恋愛がしたい

男性の心をつかむ
30の方法

  • ちょうど今、
    連絡しようとしていた様子を作り、
    好きな人の心をつかむ。
男性の心をつかむ30の方法

もくじ
  1. ちょうど今、連絡しようとしていた様子を作り、好きな人の心をつかむ。

    好きな人からメールが来たとき、すぐ返事をすることが基本です。
    すぐ返事をすれば、相手は「大事に思われている」と感じて、恋愛感情に結びつきやすくなるからです。
    返事の早さは、1分1秒が大切です。

  2. 恋愛は、相槌の大きさで、決まる。

    ぼうっとした様子で、何もリアクションがないのでは、会話は成立していません。
    好きな人との会話では、相槌が必要です。
    きちんとうなずいて相槌をするのは、恋愛に限らず、コミュニケーションの基本ですね。

  3. 表情が硬くて無口になるのは、関心がある証拠。

    いつもは明るくて元気な人が、自分の前になると、なぜか急におとなしくなることがあります。
    口数が減ったり、表情が暗くなったりするのです。
    ここで、よくある勘違いがあります。

  4. きちんとしていないところを、わざと見せる。

    好きな人の前では、きちんとしていないところを、見てもらいましょう。
    「おいおい。表現が間違っているぞ。誤字脱字じゃないのか」
    いえいえ、誤字脱字ではありません。

  5. 好きな人の前では、いつもより大げさに恥ずかしがる。

    好きな人の前では、きちんとしていないところを見せて、恥ずかしがることが大切です。
    男性は、恥ずかしがっている女性を見て「かわいいな。助けたいな」と思います。
    気を引くことができるのです。

  6. 恥ずかしがって笑ってしまえば、おならさえ、かわいらしく思えるもの。

    好きな人の前で、避けたいことの1つに「おなら」があります。
    下半身から急に鳴り響く音は、雰囲気もにおいも悪くなります。
    好きな人の前で、うっかりおならが出れば、嫌われてしまうのではないかと不安になります。

  7. 前にも聞いたことのある自慢話にどう答えるかが、大切だ。

    男性は、自慢話が好きです。
    「スポーツの大会で勝利した話」「テストで高得点を取った話」「ゲームに強い話」など、自慢になることを話してきます。
    しかも以前にもした自慢話を、何度もするのです。

  8. 男性の短所を褒めるには「男らしい」がキーワード。

    男性には、褒め言葉が有効です。
    褒め言葉の定番といえば「すごいね」「さすがだね」「頼りになる」などです。
    褒め言葉というだけあり、長所や美点に対して使うのが一般的です。

  9. 応援は「頑張って」より「きっとうまくいくよ」。

    好きな彼を応援するとき、どういう言葉を使うかです。
    大事なスポーツの大会前や重要な試験前などです。
    好きな彼を応援して、元気になってもらいたいと思いますね。

  10. 感謝は、2回でも、3回でもいい。

    お世話になったときは「ありがとう」と言って、感謝します。
    このとき「1回のお世話につき、1回の感謝」という先入観がありませんか。
    いいえ、1回のお世話につき、1回の感謝とは限りません。

  11. 力仕事ができないのは、女性の特権だ。

    女性は、男性に比べ、力がありません。
    一般的に男性に比べると、身長が低くて、体も繊細で、力も体力も劣ります。
    「劣る」と言えば、響きが悪いのですが、これは素晴らしい特権です。

  12. ちらちらにきびを見られるのは、相手を落ち込ませる。

    にきびは一般的に、女性より男性に目立つ傾向があります。
    にきびは、男性ホルモンの影響を受けるため、男性によくできるのです。
    好きになった彼に、にきびができることがあります。

  13. 持ち物を糸口にして話題を深めていけば、自然と親密な会話ができる。

    好きな人と親密になれる、話題があります。
    どんな世代でも、相手が誰でも使える、とっておきの話題です。
    相手の持ち物を褒めることです。

  14. 熱しやすく冷めやすくても、あえて話題に出さない。

    好きな人との会話で、恋愛観についての話題になることがあります。
    あなたは、どのような恋愛をするタイプですか。
    「一目惚れをしやすいタイプ」「保守的な恋愛をするタイプ」「相手に尽くすタイプ」など、さまざまなタイプがあるでしょう。

  15. 誘いを断られたら、チャンスでもある。

    好きな人に対して、勇気を出して、デートに誘ってみました。
    「今週末、時間、あいてる? もしよかったら一緒に遊びに行かない?」
    すると、残念な返事が返ってきました。

  16. 誰にでも優しく接する女性が、なぜか恋愛に結びつかない理由とは。

    中学生のころ、優しいMちゃんという女の子がいました。
    優しくて、礼儀もしっかりし、頭もいい女の子です。
    「清く、正しく、美しい」という印象の女性でした。

  17. 「きれいになりたい」と願いつつ、本当に努力している女性は、少ない。

    「きれいになりたい」と願いつつ、実際、本当に努力している女性は、少ないのではないでしょうか。
    「一応は努力している」
    「それなりに頑張っている」

  18. きれいでなくても、かわいくなくても、恋愛はできる。

    顔立ちは、生まれつきのものです。
    もちろんスキンケアやメイクなどで、ある程度、見せ方を変えることはできるでしょう。
     

  19. 自分の姿は、近くで見られるとは限らない。

    鏡で、笑顔の練習をします。
    自分がどう映っているのか、鏡の前で確認しますよね。
    このとき、見落としやすい点があります。

  20. 将来の夢を尋ねる女性とは、親密になれる。

    あまり大きな声では言えませんが、確実に彼と親密になれる話題があります。
    「将来の夢について」の話題です。
    好きな彼に、さりげなく「将来の夢は?」と尋ねてみましょう。

  21. 占い師から学ぶ、恋愛の奥義。

    占い師に、自分の将来を占ってもらったことはありますか。
    まず印象に残るのは、占いの内容です。
    「この調子で頑張れば、来年にはいいことがあるよ」といったことを、言われます。

  22. 彼との会話中にかかってきた電話への対処法。

    「ピピピ!」
    会話が弾んでいる最中、携帯電話が鳴り始めました。
    好きな人との会話が弾んでいたところで邪魔が入ると、いい雰囲気が壊れます。

  23. 彼との会話が弾んでいる最中のメールへの対処法。

    せっかく彼との会話が弾んでいる最中に、メールがくることがあります。
    電話は、緊急の可能性もあるため、念のため出たほうがいいでしょう。
    電話の着信音が鳴り続けたり、バイブレーションが響き続けたりすると、無視しにくい状況です。

  24. 友達からの協力を得て、計画的に彼のハートを射止める。

    彼との会話が弾んでいる最中に、電話やメールが来ることがあります。
    邪魔が入ったと思いますが、そうではありません。
    実はチャンスです。

  25. 女性らしい雰囲気は、言葉遣いによって、決まる。

    言葉遣いは、印象を決める重要な要素です。
    女性が下品な言葉遣いをしていると、男性は驚きます。
    「腹が減った」

  26. 彼が面白いことを言ったら、ボディータッチのチャンス。

    いつの時代も、ボディータッチは、異性のハートを射止める技です。
    さりげなく相手の体をタッチすることで、どきっとさせることができます。
    ボディータッチは、やらないと、損です。

  27. 親しみのある愛称で呼んでもらうように、自分からお願いする。

    気になる彼から、どのような呼ばれ方をしていますか。
    一般的には、名字や名前に敬称をつけて、呼んでいる場合が多いのではないでしょうか。
    「水口さん」「貴博さん」などです。

  28. 「いろいろあってね」と言われたときは、親密になれるチャンス。

    会話中、ぼかした表現が登場することがあります。
    「最近、いろいろ大変でね」
    「いろいろ、やることがあってね」

  29. 「ダメ」という言葉を「反則」と言い換えると、彼との会話が親密になる。

    真面目な女性との会話では、よく「ダメ」という表現が登場します。
    彼が「お酒を飲みすぎた」と言えば「お酒を飲みすぎるのはダメ」と言います。
    彼が「夜遅くまで起きていて体調が悪い」と言えば「夜更かしするのはダメ」というでしょう。

  30. 電話番号を受け取り「ありがとう」だけで終わらせていませんか。

    彼と親しくなれば、電話番号を交換するチャンスに恵まれます。
    「連絡を取りたいから、電話番号を教えてほしいな」とお願いすれば、喜んで教えてくれるでしょう。
    プライベートでも連絡を取り合えれば、付き合える可能性はぐっと高くなります。

同じカテゴリーの作品