失恋・別れ

別れたいのに別れられないときの
30のポイント

読んだ お気に入り0
8

「別れるくらいなら殺してやる」と
「別れるくらいなら死んでやる」。

「別れるくらいなら殺してやる」と「別れるくらいなら死んでやる」。 | 別れたいのに別れられないときの30のポイント

「別れるくらいなら殺してやる」

「別れるくらいなら死んでやる」

この2つは、映画やドラマで、恋人との別れ話がこじれたときによく聞かれるセリフです。

もちろん現実の別れ話でも、ときどき登場することがあります。

どちらも危険な言葉ですが、法的な点では大きく意味が異なります。

別れのとき、自分が言うことはないはずですが、相手から言われるかもしれません。

法律が関わる言葉なので、法律の観点から一度整理しておきましょう。

「別れるくらいなら殺してやる」という言葉の場合

「別れるくらいなら殺してやる」という言葉は、相手の生命を脅かす発言であるため、脅迫罪に当たります。

そのときの発言を録音しておけば、脅迫罪として警察に訴えたり処罰を与えたりできます。

そのほか「別れたら、あなたの秘密をばらすよ」などの一言も脅迫罪に当たります。

「別れるくらいなら死んでやる」という言葉の場合

「別れるくらいなら死んでやる」という言葉は脅しに聞こえますが、脅迫罪として成立は難しいでしょう。

あくまで自分が死ぬことなので、基本的に脅迫罪には当たりません。

 

ただし「私が死んだらあなたのせい」「私が死ねば、あなたの家族に危害が及ぶだろう」などの言葉は要注意です。

相手の生命や生活などに危害を加える可能性があることを示唆しているため、脅迫罪に当たる可能性があります。

 

さて、別れを切り出す側であれ、切り出される側であれ、どちらの言葉も禁句です。

別れ話がどんなにこじれても、発言しないこと。

過激な言葉で別れを強行すると、法的な問題も加わり、別れ話がさらにこじれる可能性があります。

まとめ

別れたいのに別れられないときのポイント その8
  • 脅迫するような発言で、別れを強行しない。
「別れるくらいなら死んでやる」と言われたときの返事に注意。

もくじ
別れたいのに別れられないときの30のポイント
「別れるくらいなら殺してやる」と「別れるくらいなら死んでやる」。 | 別れたいのに別れられないときの30のポイント

  1. なぜ別れ話は、こじれるのか。
  2. 引き止められやすい理由は、あらかじめ論理武装が必要。
  3. なかなか別れてもらえなくても、いらいらしない。
  4. 別れ話を切り出したとき、相手が半狂乱になれば、どうするか。
  5. 別れてすぐ友達関係に戻るのは、意外と難しい。
  6. ストーカーをされて、別れたくても別れられない。
  7. こそこそ別れようとするから、どろどろになる。
    はっきり別れようとすると、スムーズになる。
  8. 「別れるくらいなら殺してやる」と「別れるくらいなら死んでやる」。
  9. 「別れるくらいなら死んでやる」と言われたときの返事に注意。
  10. 会って話そうとしない人の心理とは。
  11. 状況によっては、手切れ金の活用もあり。
  12. 感情的になると、きちんとした別れ話ができなくなる。
  13. 頑張れば可能性がある言い方は避ける。
  14. 同情と愛情は違う。
    何回も別れ話をするカップルは、長続きしない。
  15. 別れの言葉は、うっすら伝えるものではなく、はっきり伝えるもの。
  16. 理由を伏せたまま別れ話に納得させるのは、現実的に難しい。
  17. 納得できない別れ話は、納得できるまで話し合ったほうがいい。
  18. 自分が悪くなくても、素直に謝っておくほうが、スムーズに別れられる。
  19. 曖昧な恋人関係は麻薬のようなもの。
    いつでも別れられると思いながら、別れられない。
  20. 「あなたがいないと生きていけない」と言われたときの返事。
  21. 「別れたくない」と拒む人は、否定することで、心の準備をしている。
  22. よい友達関係を維持したければ、適度な距離感が大切。
  23. 別れがこじれたら「こんなこともあるのだな」と思って、たくさん学べばいい。
  24. 自分の浮気が原因で別れ話を切り出し、なかなか応じてくれないとき。
  25. 別れ話を切り出したとたん、音信不通になったとき。
  26. お互いの距離が近すぎて、別れにくいとき。
  27. 別れなかったときのデメリットと最悪の状況を把握していますか。
  28. 別れに伴う変化は、怖がるものではなく、楽しむもの。
  29. 恋人が別れてくれない悩みは、警察に相談できるのか。
  30. 徹底的に接触を断つと決めたら、徹底的に貫く。

同じカテゴリーの作品