恋愛がしたい

恋愛上手になる
30の方法

  • 好きな人の顔を、
    どれだけ細かく思い出せますか。
恋愛上手になる30の方法

もくじ
  1. 好きな人の顔を、どれだけ細かく思い出せますか。

    突然ですが、好きな人の顔を思い浮かべてください。
    どのくらい細かく思い出せますか。
    顔の表情や輪郭だけではありません。
  2. 好きな人と会うたびに、何かのチャンスだと考える。

    チャンスはどこにあるのか。
    チャンスは、どこにでもあります。
    ただあなたが、それをチャンスと認識するかどうかの違いです。
  3. 周りからネガティブな言葉を言われたくらいで、恋愛を諦めない。

    周りの人からのネガティブな言葉には注意しましょう。
    たとえば、友達から「あなたの恋愛はうまくいくわけがない」と言われても無視することです。
    誰かに「うまくいくわけがない」と断言されると「自分には向いていないのかな」と弱気になるかもしれません。
  4. 友達の協力によって始まる恋愛もあっていい。

    友達の協力によって始まる恋愛があります。
    たとえば、好きな人と結ばれるようなシチュエーションを、友達が手助けしてくれる状況です。
    友達の協力があれば、出会いや告白などのシチュエーションが作りやすくなります。
  5. かわいい嘘はよくても、信頼を傷つける嘘はいけない。

    恋愛で嘘をつくなら、種類に注意です。
    「嘘をつくのは悪いこと」という認識が一般的ですが、あながちすべての嘘が悪いとは限りません。
    たとえば、かわいい嘘ならまだいいのです。
  6. 「忙しいのにありがとう」と言える人が、モテる。

    好きな人に何か助けてもらったときは、こう言いましょう。
    「忙しいのにありがとう」と。
    この一言を言われた相手は優しい気持ちに包まれ、あなたへの興味関心を強くするでしょう。
  7. デートが始まるのは、どの瞬間のことをいうのか。

    デートが始まるのは、どの瞬間からをいうのでしょうか。
    誰もが最初に考えるのは、待ち合わせ場所でその人と会ってからと思うでしょう。
    たしかに表向きはそうでしょうが、実際は相手と会う前から、頭の中はデート一色のはずです。
  8. デートは、別れた後もしばらく続いている。

    デートが終わるのは、どの時点を指すのでしょうか。
    普通に考えると「その人と別れたときにデートも終わる」と考えるのではないでしょうか。
    たしかにデートは終わっているかもしれませんが、デートの余韻はまだ続いています。
  9. 恋のチャンスをつかめる人は、予定を変更するときでも、アピールを忘れない。

    「もしよかったら、今週末、食事に行きませんか」
    突然相手からの食事の誘いがあったとします。
    何も予定が入っていないときは、断る理由はありません。
  10. 恋愛は、恥ずかしい言葉を言うくらいでちょうどいい。

    恋をしたなら、恥ずかしい言葉を意識して言うようにしましょう。
    「恥ずかしい言葉を言うなんて、恥ずかしい」
    そう思うかもしれませんが、誤解です。
  11. 妄想とは、いわばイメージトレーニング。
    妄想をすればするほど、本番に強くなる。

    「妄想」という言葉には、どことなくネガティブな響きがあります。
    現実ではあり得ないような状況を考えたり、1人でにやにやしたりなどのイメージがあるのではないでしょうか。
    ちょっと危ないような状態に思えますが、これでいいのです。
  12. 疑いの一言は、冗談のつもりでも、信頼関係を傷つける。

    人間関係の成り行きは、ちょっとした一言で影響します。
    たとえば、相手のためを思って親切にしたとき、次のように疑われたら、あなたならどう感じるでしょうか。
    「どうせ嘘でしょ」
  13. 恋愛映画・恋愛ドラマが白けた見方になっていると、いい恋愛もできない。

    恋愛映画・恋愛ドラマが、白けた見方になっていませんか。
    恋愛映画・恋愛ドラマでは、恋のトラブルや意外な展開の連続です。
    はらはらさせる展開で手に汗握ることもあれば、結ばれる2人を見て、うらやましいと思うこともあるでしょう。
  14. 恋愛の勉強をしていることは、内緒にしておくほうがいい。

    恋愛がうまくなりたければ、やはり恋愛の勉強が必要です。
    恋愛にも、言葉遣い・しぐさ・マナー・注意点などがあります。
    本・雑誌・インターネットなどから情報を得て、正しい振る舞いを意識するほうが、成就しやすくなります。
  15. 「嫌だ」という口癖があると、恋愛のチャンスを逃す。

