恋愛がしたい

恋愛がしたいときの
30の言葉

  • 恋愛は
    「才能」や
    「生まれつきの差」ではない。
    日々の努力と勉強で向上していけるもの。
恋愛がしたいときの30の言葉

もくじ
  1. 恋愛は「才能」や「生まれつきの差」ではない。
    日々の努力と勉強で向上していけるもの。

    「恋愛には才能が必要」
    「恋愛は生まれつきの差がすべて」
    そう思っているなら、誤解です。

  2. 誰かを好きになる前に、まず自分を好きになる。

    人を好きになるなら、誰かを好きになる前に、まず自分を好きになりましょう。
    最初に自分を好きになり、それから誰かを好きになるほうが、恋愛としては自然でありスムーズです。
    「自分には魅力がない。自分が嫌いだ」

  3. 頭を恋愛モードに切り替えて、恋愛に最適な状態を作り出す。

    私たちは普段、さまざまなモードで使い分けながら暮らしています。
    勉強するときは、勉強モード。
    仕事をするときには、仕事モード。

  4. 思わぬ出会いをしたければ、いつもと違う行動パターンが必要。

    思わぬ出会いをしたければ、今すぐできる簡単な方法があります。
    いつもと違う行動パターンを心がけるのです。
    私たちの行動パターンは、いつの間にか同じ繰り返しになりがちです。

  5. 気になるのは、好きになり始めている証拠。

    あなたには、誰か気になる人はいますか。
    気になるとはいえ「嫌いな人だから気になる」というのは、対象外とします。
    ここでは「興味関心があって気になる」という状況で考えます。

  6. 好きな人に出会えたことは、神様が仕組んだお見合い。

    ある日、あなたは魅力的な異性に出会いました。
    一目惚れです。
    「何てすてきな人なのだろう」

  7. 恋愛を応援する音楽は、恋愛モードのスイッチを入れる力がある。

    どんなに恋愛の勇気のない人でも、すぐ勇気を出せる方法があります。
    音楽です。
    音楽の力は、偉大です。

  8. 誰かを好きになるのは、あなたの中に愛がいっぱい詰まっている証拠。

    誰かを好きになるのは、あなたの中に愛がいっぱい詰まっている証拠です。
    愛がなければ、誰かを好きになることはありません。
    あなたの中に愛があるから「好きだ」という感情が生まれます。

  9. 恋をすると、何でもないことが刺激的になる。

    恋愛とは、不思議な力があります。
    恋をすると、何でもないことでも刺激的になる作用があります。
     

  10. 恋愛経験がない人ほど、実は勇気が出やすい。

    「恋愛の仕方が分からない」
    「どう付き合っていけばいいか分からない」
    そんなセリフで恋愛から逃げていませんか。

  11. さわやかに「はい!」と言える人が、恋のチャンスをつかむ。

    好きな人と接しているとき「はい」という機会があるでしょう。
     
    たとえば、名前を呼ばれたときや、何か質問をされたときなどです。

  12. 好きな人の前で、眠い顔を見せない。

    好きな人の前では、眠い顔に注意しましょう。
     
    たとえば、朝の寝起きに眠気が残っていると、眠そうな顔になりがちです。

  13. 恋愛をしたいから付き合いたいのか。
    好きな人ができたから付き合いたいのか。

    「付き合いたい」
    そう思う理由を探っていくと、大きく分けて次の2つに分かれます。
    (1)恋愛をしたいから付き合いたい

  14. 恋愛がしたいからとはいえ、適当な人と付き合うのはやめる。

    恋愛がしたいからとはいえ、適当な人と付き合うのはやめましょう。
    とりわけ恋愛に焦る気持ちがあると「とにかく誰でもいい」という気持ちになりがちです。
    付き合っている友達がいれば、影響を受けて「早く自分も誰かと付き合いたい」と焦ります。

  15. 言葉で説明できないくらい、好きな気持ちを持とう。

    とあるテレビ番組で「恋人のどんなところが好きか」を答えるコーナーがありました。
    カップルが、相手の好きなところを答え合うのです。
    「優しいところに惚れた」

  16. 前の恋愛に苦い思い出があるから、次も同じだと考えない。

    「前の恋愛が苦い思い出があるから、次の恋愛も同じようになるのではないか」
    前の恋愛に失敗があれば、次の恋愛でも同じことが繰り返される気がして、おっくうになりがちです。
    特に人間は、危険なことには敏感になる傾向があります。

  17. 会話に相手の名前を含めるのは、言葉でキスをしているのと同じ。

    好きな人と簡単にキスをする方法があります。
    キスといえば、唇が直接触れ合う様子をイメージしているかもしれません。
    もちろんそれもキスですが、キスの形は1つではありません。

  18. つまらないプライドを捨てないと、恋人はできない。

    つまらないプライドがあると、恋人ができる妨げになります。
    恋愛に前向きであっても、つまらないプライドがあると、なかなかうまくいきません。
    「話しかけられるまで話さない」

  19. 恋のアプローチは大切。
     ただし、相手の重荷になってはいけない。

    恋のアプローチは大切です。
    好意を寄せている人にはどんどん近づき、自分の気持ちを伝えることが必要です。
    自然な流れで付き合いが始まることもありますが、やはり積極的に動いたほうが、気持ちが伝わりやすくて進展も早い。

  20. うまくいくかどうかの保証なんて、気にするな。

    「告白すれば、OKしてもらえるだろうか」
    「もし付き合い始めたら、うまく付き合っていけるだろうか」
    恋する人なら、誰もが一度は考える悩みですね。

  21. 恋愛は、うまくいきやすい方法はあっても、必ずうまくいく方法はない。

    ファッション誌では、季節の折に恋愛特集が組まれます。
    よくあるのが「こうすれば必ず恋がうまくいく」という特集です。
    こうした方法に頼れば、恋愛がうまくいく可能性は高まるでしょう。

  22. 理想とは、思い浮かべるものではなく、実現させていくもの。

    理想とは、何のためにあるのか。
    「こうなってほしい」
    「こうなればいいな」

  23. 「好き」という言葉を恥ずかしがっているようでは、うまく気持ちを伝えられない。

    あなたは普段「好き」という言葉をどのくらい使っていますか。
    私たちが使う言葉の中でも、特別な感情が強く込められている一言です。
    好きという言葉には、強く心が引かれることを伝え、愛情を表現する働きがあります。

  24. 年齢にこだわっていると、恋愛のチャンスを失う。

    あなたが誰かと付き合うなら、相手は年上がいいですか。
    それとも年下がいいですか。
    もちろん好みは人それぞれであり、自分より年上がいいという人もいれば、年下がいいという人もいるでしょう。

  25. 世の中のカップルは、似たもの同士が付き合うようになっている。

    町中のカップルを見渡してください。
    世の中のカップルには、面白い法則があります。
    「似たもの同士が付き合う」という法則です。

  26. 他人の恋ばかり気にしていると、自分の恋を見失う。

    他人の恋は、やはり気になるもの。
    「何がきっかけで付き合うようになったのか」
    「どんなところにデートへ行っているのか」

  27. 自己否定する発言を繰り返していると、本当にそうなってしまう。

    「自分はかっこ悪い」
    「私は醜い顔だから」
    「私の顔なんて、気持ち悪いだけだよ」

  28. 「出会い運がない」と言えば言うほど、ますます出会い運が下がる。

    「出会い運がない」
    こんな言葉で嘆く人を見かけることはありませんか。
    まず「出会い運」という言葉のとおり、出会うことは「運」だと考えています。

  29. たった一言・たった1分であっても「今日は好きな人と会話ができた」と考えていい。

    好きな人と会話ができた状態とは、どのくらいの会話量を指すのでしょうか。
    直接会って話をした状態でしょうか。
    10分くらい話した状態でしょうか。

  30. 「本気で人を愛した」という経験は、人生に一度くらいあったほうがいい。

    誰かを本気で愛したという経験はありますか。
    ただ好きになるだけでなく、本気で愛して、とことん恋愛に没頭する経験です。
    惚れ込んで、頭から離れなくなり、その人のことを朝から晩まで考えてしまう。

同じカテゴリーの作品