人生の教科書



体臭対策
体臭は、何科なの?
体臭対策
便秘対策は、体臭対策だ。
体臭対策
ヨーグルトは、体臭を減らす効果がある。
体臭対策
加齢臭は、努力しだいで、治せる体臭だ。
体臭対策

体臭を改善させる
30の対策

お気に入り2 読んだ
4

体臭は、
人の優劣に、
関係しない。

体臭は、人の優劣に、関係しない。 | 体臭を改善させる30の対策

体臭がにおう人には、一般的にあまりよくない印象があります。

「清潔感がない」「がさつ」「野蛮」など、清潔感の欠如している印象があります。

 

では、体臭の強い人は、人種的に劣っているのかというと、そうではありません。

体臭と人種の優劣は、関係ありません。

汗をかきやすい人ほど、汗臭くなりやすいですが、単に汗をかきやすい体質だけの話です。

 

たとえば、慎重に物事を進める考えを持つ人は、精神性発汗が多くなるでしょう。

それが、人としての優劣に直接関係することではありません。

加齢臭も、年を取れば、誰でもにおいやすくなるものです。

老化現象の1つです。

アポクリン腺から出る汗のにおいも、人種的な要因によるにおいです。

アポクリン腺は「黄色人種→白人→黒人」の順に発達しています。

本人が悪いわけではなく、単なる体質の違いです。

人の優劣を表すことでもありません。

体臭と人の優劣は、関係しないのです。

 

ただし、そう思われやすい社会の偏見があるのは、たしかです。

体臭は人の優劣に関係はしませんが、そう誤解しやすい社会があります。

おいしい食事をするときに、くさいにおいがすると、食欲がなくなりますね。

キスをしようとする相手からくさい息が漂ってくると、気分が悪くなって、逃げ出したくなります。

体臭が人の優劣には関係しないとはいえ、円滑な人間関係を進める上では、最低限のエチケットとして考える必要があります。

まとめ

体臭を改善させる対策 その4
  • 体臭による偏見を持つのは、
    やめる。
男性のほうが体臭になりやすいにもかかわらず、においに鈍感になりやすい。

もくじ
(体臭を改善させる30の対策)

同じカテゴリーの作品