恋愛がしたい

恋愛がしたいときの
30の言葉

読んだ お気に入り10
1

恋愛は
「才能」や
「生まれつきの差」ではない。
日々の努力と勉強で向上していけるもの。

恋愛は「才能」や「生まれつきの差」ではない。日々の努力と勉強で向上していけるもの。 | 恋愛がしたいときの30の言葉

「恋愛には才能が必要」

「恋愛は生まれつきの差がすべて」

そう思っているなら、誤解です。

 

たしかに恋愛には、才能や生まれつきの差が関係する場面もあります。

もともと恋愛のセンスがあって、言葉遣いや振る舞いが美しい人なら、多少の得はあるかもしれません。

そもそも生まれつき顔立ちやルックスがよければ、やはり恋愛には有利に働くでしょう。

「やはり顔だよね」「自分は生まれつき、恋愛に向いていない」など、愚痴を言いたくなるときもあるでしょう。

 

しかし、それは挽回できない差ではありません。

態度や言葉遣いなどの振る舞いも、磨けばいい。

センスも、経験量を増やして、身につけていけばいい。

相手の心を引き寄せるような接し方も、あなたの心がけしだいです。

顔立ちに恵まれていなくても、メイクやファッションで挽回すればいい。

ルックスが悪ければ、トレーニングやダイエットをすればいい話です。

それらはすべて、自分の努力しだいでできることですね。

「無理だ。できない」など、弱音を吐いているだけでは進歩も改善もありません。

恋愛を「才能」「生まれつきの差」などの言葉で片付けないことです。

恋愛は、努力と勉強をしっかりすれば、劇的に向上します。

本屋に行けば、恋愛に関する本はたくさんあります。

言葉遣いを少し変えるだけでも、恋愛力はアップできます。

それは、今から「頑張ろう」と意識すれば、すぐできることです。

今すぐにでも恋愛力の向上に励めば、多少時間はかかっても、確実に磨かれていきます。

恋愛は「才能」や「生まれつきの差」ではありません。

日々の努力と勉強で向上していけるものなのです。

まとめ

恋愛がしたいときの言葉 その1
  • 恋愛を「才能」や「生まれつきの差」で片付けるのではなく、努力と勉強で向上させるものと考える。
誰かを好きになる前に、まず自分を好きになる。

もくじ
恋愛がしたいときの30の言葉
恋愛は「才能」や「生まれつきの差」ではない。日々の努力と勉強で向上していけるもの。 | 恋愛がしたいときの30の言葉

  1. 恋愛は「才能」や「生まれつきの差」ではない。
    日々の努力と勉強で向上していけるもの。
  2. 誰かを好きになる前に、まず自分を好きになる。
  3. 頭を恋愛モードに切り替えて、恋愛に最適な状態を作り出す。
  4. 思わぬ出会いをしたければ、いつもと違う行動パターンが必要。
  5. 気になるのは、好きになり始めている証拠。
  6. 好きな人に出会えたことは、神様が仕組んだお見合い。
  7. 恋愛を応援する音楽は、恋愛モードのスイッチを入れる力がある。
  8. 誰かを好きになるのは、あなたの中に愛がいっぱい詰まっている証拠。
  9. 恋をすると、何でもないことが刺激的になる。
  10. 恋愛経験がない人ほど、実は勇気が出やすい。
  11. さわやかに「はい!」と言える人が、恋のチャンスをつかむ。
  12. 好きな人の前で、眠い顔を見せない。
  13. 恋愛をしたいから付き合いたいのか。
    好きな人ができたから付き合いたいのか。
  14. 恋愛がしたいからとはいえ、適当な人と付き合うのはやめる。
  15. 言葉で説明できないくらい、好きな気持ちを持とう。
  16. 前の恋愛に苦い思い出があるから、次も同じだと考えない。
  17. 会話に相手の名前を含めるのは、言葉でキスをしているのと同じ。
  18. つまらないプライドを捨てないと、恋人はできない。
  19. 恋のアプローチは大切。
     ただし、相手の重荷になってはいけない。
  20. うまくいくかどうかの保証なんて、気にするな。
  21. 恋愛は、うまくいきやすい方法はあっても、必ずうまくいく方法はない。
  22. 理想とは、思い浮かべるものではなく、実現させていくもの。
  23. 「好き」という言葉を恥ずかしがっているようでは、うまく気持ちを伝えられない。
  24. 年齢にこだわっていると、恋愛のチャンスを失う。
  25. 世の中のカップルは、似たもの同士が付き合うようになっている。
  26. 他人の恋ばかり気にしていると、自分の恋を見失う。
  27. 自己否定する発言を繰り返していると、本当にそうなってしまう。
  28. 「出会い運がない」と言えば言うほど、ますます出会い運が下がる。
  29. たった一言・たった1分であっても「今日は好きな人と会話ができた」と考えていい。
  30. 「本気で人を愛した」という経験は、人生に一度くらいあったほうがいい。

同じカテゴリーの作品