恋愛がしたい

恋の駆け引きに強くなる
30の方法

  • 神様は、
    恋愛の努力を人任せにする人の応援はしてくれない。
恋の駆け引きに強くなる30の方法

もくじ
  1. 神様は、恋愛の努力を人任せにする人の応援はしてくれない。

    普通に知り合って、自然と仲良くなるケースもあります。
    たまたま隣にいた人と、たまたま話をする機会があり、たまたま仲良くなって、結ばれた。
    そういうことが、あるのも事実です。

  2. 恋愛がうまくいかない人は、わざとらしい行動・発言・態度に、罪悪感を持っている。

    好きな人を振り向かせたければ、普通に接していてはダメです。
    変な話に聞こえるかもしれませんが、本当です。
    普通にすればすべてがうまくいくと言いたいところですが、残念ながら逆です。

  3. あなたの常識が、恋の邪魔をしていませんか。

    「恋のアプローチは男性から」
    これはおおむね世界共通の認識です。
    男性のほうが力があり、女性を引っ張っていくようなイメージがあります。

  4. 相手の好みに合わせて、髪型を変えてみる。

    会話の最中、こっそり髪型について聞いてみましょう。
    「ねえねえ。どういう髪型がタイプなの?」
    あくまで、こっそり聞くのがポイントです。

  5. 変わった素材の服を着て、体の一部に触れてもらう機会を積極的に作る。

    相手にあなたのことを意識させるためには、体の一部に触れてもらう機会を作ることが大切です。
     
    たとえば、握手のとき手に触れるだけで、どきっとしますね。

  6. 恋への勇気を出すために、恋物語の映画を見る。

    勇気は、出そうと思って、なかなか出るものではありません。
    特に、恋への勇気は厄介です。
    恥ずかしさやもどかしさがあって、なかなか勇気ある一歩を踏み出せないのです。

  7. なぜ、映画館は暗いのか。

    恋の勇気は、恋物語を見て奮い立たせましょう。
    恋物語には、恋のアプローチについての具体例がたくさん登場します。
    映画を見て、笑ったり泣いたりしているうちに、自然と勇気が出てきます。

  8. ニックネームで呼んでもいいことを、伝える。

    アメリカ留学時代、現地の驚いた文化がありました。
    アメリカでは、初対面からいきなりニックネームで呼んでもいいことを相手から許可されます。
    アメリカでは珍しいことではありません。

  9. 「相手の名前」は、基本的な恋愛キーワード。

    気になる人のことを、どう呼んでいますか。
    「ねえねえ」
    「ちょっと」

  10. 風邪と恋愛の、深くて意外な関係?

    あなたが風邪を引いたときのことを思い出しましょう。
    1日中、ベッドで寝込んでいる。
    そんなとき、看病をしてくれる母をいつも以上に温かく感じられたことはありませんか。

  11. 輝く笑顔とは、最初からあるものではない。
    練習して身につけるものだ。

    雑誌の特集で、大物女優の卒業アルバムを見たことがありました。
    「美しい女優は、きっと昔から顔形が整っているのだろう」
    期待していた私は、意外な事実に度肝を抜かれます。

  12. お風呂場は、体と笑顔を磨く場所。
    笑顔の研究と練習を日課にする。

    嬉しいことや楽しいことがあったとき、自然と笑顔になります。
    笑顔は、練習を重ねると、さらに輝きを増します。
    毎日お風呂上り、鏡の前で笑顔の練習をしましょう。

  13. 好きな人の誕生日当日0時0分に、おめでとうメールを送る。

    好きな人の誕生日に、おめでとうメールを送ってください。
    「お誕生日おめでとう!」という内容だけでも結構です。
    わざわざ自分の誕生日を覚えてくれていたのかと、喜ばせることができます。

  14. ミニスカートは、意識改革のための服装だ。

    街中ですれ違うミニスカートをはいた女性をよく見てみましょう。
    さすがミニスカートをはくだけのことはあり、スタイルのいい人ばかりでしょう。
    「自分にミニスカートをはく資格なんてない」

  15. 恋愛上手は相談上手。
    相談は、強力な接近手段になる。

    好きな人に急接近できる方法があります。
    相談を持ち掛けることです。
    今あなたが抱いている悩みの1つで、相手が解決できそうなことを考えてみましょう。

