ワインの味わいを楽しむ
30の方法

19
1

室温でワインを保存できる日数とは。

室温でワインを保存できる日数とは。 | ワインの味わいを楽しむ30の方法

ワインボトルを開けて、その日のうちに全部飲みきれない場合があります。

ある程度なら、保存ができます。

ワインは醸造酒です。

醸造酒とは、時間をかけて原料を発酵・熟成させて造るお酒です。

時間をかけて作ることが前提ですから、蓋を開けたとしても、すぐ腐って飲めなくなるわけではありません。

そういうときに気になるのは、どのくらいの期間、室温で保存できるのか。

おおむね「数日から10日前後」です。

このくらいなら、味は保証できませんが「一応は飲める」と考えていいでしょう。

しかし、やはり限界があります。

ワインセラーのようなワイン専用の貯蔵庫がなければ、室温による保存を過信しすぎず、できるだけ早く飲むようにしましょう。

ワインの味わいを楽しむ方法(19)
  • 室温による保存は、数日から10日前後を目安にする。
ワインを飲んで太ることはない。
太る直接の原因は、おつまみだ。

ワインの味わいを楽しむ30の方法
ワインの味わいを楽しむ30の方法

  1. ワインは、眺めるところから始まる。
    ワインは、眺めるところから始まる。
  2. ワインのなじみを作る最初の第一歩。
    ワインのなじみを作る最初の第一歩。
  3. まずいのではない。<br>たまたま口に合わないワインだっただけ。
    まずいのではない。
    たまたま口に合わないワインだっただけ。
  4. なぜ、ワインの価格は幅が大きいのか。
    なぜ、ワインの価格は幅が大きいのか。
  5. 初心者は、白赤共通の万能ワイングラスがおすすめ。
    初心者は、白赤共通の万能ワイングラスがおすすめ。
  6. ワインは、コルクを開けた瞬間から、どんどん味が変わっていく。
    ワインは、コルクを開けた瞬間から、どんどん味が変わっていく。
  7. ワインのオーダー時に、ソムリエから言われた「デキャンタージュ」とは。
    ワインのオーダー時に、ソムリエから言われた「デキャンタージュ」とは。
  8. 「ワインを開かせる」の意味とは。
    「ワインを開かせる」の意味とは。
  9. テイスティングで異臭を感じれば「ブショネ」が原因かもしれない。
    テイスティングで異臭を感じれば「ブショネ」が原因かもしれない。
  10. 相手の誕生日と同じ年に作られたワインを贈ると喜ばれる。
    相手の誕生日と同じ年に作られたワインを贈ると喜ばれる。
  11. ワインの試飲会を見逃すな。
    ワインの試飲会を見逃すな。
  12. 飲んだ瞬間の味だけで、ワインのすべてを評価しようとしない。
    飲んだ瞬間の味だけで、ワインのすべてを評価しようとしない。
  13. フレンチ・パラドックスによって明らかになった、ワインの効果。
    フレンチ・パラドックスによって明らかになった、ワインの効果。
  14. ワインとの出合いは、一期一会。
    ワインとの出合いは、一期一会。
  15. スクリュー・キャップだから、安物とは限らない。
    スクリュー・キャップだから、安物とは限らない。
  16. ワインを飲んで、悪い酔いしない方法。
    ワインを飲んで、悪い酔いしない方法。
  17. ワインパーティーで、手軽にワインを楽しめる。
    ワインパーティーで、手軽にワインを楽しめる。
  18. ワインをおいしく飲むための適温の目安。
    ワインをおいしく飲むための適温の目安。
  19. 室温でワインを保存できる日数とは。
    室温でワインを保存できる日数とは。
  20. ワインを飲んで太ることはない。<br>太る直接の原因は、おつまみだ。
    ワインを飲んで太ることはない。
    太る直接の原因は、おつまみだ。
  21. ワインセラーがあるとはいえ、いつまでも保存できるわけではない。
    ワインセラーがあるとはいえ、いつまでも保存できるわけではない。
  22. ワイングラスは、ささいなことですぐ割れる。
    ワイングラスは、ささいなことですぐ割れる。
  23. いかに安く、いかにおいしいワインを見つけるか。<br>これが面白い。
    いかに安く、いかにおいしいワインを見つけるか。
    これが面白い。
  24. いきなり高価なワインに手を出しても、理解できない。
    いきなり高価なワインに手を出しても、理解できない。
  25. ワインの上級者の不思議な表現は、深い親しみがある証拠。
    ワインの上級者の不思議な表現は、深い親しみがある証拠。
  26. おいしいワインに対しては、素直に「おいしい」と言えばいい。
    おいしいワインに対しては、素直に「おいしい」と言えばいい。
  27. 必ずしも、ワインの価格と味が比例しているとは限らない理由。
    必ずしも、ワインの価格と味が比例しているとは限らない理由。
  28. ワインに和食を組み合わせて、新しい味を発見する。
    ワインに和食を組み合わせて、新しい味を発見する。
  29. ワインの陳列方法の違いに見られる、ある特別な事情。
    ワインの陳列方法の違いに見られる、ある特別な事情。
  30. 酒屋の店長と仲良くなっておかないのは、大きな損失と言っても過言ではない。
    酒屋の店長と仲良くなっておかないのは、大きな損失と言っても過言ではない。

同じカテゴリーの作品

1:15

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION