人生の教科書



食事マナー
ワインに和食を組み合わせて、新しい味を発見する。
ダイエット
アルコールを飲むなら、赤ワインがおすすめ。
食事マナー
ワイン選びの定番。
「魚料理には白、肉料理には赤」
食事マナー
なぜ、白ワイン用グラスより、赤ワイン用グラスのほうが大きいのか。
食事マナー
2本以上ワインを飲むとき、おいしさを重視する適切な順番。
食事マナー
ワインのなじみを作る最初の第一歩。
食事マナー

ワインの味わいを楽しむ
30の方法

お気に入り1 読んだ
13

フレンチ・パラドックスによって明らかになった、
ワインの効果。

フレンチ・パラドックスによって明らかになった、ワインの効果。 | ワインの味わいを楽しむ30の方法

「フレンチ・パラドックス」という、不思議な話があります。

一般的に、動物性脂肪の多い食事を食べた後は、血液中の脂肪分が多い状態になります。

一時的ならいいのですが、長期間放置しておくと、血管の壁に脂肪分などがこびりつき、詰まりやすくなります。

その結果、心疾患を引き起こしやすくなります。

フランスはお国柄、動物性の食事を口にすることが多い国です。

日常生活で、肉・チーズ・バターなど動物性の食事が頻繁に登場します。

フランスは他国より、心疾患の患者が多いはず。

 

ところがです。

調べたところ、まったく逆の結果が出ました。

多いどころか、むしろ少なかったのです。

  • 「なぜ?」

まったく逆の調査結果に、世界中が驚いたことがありました。

普通には考えられないことです。

これを「フレンチ・パラドックス」と呼ばれます。

専門の調査団が、さまざまな方面から調べた結果「フランス人は毎日赤ワインを飲んでいるからだ」という結論に至りました。

フランス人は、お国柄、動物性の食事を口にする機会が多いのですが、ワインを口にする機会も多い国です。

ワインの中でも特に赤ワインには「ポリフェノール」という抗酸化物質が大量に含まれています。

このポリフェノールという物質は、さまざまな病気を誘発する活性化酸素の生成を抑えるということが分かってきたのです。

この影響によって、ポリフェノールが一躍有名になり、世界中でワインが急に売れた事態が起こりました。

 

ただし、いくら健康に効果があるとはいえ、度が過ぎると体を壊します。

あくまで「適量」の赤ワインを「習慣的」に飲むことが、ポイントです。

まとめ

ワインの味わいを楽しむ方法 その13
  • 適量の赤ワインを飲んで、
    健康維持に役立てる。
ワインとの出合いは、一期一会。

もくじ
(ワインの味わいを楽しむ30の方法)

同じカテゴリーの作品