    「嫌だ」という口癖があるなら、要注意です。
    あれもこれも「嫌だ」と言っていると、モテません。
    たとえば、次のような状況をイメージしてみてください。
  16. 会話中に「ある情報」を盛り込むと、相手をどきどきさせられる。

    会話中に「ある情報」を盛り込むと、相手をどきどきさせられます。
    その情報とは「相手のプロフィール」です。
    おそらくあなたは、好きな人のプロフィールに詳しいでしょう。
  17. 恋愛で大切なのは、高価なブランド品ではなく、魅力的な人間性。

    おしゃれは恋愛に有効です。
    特に清潔感のあるおしゃれは、男性にも女性にも好感です。
    見かけがぱっとしない人でも、おしゃれをすれば、見違えるほど魅力的になれます。
  18. 着やせ効果にも限界がある。

    時に恋愛では、ごまかす方法に頼ることがあります。
    今すぐ解決したいが、費用も手間暇もかかるため、手っ取り早くごまかす方法に頼ることもあるでしょう。
    たとえば、小太りの人が体型をごまかす方法としてよく用いられるのが、着やせ効果のある服です。
  19. 恋人との電話やメールの、ちょうどよい量や回数とは。

    恋人とは、電話やメールのやりとりが欠かせません。
    「ただ声を聞きたい」という理由で電話をすることもあるでしょう。
    「つながっていたい」という気持ちでメールをすることもあるでしょう。
  20. 工夫と反省は、恋愛を成功に導くために必要不可欠な要素。

    あなたの恋愛には、工夫と反省がありますか。
    どちらか一方だけでは不十分です。
    恋愛では、工夫と反省の両方を心がけることが大切です。
  21. 好きな人にどれだけ集中できているかを確認する方法。

    好きな人と一緒にいるときは、相手に集中することが大切です。
    言葉のすべてを聞き逃さないよう、神経を研ぎ澄ませて、相手に集中します。
    少しでも好印象になるような言動を心がけましょう。
  22. 「運命みたいだね」という一言は、恋愛を促す言葉。

    好きな人との間に何か偶然が起こったとき、こう言いましょう。
    「運命みたいだね」と。
    「運命」とは、超自然的な力によって起こる、不思議な成り行きを表現する言葉です。
  23. 「今、忙しい」と言われたときのリアクションが大切。

    恋人から「忙しい」と言って、接触を拒まれることがあります。
    声をかけたとき「今、忙しいから後にして」と拒否される。
    デートに誘ったとき「忙しくて会う時間がない」と断られる。
  24. 誰かを憎んで一番苦しむのは、自分。

    他人の恋を見たとき、どう思うかです。
    見ず知らずのカップルは何とも思わなくても、知人や友達など、身近な他人の恋愛は敏感に感じるものです。
    知人や友達が幸せそうに付き合っていることを恨んではいけません。
  25. 恋のチャンスをつかむ人は、他人の恋を憎むのではなく、やる気に変える。

    他人の恋を憎むのはよくありません。
    羨ましいと思うまではOKですが、憎むのはNGです。
    憎むことは、百害あって一利なし。
  26. 外せない用事ができて、デートをキャンセルするときのマナー。

    せっかく好きな人とデートの約束ができたとします。
    デートの日まで待ち遠しくて、心がうきうきするでしょう。
    ところが、どうしても外せない用事ができてしまい、キャンセルをしなければいけないことになったとします。
  27. 口説き文句を覚えるより、自分の言葉のほうがさらに大切。

    恋愛関連の本では、口説き文句の特集を見かけることがあります。
    デートに誘う一言、告白のセリフ、愛を伝える言葉などです。
    愛を感じさせる一言をあらかじめ覚えておけば、恋愛の進展もスムーズになるでしょう。
  28. ラブレターが書ける時期は、限られている。

    思春期や学生時代の恋愛で登場するのが、ラブレター。
    「ラブレターなんて、恥ずかしくて書けない」
    「ラブレターを使った告白は、自分に合っていない」
  29. レストランでおいしく食事を終えたときに言いたい一言。
    「また来ようね」。

    恋人とレストランでおいしい食事を終えたとき、こう言いましょう。
    「おいしかったね。また来ようね」と。
    ここで真面目な人なら、少し堅苦しく考えがちです。
  30. 恋愛上手は、告白して振られても、前向きにとらえる。

    勇気を出して告白をしたところ、残念な結果が返ってきました。
    「ごめんなさい。タイプではありません」
    そう言われれば、誰でもがっかりして、胸の痛みを感じるでしょう。

同じカテゴリーの作品