執筆者:水口貴博

好きな人に告白する30の方法

25

告白も、1つの競争。

告白も、1つの競争。 | 好きな人に告白する30の方法

告白は、先に延ばさないほうが賢明です。

告白を延ばすことは、告白できなくなる可能性があるということです。

つまり、その人がほかの誰かと付き合ってしまうかもしれないということです。

「今度告白しよう。チャンスがあれば告白しよう」なんて言っていると、それだけでどんどん時間が経ってしまいます。

相手に付き合っている人が誰もいない状態でも、もしかしたらそのうち誰かに先に告白され、付き合ってしまうかもしれません。

告白も1つの競争です。

魅力的な人は、付き合いたいと願う競争相手も数多く存在します。

いいなと自分が思う人は、やはりほかの人にもモテるのです。

いいなと思う人はあなただけに限らず、あなたの知らないところで、潜在的にもっとたくさんいるのです。

もたもたしていると先に告白されます。

相手が先に付き合い始めてからでは、単なる告白も「略奪愛」になります。

先に延ばしがちな告白を、今からしてしまいましょう。

今だったら、あなたが一番乗りです。

好きな人に告白する方法(25)
  • 告白のタイミングは、遅くなりすぎないように気をつける。
「告白」は「濃く吐く」ほうがいい。

好きな人に告白する30の方法

  1. さあ、恋愛を始めよう。
  2. 告白までの準備が大切。
  3. 告白とは、日常の小さなアピールのこと。
  4. 会話の量が、理解の量。
  5. 愛着は、プライベートを話したときに、湧いて出てくる。
  6. 告白とは、プライベートを告白するということ。
  7. 自分から心を開いていこう。
  8. 恋人になれるのか。
    それとも友人で終わるのか。
  9. 自信がないから告白できないなら、もっと自分を磨くこと。
  10. 自慢話はしないこと。
    失敗談が告白になる。
  11. 魅力とは、相手を魅了する力のこと。
  12. あなたの魅力は「1人の時間」から生まれる。
  13. 告白をしなければ、お付き合いができないわけではない。
  14. 手伝ってもらう告白より、自分の口から言うほうがいい。
  15. 雰囲気を大切にすると、告白の成功率を上げることができる。
  16. 開放感がある放課後は、告白にうってつけ。
  17. 相手が何かに夢中になっているときには、告白するのは控えること。
  18. 言いやすい雰囲気が、告白するべき瞬間とは限らない。
  19. コンプレックスを解消して、自分を向上させていこう。
  20. 振り向いてもらうために、自分を磨いて輝かせていこう。
  21. 告白は大変なことではない。
    ただ自分が大変なことにさせているだけ。
  22. 「告白したい」を「告白する」に変えるだけ。
  23. 心の距離は、会った回数に比例する。
  24. 告白の言葉は考えない。
    素直な気持ちを伝えればいい。
  25. 告白も、1つの競争。
  26. 「告白」は「濃く吐く」ほうがいい。
  27. 友人に相談すると、かえってどうすればいいのかわからなくなる。
  28. あなたが恋に悩んでいるということは、それだけ好きだという証拠。
  29. 隙があるほうが、好きになってもらえる。
  30. 告白は、単なる1つの通過点。

同じカテゴリーの作品

1:35

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION