まとめ
(背中のにきびを治す30の方法)
背中のにきびを治す30の方法

  • 背中のにきびが治りにくい原因を、理解する。
  • 背中を、きれいに洗う。
  • 背中のにきびは見えなくても、きちんと治療を心がける。
  • 今こそ、背中のにきび治療を、本気で取り組む。
  • 衣服は、毎日、新しいものに着替える。
  • 背中のにきびを、軽い気持ちでつぶさないようにする。
  • 枕カバーを清潔な状態に維持する。
  • タオルを枕カバーの代わりにして、毎日取り換える。
  • 頭を洗ってから、体を洗うようにする。
  • 背中を洗うときは、木綿のタオルを使う。
  • 洋服の素材は、木綿にする。
  • あぶらとり紙は、顔だけでなく、背中や胸にも使う。
  • 椅子の背にもたれず、垂直になるよう、背筋をぴんと伸ばす。
  • 背中のにきびがあるうちは、毎日、鏡で背中をのぞき込む習慣を作る。
  • お風呂上がりは、背中や胸にも、保湿クリームを塗る。
  • 朝にも、シャワーを浴びる。
  • 背中にも、日焼け対策をする。
  • まず湯船に浸かって、背中の毛穴が開いてから、体を洗う。
  • 皮膚科の専門医に診てもらい、にきび用の飲み薬を処方してもらう。
  • 私服をパジャマの代わりにするのは、やめる。
  • 背中のにきびのために、パジャマは綿100パーセントを選ぶ。
  • 余分なものが混ざったボディーソープより、シンプルな固形石鹸で体を洗う。
  • 保湿成分による滑りを勘違いして、洗い残しにならないように気をつける。
  • 固形石鹸で、体を洗う。
  • 背中には「背中専用のにきび薬」を使う。
  • 手が届きにくい背中は、恥ずかしがらず、家族に塗ってもらう。
  • 背中も忘れずに、化粧水で保湿する。
  • にきびのかゆみがひどいときは、にきび薬より、かゆみ止めを使う。
  • 背中や胸の汗も、こまめに拭き取る。
  • 背中のにきびは必ずいつか治ると信じて、治療を継続する。

同じカテゴリーの作品

3:34
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION