食事マナー

給仕や料理人に喜ばれる
30のテーブルマナー

読んだ お気に入り1
25

ソムリエは
「おすすめはありますか」という一言で、
やる気を出し始める。

ソムリエは「おすすめはありますか」という一言で、やる気を出し始める。 | 給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー

ソムリエにワインについて尋ねるとき、態度が重要です。

横柄な態度で尋ねるのではなく、できるだけ甘えるような態度で尋ねましょう。

 

たとえば、次の2つの表現を比べてみましょう。

「辛口の白ワインで、お願いします」

「辛口の白ワインで、おすすめはありますか」

どちらの言い方も、マナー上、問題はありません。

どちらの表現も「辛口の白ワイン」をオーダーしようとしていることに違いありません。

 

しかし、微妙な違いが感じられませんか。

「辛口の白ワインで、おすすめはありますか」と伝えるほうが「頼りにしています」というニュアンスを伝えやすいと思いませんか。

ソムリエにとって、頼りにされることほど嬉しいことはありません。

「よし。喜んでもらえるようなベストなワインを選ぼう!」

お客様からの要望に奮起するはずです。

ソムリエも人間です。

頼りにされれば、期待に応えたいと思います。

淡々とオーダーを伝えるだけでなく、頼りにするような口調のほうが、やる気を出します。

ソムリエのやる気を引き出すようなオーダーの仕方を身につけることも大切です。

そのためのキーフレーズは「おすすめはありますか」です。

「軽めの赤ワインで、おすすめはありますか」

「あまりアルコールに強くないのですが、白ワインでおすすめはありますか」

「今日は、私たちの結婚記念日です。おすすめのワインはありますか」

いくらでも応用が利きます。

「おすすめはありますか」というキーフレーズを使って、ソムリエのやる気を引き出していきましょう。

まとめ

給仕や料理人に喜ばれるテーブルマナー その25
  • 「おすすめはありますか」というキーフレーズを含めて、お願いをする。
おごってくれようとする人に対して頑固に断り続けるのは、逆に失礼だ。

もくじ
給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー
ソムリエは「おすすめはありますか」という一言で、やる気を出し始める。 | 給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー

  1. レストランの当日予約は、できるだけ控えること。
  2. 刺そうにも刺せず、すくうにもすくえない。
    グリーンピースの上手な食べ方。
  3. 読み終わったコースのメニュー表は、広げたままテーブルに置かない。
  4. 食事の場で、化粧直しをしてはいけない。
  5. フォーマルなレストランに、塩やこしょうが置いていない理由。
  6. フォーマルなレストランで目撃した、とある光景。
  7. やむなく先に食べなければいけない状況で、しなければいけないこと。
  8. 客層は、レストランの本質を映し出す鏡だ。
  9. どんなにおいしいワインも、適量を超えると、味が分からなくなる。
  10. 給仕やソムリエの質は、料理以上に引かれる魅力になる。
  11. 髪の毛を触りながら食事をする人の、本当の問題点。
  12. パスタは本来、フォークのみで食べるもの。
  13. サラダの上手な食べ方。
  14. テーブルマナーの達人は、時計を外してから食事をする。
  15. 困ったときは、自分で判断したり行動したりしない。
  16. 緊張するところではない。
    ただ慣れていないだけ。
  17. レストランは、品性を磨くための学校だ。
  18. メニューを見て、3分以上迷わない。
    一瞬の判断は、運命の出会いと同じだ。
  19. フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
  20. 失敗は、表情で決まる。
  21. テーブルマナーは、手品と同じだ。
  22. 一皿ずつ出てくるコース料理に込められた、3つの深い意味。
  23. 美しいマナーによって、相手を魅了させる。
    口説きと同じだ。
  24. ワインは、グラスの持ち方を変えるだけで、味が変わる。
  25. ソムリエは「おすすめはありますか」という一言で、やる気を出し始める。
  26. おごってくれようとする人に対して頑固に断り続けるのは、逆に失礼だ。
  27. レストランのフルコースで、中座するときのベストタイミング。
  28. ワインの予算を、声に出さずに伝える方法。
  29. テーブルマナーを身につけるのは、ブランド品を身につけるのと同じ。
  30. テーブルマナーとは、命を捧げてくれる動植物に対する、最低限のマナー。

同じカテゴリーの作品