告白

好きな人のハートを射止める
30の方法

  • ハートを射止めることは、
    現実の弓矢と同じこと。
好きな人のハートを射止める30の方法

もくじ

ハートを射止めることは、現実の弓矢と同じこと。

ハートを射止めることは、現実の弓矢と同じこと。

好きな人がいると、気になります。
好きな人であるだけに頭から離れず、いっそのことお付き合いをしてみたいと考え始めることでしょう。
人として当然のことであり、好きな人とは一緒になりたいものですよね。

恋は、情報戦。

恋は、情報戦。

好きな人のハートを射止める最初のステップは、相手を知ることです。
まずは情報が必要です。
情報なくして、挑戦は始まりません。

相手に迷惑をかけるから、ストーカーになる。

相手に迷惑をかけるから、ストーカーになる。

日常で普通に好きな人と接していれば、それだけで相手のことをよく知ることができるようになります。
勉強とは大げさな表現ですが、ただ単純に「よく会い、よく話し、よく笑う」を重ねて増やしていけばいいのです。
学校の勉強と同じように、勉強する時間が長ければそれだけよく勉強ができます。

好きな人のことがわかったら、好みに合わせて話を進めていこう。

好きな人のことがわかったら、好みに合わせて話を進めていこう。

最初のステップ(1)の「好きな人のことに詳しくなる」が達成できれば、次のステップです。
次のステップは「相手のハートに集中する」です。
相手の趣味や好み、好きな映画やスポーツの傾向がわかれば、次はそこを重点的に攻めるのです。

好きな人の脇役になるから、必要とされる。

好きな人の脇役になるから、必要とされる。

テレビのドラマであれほどまでに主人公がかっこよく映っている影には、必ず名脇役の存在があります。
「名脇役(めいわきやく)」とは、2番目の主人公で、主役ではなく主役を引き立てるために存在する役者です。
主役ほど目立ちません。

好きな人を攻略するために、形の変わるピースになろう。

好きな人を攻略するために、形の変わるピースになろう。

好きな人との接し方には、臨機応変が必要です。
これといった決まりきった答えがあるのではなく、時と場合によって答えも変化をしていくということです。
あなたはハートを射止めるために、ジグソーパズルのピースのような存在になりましょう。

ハートを射止める矢には、2種類ある。
精神的な「ハート」と物質的な「物」。

ハートを射止める矢には、2種類ある。精神的な「ハート」と物質的な「物」。

「好きな人に合わせて集中する」の攻略について、さらに話を進めていきます。
ポイントは、ハートはハートによって射止めることが、最も効果が大きいということです。
ハートを射止めるための矢には、2種類あります。

精神的な「ハート」が先にあって、物質的な「物」がくる。

精神的な「ハート」が先にあって、物質的な「物」がくる。

ハートを射止めるための矢で大切なことは、物質的な「物」ではなく精神的な「ハート」だと言いました。
せっかくですから、物質的な「物」をあげておきましょう。
これらを扱うときには要注意です。

最後にハートを目がけて、告白しよう。

最後にハートを目がけて、告白しよう。

好きな人のことに詳しくなり、好きな人の心に近づくことができれば、いよいよ最後の弓矢を放つときです。
最後の段階である「弓をさっと放つ」という段階です。
お付き合いのためにアクションをするということです。

ほとんどの人が、自分から幸せを捨ててしまっている。

ほとんどの人が、自分から幸せを捨ててしまっている。

成功できる人とできない人の違いは、自分を信じているかどうかにあります。
うまくいく人には決まって「自分はうまくいく!」という強い考え方があります。
またその逆にうまくいかない人には「自分がうまくいくはずがない……」という弱い考え方があります。

遠回しなことばかりしているから、気持ちが伝わらない。

遠回しなことばかりしているから、気持ちが伝わらない。

遠慮で控えめな日本人は「行動しないこと」が大得意です。
そんな日本人は、特に恋愛においても行動が鈍いです。
好きなのに好きと言わない人がなんと多いことか。

失敗をしないと、自分の悪いところにさえ気づかない。

失敗をしないと、自分の悪いところにさえ気づかない。

私は告白をして、何度か断られてしまったことがあります。
どちらかといえば、成功より、失敗のほうが多くあります。
「なぜ自分はこれほどうまくいかないのだろう」

恋愛は、待つものではない。

恋愛は、待つものではない。

先日、読者からある相談メールをいただきました。
>好きな男性がいるのですが、すでにその人には彼女がいます。
>それでも告白したら、

内面を磨かずに、外見をブランドで固めていると「豚に真珠」になってしまう。

内面を磨かずに、外見をブランドで固めていると「豚に真珠」になってしまう。

好きな人の前では輝いた自分を見てもらいたいと思うのは、当然のことです。
美しくお化粧したり、かわいい洋服やかっこいい服を着たり、ブランドのバッグを持ったりなどです。
もっと自分のことを見つめてもらいたいと思うことは、人間なら誰しも思うことです。

