイデアは、いつでもどこでも思いつける。
    アイデアは、いつでもどこでも思いつける。
  23. アイデアの質は、人によって評価が異なる。<br>アイデアの量は、人に関係なく評価される。
    アイデアの質は、人によって評価が異なる。
    アイデアの量は、人に関係なく評価される。
  24. プロジェクト名をつけると、名前のとおりに頭が働き始める。
    プロジェクト名をつけると、名前のとおりに頭が働き始める。
  25. 常識は、守るものではなく、破るもの。<br>アイデア発想では、非常識こそ武器になる。
    常識は、守るものではなく、破るもの。
    アイデア発想では、非常識こそ武器になる。
  26. 感動する機会を増やすことで、アイデアのパワーが強くなる。
    感動する機会を増やすことで、アイデアのパワーが強くなる。
  27. 他人の価値観で考えていると、アイデアが出ない。<br>自分の価値観で考えると、アイデアが出る。
    他人の価値観で考えていると、アイデアが出ない。
    自分の価値観で考えると、アイデアが出る。
  28. 忙しいことを言い訳にしない。<br>移動時間こそ、アイデアを考える絶好のチャンス。
    忙しいことを言い訳にしない。
    移動時間こそ、アイデアを考える絶好のチャンス。
  29. 「アイデアが出なかったらどうしよう」と考えない。<br>「アイデアが出たらどうしよう」と考えよう。
    「アイデアが出なかったらどうしよう」と考えない。
    「アイデアが出たらどうしよう」と考えよう。
  30. 不採用の理由に、アイデアのヒントが隠れている。
    不採用の理由に、アイデアのヒントが隠れている。

同じカテゴリーの作品