執筆者:水口貴博

行動力をつける
30の方法

7
8

始める理由は
「なんとなく」でいい。

始める理由は「なんとなく」でいい。 | 行動力をつける30の方法

何かに取り組むとき、理由を考えていませんか。

始める理由を難しく考えすぎていませんか。

何かを新しく始めるには、理由が必要と思います。

理由があって始めるのが常識であり、当たり前と思います。

きちんとした理由がないと、体裁が整わないため、行動を諦める人も多いでしょう。

もちろん理由は、ないよりあったほうがいいでしょう。

きちんと理由のある行動のほうが、明確な意味が伴っているため、モチベーションが上がります。

熱意や意欲があり、責任感も感じられます。

大きなことに取り組むなら、大きな理由も必要になると思われるでしょう。

理由が明確なら、人に聞かれたとき、上手に説明できます。

響きがよくて立派な理由のほうが、かっこよく聞こえるでしょう。

しかし、ここに先入観があります。

行動に理由は必要ありません。

響きがいい理由もかっこいい理由も大義名分も不要です。

そもそも「行動に理由が必要」という法律もあれば、ルールもありません。

義務教育で染みついた、誤った思い込みです。

はっきりした理由を見つけるまで待っていると、行動が遅くなります。

大きな理由を見つけようとすると、なかなか始められません。

スムーズに未来を切り開くことができなくなるのです。

始める理由はもっと気軽でかまいません。

はっきりした理由はなくていい。

「なんとなく」でいいのです。

「それでは理由にならない」と思いますが、誤解です。

明確に言語化はできないが、心の中でぼんやりした気持ちがあるということです。

少なくともぼんやりした気持ちがあるのですから、それも理由の1つです。

なんとなく心が引かれたら、ゴーサインです。

「理由が曖昧だとすぐ諦める」と思うのは誤解です。

意外と曖昧な理由で始めたほうが長く続きます。

「理由のない行動はうまくいかない」と思うのも誤解です。

肩の力が抜けるので、着手が速くなります。

期待も気合も入っていないため、不必要に悩んだり落ち込んだりすることが少なくて済むので、意外とうまくいきます。

「なんとなくという理由は無責任」と思うのも誤解です。

最初は責任感がなくても、進めていくうちに本格的になって、責任感も出てきます。

たとえ大きな決断が伴うことであっても「なんとなく」という理由で始めてOKです。

むしろ大きな決断が伴うことだからこそ、なんとなく始めましょう。

「どうして始めたのですか」と聞かれたら、こう答えましょう。

「なんとなくです」と。

普通とは違った始め方かもしれませんが、非常識な始め方のほうが非常識が達成できます。

大きな決断をあっさり始めてしまう非常識が、人生を面白くさせるのです。

行動力をつける方法(7)
  • 「なんとなく」という理由で始めよう。
行動に理由はいらない。
理由は後からついてくる。

行動力をつける30の方法
行動力をつける30の方法

  1. あなたに足りないのは、実力ではなく行動力。<br>大きな実力がなければ、小さな実力でやればいい。
    あなたに足りないのは、実力ではなく行動力。
    大きな実力がなければ、小さな実力でやればいい。
  2. とにかく1歩を踏み出せばいい。<br>ためらう暇があるなら、さっさと始めよう。
    とにかく1歩を踏み出せばいい。
    ためらう暇があるなら、さっさと始めよう。
  3. 「とりあえずやってみる」という軽い気持ちで行動しよう。
    「とりあえずやってみる」という軽い気持ちで行動しよう。
  4. 仕事リストを作って、目立つ場所に貼ろう。
    仕事リストを作って、目立つ場所に貼ろう。
  5. 行動にやる気は必要ない。<br>やる気がなくても、行動できる。
    行動にやる気は必要ない。
    やる気がなくても、行動できる。
  6. 行動しないと、ネガティブ思考になる。<br>行動するから、ポジティブ思考になる。
    行動しないと、ネガティブ思考になる。
    行動するから、ポジティブ思考になる。
  7. 始める理由は「なんとなく」でいい。
    始める理由は「なんとなく」でいい。
  8. 行動に理由はいらない。<br>理由は後からついてくる。
    行動に理由はいらない。
    理由は後からついてくる。
  9. 小さなことにこだわっていると、なかなか行動できない。
    小さなことにこだわっていると、なかなか行動できない。
  10. 行動力が出なくて悩んだら、新しい服を買おう。<br>新しい服には、人生を変える力がある。
    行動力が出なくて悩んだら、新しい服を買おう。
    新しい服には、人生を変える力がある。
  11. 「やろうと思っていた」という口癖があると、行動力がつかない。
    「やろうと思っていた」という口癖があると、行動力がつかない。
  12. 「明日から本気を出す」と言う人は、明日になっても本気を出さない。<br>「今すぐ本気を出す」と言う人が、今すぐ本気になる。
    「明日から本気を出す」と言う人は、明日になっても本気を出さない。
    「今すぐ本気を出す」と言う人が、今すぐ本気になる。
  13. 人数が増えると、行動が遅くなる。<br>人数が減ると、行動が早くなる。
    人数が増えると、行動が遅くなる。
    人数が減ると、行動が早くなる。
  14. あなたの行動が遅いのは、メリットを最大化させる習慣のせいかもしれない。
    あなたの行動が遅いのは、メリットを最大化させる習慣のせいかもしれない。
  15. どうせ痛い目に遭うなら早いほうがいい。<br>逃げるより、自分から飛び込んでいこう。
    どうせ痛い目に遭うなら早いほうがいい。
    逃げるより、自分から飛び込んでいこう。
  16. 言い訳をしていると、行動力がつかない。<br>言い訳をやめると、行動力がつく。
    言い訳をしていると、行動力がつかない。
    言い訳をやめると、行動力がつく。
  17. 忙しいときこそ、行動のベストタイミング。
    忙しいときこそ、行動のベストタイミング。
  18. 行動する前から、結果を考えない。<br>結果は後からついてくる。
    行動する前から、結果を考えない。
    結果は後からついてくる。
  19. 「後から」は、行動力を奪うキーワード。<br>「今すぐ」は、行動力をつけるキーワード。
    「後から」は、行動力を奪うキーワード。
    「今すぐ」は、行動力をつけるキーワード。
  20. 人のために行動する人は、感謝され、感動され、愛される。
    人のために行動する人は、感謝され、感動され、愛される。
  21. 待つことが許されるのは、できることをやり尽くしたときだけ。
    待つことが許されるのは、できることをやり尽くしたときだけ。
  22. 責任を嫌がると、行動が遅くなる。<br>責任を持つと、行動が早くなる。
    責任を嫌がると、行動が遅くなる。
    責任を持つと、行動が早くなる。
  23. 悩むことがなかった1日は、何もしなかった1日だ。
    悩むことがなかった1日は、何もしなかった1日だ。
  24. 人の体は、ぜんまい仕掛けの時計と同じ。<br>ぜんまいが緩めば、巻き直せばいいだけ。
    人の体は、ぜんまい仕掛けの時計と同じ。
    ぜんまいが緩めば、巻き直せばいいだけ。
  25. 小さなアリに秘められた、大きな野望。
    小さなアリに秘められた、大きな野望。
  26. いきなり2倍のスピードでなくていい。<br>スピードアップは、1.1倍から始めよう。
    いきなり2倍のスピードでなくていい。
    スピードアップは、1.1倍から始めよう。
  27. 行動力があるから、夢リストを作るのではない。<br>夢リストを作るから、行動力が生まれる。
    行動力があるから、夢リストを作るのではない。
    夢リストを作るから、行動力が生まれる。
  28. 期待に応えて、満足するのではない。<br>期待を超えて、感動させるのだ。
    期待に応えて、満足するのではない。
    期待を超えて、感動させるのだ。
  29. 神様について勉強するのも大切。<br>自分について勉強するのはもっと大切。
    神様について勉強するのも大切。
    自分について勉強するのはもっと大切。
  30. 明るい未来を信じない人には、暗い未来しかやってこない。<br>明るい未来を信じて行動する人には、明るい未来がやってくる。
    明るい未来を信じない人には、暗い未来しかやってこない。
    明るい未来を信じて行動する人には、明るい未来がやってくる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION