人生の教科書



食事マナー
テーブルマナーは集中して学んだほうが、身につきやすい。
食事マナー
美しいマナーによって、相手を魅了させる。
口説きと同じだ。
ファッション
テーブルマナーの美しさは、知的さに比例する。
食事マナー
テーブルマナーは、先人たちの知恵の結集だ。
すべての動きに意味がある。
食事マナー

給仕や料理人に喜ばれる
30のテーブルマナー

お気に入り1 読んだ
29

テーブルマナーを身につけるのは、
ブランド品を身につけるのと同じ。

テーブルマナーを身につけるのは、ブランド品を身につけるのと同じ。 | 給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー

テーブルマナーを身につけるのは、ブランド品を身につけるのと同じです。

ブランド品を身につけている人を見ると「品があるなあ。かっこいいな」と映ります。

すべてがその限りではありませんが、ブランドの力を背景に、身につけている人まで品格があるように見えることはたしかです。

それがブランドの強みです。

テーブルマナーでも同じです。

テーブルマナーがきちんとした人を見ると「いい育ちの人」に見えます。

常識があり、知性的に見え、しっかりした大人に見えます。

テーブルマナーがしっかりしている子供は、落ち着いて見えるから不思議です。

ブランド品を持つのと同じです。

マナーを身につけるのは、自分をより美しく、より知性的に見せるためです。

唯一、違いがあるとすれば「時間軸による価値の変化」です。

ブランド品は、消耗品です。

使えば使うほど、しわが寄ったり汚れや傷がついたりします。

時間が経つにつれて、価値も下がってしまいます。

 

しかし、テーブルマナーは逆です。

使えば使うほど、洗練されます。

初めはたどたどしい動きだったのが、慣れるほど流れるようにスムーズになります。

時間が経つにつれて、価値が上がっていくのです。

テーブルマナーを早くから身につけている人は、見ればすぐ分かります。

たどたどしさがなく、慣れた手つきや動作です。

それが頼もしさを感じ、同席者を魅了させ、引き付ける魅力へと変わります。

まとめ

給仕や料理人に喜ばれるテーブルマナー その29
  • テーブルマナーを早く身につけて、価値を上げる。
次のページ >>
テーブルマナーとは、命を捧げてくれる動植物に対する、最低限のマナー。

もくじ
(給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー)

同じカテゴリーの作品