告白

告白の成功率を上げる
30の方法

  • メールアドレスも電話番号も知らない状態で、
    告白はするべからず。
告白の成功率を上げる30の方法

もくじ
  1. メールアドレスも電話番号も知らない状態で、告白はするべからず。

    告白は勇気があれば、いつでもできます。
    年齢制限、場所の制限もありません。
     

  2. 恋愛で、必死になってはいけない?

    好きな人のハートを射止めようとするとき、必死になるのはよくありません。
    必死になると、怖いです。
    何が何でも手に入れようとする必死さは、自然と外に現れます。

  3. 告白のときに、敬語を使うと、本気が伝わりやすい。

    告白する直前の関係は、おそらくかなり親しい関係になっていることでしょう。
    親しい関係ですから、告白をするとき、つい軽い口調になってしまいやすい。
    「付き合ってよ」

  4. 「like」を強調するのは、告白の基本。

    ある異性から、次のような言葉をかけられました。
    どちらのほうが、より気持ちが伝わってきますか。
    直感に従って、素直に感じ取りましょう。

  5. 昼間に告白すると、白けやすい。
    告白は、薄暗い場所や時間帯を狙え。

    ただやみくもに告白をするのではない。
    どうせ告白をするなら、薄暗いところがおすすめです。
    そうなるような時と場所を選びましょう。

  6. 告白の言葉に「with」を含めると、成功しやすい。

    告白のとき「with」というキーワードを含めましょう。
    「一緒に」もしくは「2人で」という意味です。
    もしくはそうした意味を込めたニュアンスを含めるのです。

  7. 少し大げさな表現を含めたほうが、告白にはちょうどいい。

    「only」は、心を動かすキーワードです。
    ほかにいい人がたくさんいると思っても「世界であなたしかいません」と言われると、逃げようがありません。
    ベストは、1人しかない。

  8. 告白で一度断られても、社交辞令だと考える。

    一度告白をして、断られて諦める人が実に多い。
    なぜか多くの人が1回断られるくらいで、あっさり諦めてしまいます。
    つくづく思うのですが、そんなルールはありません。

  9. バレンタインデーに告白する勇気のない人が、上手に告白する方法。

    日本には、バレンタインデーがあります。
    本来は、ローマの司祭「バレンタイン」が殉教した記念日を意味します。
    日本では、女性が男性に愛を告白できる日として、チョコレートを渡す日と思われていることが多いようです。

  10. 1年の中で、最も告白の成功率の高い日とは。

    1年の中で告白の成功率の高い日があります。
    相手の誕生日です。
    誕生日は、告白の成功率がうんと上がります。

  11. ここだけの話。
    告白でNOと言いにくい絶妙な状況とタイミング。

    1年の中で最も告白の成功率が高くなるのは「好きな人の誕生日」です。
    誕生日は、誰もがよい1日にしたい心理が働きます。
    相手の機嫌がよくなる日ですから、告白をしたとき、OKがもらいやすくなるのです。

  12. 人は、自分の好きな人について尋ねてくる人を、好きになる。

    「あなたに興味があります」
    「あなたのことをもっと知りたいです」
    好きな人に対しては、誰でもそう思いますね。

  13. 声が聞きたいという理由だけで、電話をしてもいい。

    好きな人に電話をするときは、どのようなときですか。
    よくある用事は「暇だから」や「何となく」です。
    「暇だから電話した」

  14. 「1人では行きにくい」という理由をつければ、デートに誘いやすくなる。

    相手をデートに誘い出すのは、勇気が必要です。
    勇気が必要です。
    それなりの関係でなければ、おそらく断られることでしょう。

  15. 相手に大きな変化が訪れる瞬間は、告白のチャンス。

    大きな変化は、人生にはつきものです。
    大きな変化を受け入れざるを得ないときに便乗して告白をすれば、成功率が上がります。
    相手に大きな変化が訪れる代表的なタイミングは、3つあります。

  16. 相手が悲しんでいるときは、告白のタイミング。

    「家族の1人が亡くなった」
    「大事なペットが死んでしまった」
    「付き合っている人から振られた」

  17. 話の流れで、急な告白があってもいい。

    人との付き合いには「意外な流れ」があります。
    たまたま雨の日に、好きな人とばったり会った。
    たまたま相手が傘を忘れて、困っていた。

  18. 傷つかない片思いに逃げていると、いつか後悔する。

    片思いのままでいい人がいます。
    片思いは、楽です。
    傷つかないからです。

  19. 自分磨きをする人にありがちな、恋愛の矛盾。

    自分磨きに一生懸命な人がいます。
    自分磨きはもちろん大切です。
    恋愛には欠かせません。

  20. 好きな人の友達に幸せが訪れたときこそ、告白のチャンス。

    好きな人の身近な人に幸せが訪れたときは、告白のチャンスです。
     
    たとえば、好きな人の友達が付き合い始めたときや、結婚をすることになったときです。

  21. 乗馬の騎士から学ぶ、一体感を出すコツ。

    乗馬では、一体感が重要です。
    人と馬という、まったく別々の存在が協力し合いながら、競馬に臨みます。
    競馬は、人と馬との連携です。

  22. 「付き合っている人、いるでしょ」と聞くのは、すでに告白である。

    告白をする前に、そもそも相手が誰かと付き合っているのか気になるところです。
    好きな人の友達に聞いてみるのも1つの方法です。
     

  23. すでに付き合っているなら、2番目を狙えばいい。

    「ごめん。すでに付き合っている人がいます」
    告白をしたとき、残念ながらすでに付き合っている人がいると言われることがあります。
    あなたが魅力を感じるくらいの人なら、ほかに付き合っている人がいるのも不思議ではありません。

  24. 電話番号をもらった瞬間に電話をかける、うまい口実。

    電話番号を入手すれば、1回目の電話は、できるだけ早くかけましょう。
    「1回でもかけたことがある」と「1回もかけたことがない」は、天と地の差です。
    1回でもかけたことがあるなら、2回目も3回目もかけやすくなります。

  25. 好きな人の名前を書くとき、あなたの深層心理が表に出る。

    突然ですが、お願いがあります。
    紙を用意して、好きな人の名前を書いてください。
    書くまで、ここから先の文章を読むのは一時中断です。

  26. 告白の成功率を上げるなら、食後を狙え。

    告白には、タイミングがあります。
    成功率が高くなるタイミングはさまざまですが、特に成功率が高くなるのは「食後」です。
    告白の成功率を上げるなら、食後が狙い目です。

  27. ラフな格好で告白をすると、冗談なのかと誤解されやすくなる。

    告白するときには、服装が重要です。
    たかが服装と侮ってはいけません。
    服装によって、告白の成功率に大きな変化があります。

  28. 言いにくい言葉は、メールで伝える。
    本気を伝えるときは、会って伝える。

    今と昔との恋愛の違いに、メールが使えるかどうかがあります。
    メールは、昔にはなくて、今はある、特殊な手段です。
    メールのいいところは「言いやすいこと」です。

  29. 告白前に「2日連続でデート」を経験しておく。

    告白の成功率を高めるために、告白前、しておきたいことがあります。
    好きな人と2日連続でデートをする経験です。
    週に1回のデートを2週連続するのは、友達関係でもあり得ます。

  30. どうせ無理だと思うなら、なおさら告白しやすいはずだ。

    自分には、レベルが違いすぎる人がいます。
    どんなクラスにも人気者がいて、いつも多くの人に囲まれている人がいます。
    人気者だけのことはあり、告白を考えても「どうせ無理だろう」と諦めがちです。

同じカテゴリーの作品