外見と内面のバランスを整える2つの方法。

外見と内面のバランスを整える2つの方法。

外見を磨くのは、簡単なことです。
きれいな服を着ればいいだけのことです。
もちろん自分の個性に合った服やアクセサリーなどがあります。

見えないところでの努力が、内面的な魅力になる。

見えないところでの努力が、内面的な魅力になる。

内面的な魅力は、友達からは見えないところで磨かれます。
友達と一緒にいる時間ではなく、1人になったとき、自分を磨けるようになります。
自分に集中できるのは、1人の時間のとき。

愚痴・悪口・噂を口にすると、あなたの魅力を落としてしまう。

愚痴・悪口・噂を口にすると、あなたの魅力を落としてしまう。

魅力を磨くために、口にしてはならないことがあります。
愚痴・悪口・噂です。
これらを口にしたとたん、あなたの魅力は下がってしまいます。

ハートを射止めるノウハウより、自分の魅力を磨くほうが大切になる。

ハートを射止めるノウハウより、自分の魅力を磨くほうが大切になる。

さて、内面的な魅力について、いろいろと話を進めてきました。
読者であるあなたは「話が脱線している」と思っているのではないでしょうか。
もしそう思っていれば、とんだ間違いです。

白い歯を見せた笑顔で、ハートを射止める。

白い歯を見せた笑顔で、ハートを射止める。

人がどきどきを感じるのは、白い歯を見せた笑顔のときです。
白い歯を見せた笑顔ほど、どきっとする表情はありません。
にっこり笑う表情は、思わずこちらまでにっこりしてしまいます。

最高の自分を見せようとすると、最低の自分になってしまう。

最高の自分を見せようとすると、最低の自分になってしまう。

好きな人を目の前にすると、つい最高の自分を見せたくて強がってしまいます。
もっと自分のことを気に入ってもらいたいという一心で「最高の自分」を演じてしまいます。
しかし、最高の自分なんていつでも出せるわけではなく、ほとんどの場合空回りをしてしまい、最高どころか最低の自分になります。

好意の伝え方は、少しずつ。

好意の伝え方は、少しずつ。

好意は、一度にどっさり与える必要はありません。
一度にどっさりだと与えるほうも受け取るほうも、大変になります。
ケーキは一切れずつ食べるからおいしいのであって、一度に全部まるごと食べようとすると、たいてい食べきれません。

小さな好意とは、小さな告白。

小さな好意とは、小さな告白。

好きな人だからすぐ告白という手もありますが、たいていの場合はうまくいきません。
お互いにきちんと理解し合えていない状態で、告白にOKが出ることのほうが珍しいのです。
告白は日常で接していくすべての好意が、小さな告白と考えることです。

知られていない恋愛のポイント。
「忍耐力」

知られていない恋愛のポイント。「忍耐力」

恋愛とは、ほとんどの場合、まず片思いから始まります。
お互いに引かれ合うケースもありますが、まれなケースです。
たいていの場合、どちらか一方が好意を持ち始めます。

計画ばかりに気をとられすぎない。

計画ばかりに気をとられすぎない。

好きな人と一緒になるときには、計画を考えます。
「どんな話をして、どんな態度で、どんな感じで話そうかな」
「どこへ行って、何を食べようかな」

自分の人生は、自分の力で切り開く癖をつけておくこと。

自分の人生は、自分の力で切り開く癖をつけておくこと。

私は以前、読者からの悩みに答えていた時期がありました。
好きな人への告白は、友達に手伝ってもらうと、楽になります。
「私もアドバイスを直接できればいいのではないか」と思っていました。

矢を放つことは、自分の仕事。
友達に手伝ってもらうことはやめよう。

矢を放つことは、自分の仕事。友達に手伝ってもらうことはやめよう。

自分の人生を切り開く人は、自分以外にいません。
ハートを射止める矢を放つ人も、自分以外の誰でもありません。
特に若い方々は、まだ経験が浅いがゆえに「手伝ってもらう恋愛」をしてしまいがちです。

イベントという1つの目標があると、心が1つになりやすくなる。

イベントという1つの目標があると、心が1つになりやすくなる。

学校には定期的にイベントがあります。
運動会や文化祭などの大きなイベントのことです。
私が学生時代、学校のイベントのときには決まっていつも不思議な出来事が起こっていました。

相手を心配する気持ちが、射止める矢になる。

相手を心配する気持ちが、射止める矢になる。

相手の心を動かす上手なコミュニケーションというのは「心配」が含まれている会話のことです。
心配という表現で、好きだという気持ちを表現できます。
人から「大丈夫?」と心配されると、嬉しくなってしまいますよね。

明るい話題が、あなたをイメージアップさせる。

明るい話題が、あなたをイメージアップさせる。

ハートを射止めるために、相手の心を無理やり変えてしまうのは大変です。
時間がかかり努力も必要で、なかなか思うようにいきません。
それで自分は恋愛が下手なんだと自己嫌悪になってしまう人がいます。

まめにコミュニケーションを取っていく。

まめにコミュニケーションを取っていく。

特に好きな人とは、まめにコミュニケーションを取っていきましょう。
好きな人と重点的にコミュニケーションを取っていけばそれだけコミュニケーションの量が増えていきます。
大切なことはお互いがお互いのことを理解し合うことです。

同じカテゴリーの作品