  16. 好きな人と、恋愛について語り合える時間を作る方法。

    会話には「テーマ」があります。
    時と場合によって、会話のテーマはさまざまですが、あえて「恋愛」というテーマで話をしてみましょう。
    さりげなく、会話のテーマが「恋愛」になるように流れを変えます。

  17. 何気なく読んでいる雑誌が、好きな人と近づくきっかけを作る。

    好きな人と近づくにはどうすればいいのでしょうか。
    心の距離ではなく、物理的な距離です。
    いきなり相手に近づくのは難しい。

  18. 暑くて機嫌の悪い人を、一瞬で機嫌をよくする方法。

    真夏の炎天下では、ただ歩いているだけでも、汗が滝のように流れます。
    暑いといらいらしやすい。
    好きな人に話しかけようと思っても、暑くて機嫌が悪いときもあるでしょう。

  19. 誕生日を自分からアピールして、食事に誘い出す。

    「食事をおごってよ」
    いきなり食事をおごってほしいと言うのは、厚かましく感じます。
    「何、急に?」

  20. 好きな人の前でお礼を言うときは、頭を下げない?

    私たちアジア人がお礼を言うときは、必ず頭を下げます。
    アジアでは、お辞儀の社会です。
    特に深い感謝を伝えるときほど、頭も深く下げるのが一般的ですね。

  21. 恋愛に強い人は、会話に「Again」を含める。

    恋愛に強い人は、会話に「Again」を含めます。
    Againとは「再び」「もう一度」という意味ですね。
    好きな人から、問題の解き方を教わったら「教えてくれてありがとう。分からないところがあったら、また教えてね」と言います。

  22. 物を手渡しするとき、さりげなく相手の手に触れる。

    少々強引かもしれませんが、恋のアプローチの1つです。
    相手から何かを手渡しされるとき、渡される物をつかむのが普通ですね。
     

  23. 恋愛関係とは、ささいなことを言い合える関係。

    あなたは好きな人にメールを送るとき、どうしていますか。
    用事があるときだけメールをしていませんか。
    用事があるときだけメールでやりとりするのもいいですが、物足りない。

  24. 相手の話をにこにこ聞いているだけで、自然と恋愛感情は生まれてくる。

    モテる人には笑顔があります。
    モテるから笑顔になるのではなく、笑顔になるからモテるのです。
    笑わせる人より、笑う人になりましょう。

  25. 「分かる」という一言で、会話はもっと弾む。

    「分かる」という言葉は、多くの人が気軽に使ってしまう言葉です。
    「分かる、分かる」と連発する人は、軽い印象があります。
    もちろん分からないことを無理に「分かる」というのはよくありません。

  26. どんなに会話が下手でも、明るい雰囲気にできる手軽な方法。

    「自分は会話が下手だ」
    会話に苦手意識があり、面白い話や冗談がうまく言えない人がいます。
    好きな人に気に入られたいけど、会話が苦手で雰囲気を明るくさせるのが難しい。

  27. 友達以上の関係だとアピールすると、友達以上の関係になれる。

    「友達以上の関係だから言っちゃうけど」
    そう言われたのは、ある女友達からでした。
    私は驚きました。

  28. なかなかうまくいかないときに心が軽くなる、魔法の呪文。

    好きな人とのアプローチは、必ずうまくいくとは限りません。
    むしろ、なかなか思うようには、いかないことのほうが多いのが現実です。
    相談できる友達がいればいいのですが、いない。

  29. 好きな人と合う前に、10秒間、青空を見つめる。

    朝起きて、どきどきします。
    何にどきどきするのかというと、好きな人と会うことです。
    あなたの好きな人は、どこにいますか。

  30. たとえ恋愛関係に発展しなくても、会話ができただけで、大きな前進になる。

    「ああ。今日も好きな人と話をしただけで、関係を前進させられなかった」
    好きな人と話ができるのはいいですが、これといって恋愛関係に発展するような会話がないとき、悩みます。
    好きな人とは、好きであるゆえに、もっと早く恋愛関係になりたい気持ちが強くあります。

同じカテゴリーの作品