食事マナー

給仕や料理人に喜ばれる
30のテーブルマナー

お気に入り2 読んだ
23

美しいマナーによって、
相手を魅了させる。
口説きと同じだ。

美しいマナーによって、相手を魅了させる。口説きと同じだ。 | 給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー

きちんとしたテーブルマナーを身につけている人に出会うと、その人の過去が見えてきます。

相手がどのような教育を受けてきたのかは、テーブルマナーを見れば、ある程度、察しがつきます。

両親からマナーについて教育を受け、多くの社交場を経験しているというのが、ひしひし伝わってくるのです。

マナーは、自己アピールの手段です。

自分の経歴を、マナーを通して相手に伝え、理解してもらうためにあります。

マナーを身につけると得をします。

自然とモテるようになります。

ヨーロッパでは、デートのときに必ずレストランへ誘います。

そこで食事をしながら会話を楽しみますが、会話でのアピールだけが目的ではありません。

自分のテーブルマナーを見てもらうために、レストランで食事をするのです。

自分のマナーを見てもらうことで、コミュニケーションでは伝えきれない、自分の過去や育ちを伝え、理解してもらうのが目的です。

テーブルマナーを身につけている人を見ると、きちんとした育ちの人に見えてくるから、不思議です。

信用は、マナーから生まれます。

マナーは、異性を口説いているのと同じなのです。

まとめ

給仕や料理人に喜ばれるテーブルマナー その23
  • テーブルマナーを見せて、相手を口説く。
ワインは、グラスの持ち方を変えるだけで、味が変わる。

もくじ
給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー
美しいマナーによって、相手を魅了させる。口説きと同じだ。 | 給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー

  1. レストランの当日予約は、できるだけ控えること。
  2. 刺そうにも刺せず、すくうにもすくえない。
    グリーンピースの上手な食べ方。
  3. 読み終わったコースのメニュー表は、広げたままテーブルに置かない。
  4. 食事の場で、化粧直しをしてはいけない。
  5. フォーマルなレストランに、塩やこしょうが置いていない理由。
  6. フォーマルなレストランで目撃した、とある光景。
  7. やむなく先に食べなければいけない状況で、しなければいけないこと。
  8. 客層は、レストランの本質を映し出す鏡だ。
  9. どんなにおいしいワインも、適量を超えると、味が分からなくなる。
  10. 給仕やソムリエの質は、料理以上に引かれる魅力になる。
  11. 髪の毛を触りながら食事をする人の、本当の問題点。
  12. パスタは本来、フォークのみで食べるもの。
  13. サラダの上手な食べ方。
  14. テーブルマナーの達人は、時計を外してから食事をする。
  15. 困ったときは、自分で判断したり行動したりしない。
  16. 緊張するところではない。
    ただ慣れていないだけ。
  17. レストランは、品性を磨くための学校だ。
  18. メニューを見て、3分以上迷わない。
    一瞬の判断は、運命の出会いと同じだ。
  19. フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
  20. 失敗は、表情で決まる。
  21. テーブルマナーは、手品と同じだ。
  22. 一皿ずつ出てくるコース料理に込められた、3つの深い意味。
  23. 美しいマナーによって、相手を魅了させる。
    口説きと同じだ。
  24. ワインは、グラスの持ち方を変えるだけで、味が変わる。
  25. ソムリエは「おすすめはありますか」という一言で、やる気を出し始める。
  26. おごってくれようとする人に対して頑固に断り続けるのは、逆に失礼だ。
  27. レストランのフルコースで、中座するときのベストタイミング。
  28. ワインの予算を、声に出さずに伝える方法。
  29. テーブルマナーを身につけるのは、ブランド品を身につけるのと同じ。
  30. テーブルマナーとは、命を捧げてくれる動植物に対する、最低限のマナー。

同じカテゴリーの作品