社会人としての
30の訪問・来客マナー

10
2

訪問の際は、
手土産を必ず持参すること。

訪問の際は、手土産を必ず持参すること。 | 社会人としての30の訪問・来客マナー

お世話になっている上司や恩師のところへ訪問する際には、欠かさず忘れてはいけないことがあります。

ペンとノートではありませんよ。

手土産です。

うっかり忘れがちなのですが、お世話になっている人のところへ訪問する際には、手土産は忘れてはいけないことの1つです。

あってもなくても、大した差はないと思っているうちは、まだ新人です。

やはり手土産は、持参したほうがいいのです。

招いてくださったことへのお礼の気持ちを具体的に表現することができるからです。

「招いていただいてありがとうございます」と口で言うことは簡単ですが、具体的ではありません。

お礼の気持ちを、何か形として表現ができてこそ社会人です。

お世話になっている人のところへ訪問する際には、せめて地元の手土産を持参して、召し上がっていただくといいでしょう。

もちろん上司や先輩のお宅へ訪問するときに限らず、部下の家へ訪問する際も、手土産があったほうがいいでしょう。

部下とはいえ、一生懸命に働いてくれているのですから、手土産はあってもおかしくありません。

もらって、気分が悪くなる人はいません。

ささいな手土産があると、話のきっかけにもなり、会話も弾みやすくなるのです。

社会人としての訪問・来客マナー(10)
  • 上司や恩師の家を訪問する際は、手土産を持参する。
手土産選びにも注意しよう。

社会人としての30の訪問・来客マナー
社会人としての30の訪問・来客マナー

  1. 名刺交換のタブーに要注意。
    名刺交換のタブーに要注意。
  2. 文字を相手に向けて、両手で渡そう。
    文字を相手に向けて、両手で渡そう。
  3. 客先への訪問は、事前にアポイント(予約)をするのがマナー。
    客先への訪問は、事前にアポイント(予約)をするのがマナー。
  4. 「お茶でいいです」の「で」は余分。
    「お茶でいいです」の「で」は余分。
  5. 言い争いになりやすい話題(宗教・政治・野球)は、初対面では避けたほうがいい。
    言い争いになりやすい話題(宗教・政治・野球)は、初対面では避けたほうがいい。
  6. 訪問先で出された飲み物は、飲みきってもいい。
    訪問先で出された飲み物は、飲みきってもいい。
  7. プライベートの感情を、仕事に持ち込まない。
    プライベートの感情を、仕事に持ち込まない。
  8. どんなときにも、ペンとノートは持参する。
    どんなときにも、ペンとノートは持参する。
  9. 約束の時間に早すぎるのも問題。
    約束の時間に早すぎるのも問題。
  10. 訪問の際は、手土産を必ず持参すること。
    訪問の際は、手土産を必ず持参すること。
  11. 手土産選びにも注意しよう。
    手土産選びにも注意しよう。
  12. お茶出しのタイミングは、特に気をつけておきたい。
    お茶出しのタイミングは、特に気をつけておきたい。
  13. お茶は、まずお客様から出すこと。
    お茶は、まずお客様から出すこと。
  14. 初めてのお客様の地位を、あなたならどう確認しますか。
    初めてのお客様の地位を、あなたならどう確認しますか。
  15. 座布団を踏むのは、お客様を踏む行為と同じだ。
    座布団を踏むのは、お客様を踏む行為と同じだ。
  16. 大きな声の挨拶が、逆にタブーとなる場合がある。
    大きな声の挨拶が、逆にタブーとなる場合がある。
  17. お客様に対しては、階段を使って案内をしてはいけない。
    お客様に対しては、階段を使って案内をしてはいけない。
  18. 謝罪の言葉を、削りたくても、削らない。
    謝罪の言葉を、削りたくても、削らない。
  19. 来客には、まず自分の上司から紹介をする。
    来客には、まず自分の上司から紹介をする。
  20. エレベーターでは、案内する人が先に乗り、後から降りる。
    エレベーターでは、案内する人が先に乗り、後から降りる。
  21. ドアの開け閉めには、2種類のマナーがある。
    ドアの開け閉めには、2種類のマナーがある。
  22. 上座と下座、違いをしっかり把握する。
    上座と下座、違いをしっかり把握する。
  23. 車の上座と下座は、同じ席になる。
    車の上座と下座は、同じ席になる。
  24. お客様との商談中は、携帯はオフにする。
    お客様との商談中は、携帯はオフにする。
  25. 用件が済んだ後の長居には気をつける。
    用件が済んだ後の長居には気をつける。
  26. 「すみません」という言葉を使って、お礼を言っていませんか。
    「すみません」という言葉を使って、お礼を言っていませんか。
  27. 「遅刻」と「忘れ物」は、絶対にしてはいけない。
    「遅刻」と「忘れ物」は、絶対にしてはいけない。
  28. へりくだっても、度が過ぎると逆効果になる。
    へりくだっても、度が過ぎると逆効果になる。
  29. テーブルの上に、バッグを置かない。
    テーブルの上に、バッグを置かない。
  30. 「清潔感」は、会社のイメージにつながる。
    「清潔感」は、会社のイメージにつながる。

同じカテゴリーの作品

ビジネスマナー」の人気記事

1
入社3年間にできた差は、後から取り戻せない。
ビジネスマナー
入社3年間にできた差は、後から取り戻せない。
新入社員が入社3年間に心がける30のこと
2
入社3年間は「貯金」より「自己投資」に比重を置くべし!
ビジネスマナー
入社3年間は「貯金」より「自己投資」に比重を置くべし!
新入社員が入社3年間に心がける30のこと
3
人付き合いこそ、一番の課題。人間関係に苦労は、当たり前。
ビジネスマナー
人付き合いこそ、一番の課題。
人間関係に苦労は、当たり前。
新入社員が入社3年間に心がける30のこと
4
「ご苦労様」と「お疲れ様」の違いに気をつけよう。
ビジネスマナー
「ご苦労様」と「お疲れ様」の違いに気をつけよう。
社内ビジネスマナーの30の基本
5
任された雑用のトップになろうではないか!
ビジネスマナー
任された雑用のトップになろうではないか!
新入社員が入社3年間に心がける30のこと
6
クッション言葉で、言いにくい一言が、言いやすくなる。
ビジネスマナー
クッション言葉で、言いにくい一言が、言いやすくなる。
社内ビジネスマナーの30の基本
7
「もしもし」は学生言葉だった!電話対応では「もしもし」を使ってはいけない。
ビジネスマナー
「もしもし」は学生言葉だった!電話対応では「もしもし」を使ってはいけない。
電話対応の30のビジネスマナー
8
独り言を言いながら、仕事をしない。
ビジネスマナー
独り言を言いながら、仕事をしない。
社内ビジネスマナーの30の基本
9
師匠を見つけると、スピード成長ができる。
ビジネスマナー
師匠を見つけると、スピード成長ができる。
新入社員が入社3年間に心がける30のこと
10
誰もが一度は考える。「仕事、辞めようかな」
ビジネスマナー
誰もが一度は考える。
「仕事、辞めようかな」
新入社員が入社3年間に心がける30のこと

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION