人生の教科書



食事マナー
メニューを見て、3分以上迷わない。
一瞬の判断は、運命の出会いと同じだ。
食事マナー
残すことが分かっているなら、量を少なくオーダーするのがエレガント。
飲み会・宴会
適量を守って楽しむお酒が、一番おいしい。
犬の食事は、適量で与えてはいけない。
食事マナー

給仕や料理人に喜ばれる
30のテーブルマナー

お気に入り0 読んだ
9

どんなにおいしいワインも、
適量を超えると、
味が分からなくなる。

どんなにおいしいワインも、適量を超えると、味が分からなくなる。 | 給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー

ワインの量に迷ったら、少ない量を目安にオーダーするのがおすすめです。

最初に大量のアルコールをオーダーしてしまうと「飲みきらなければ!」という切迫感が生まれます。

ワインをボトルでオーダーするのもいいですが、好きなだけ飲めるという状況がいいとは限りません。

アルコールは適量ならいいのですが、飲みすぎると、礼儀やマナーが悪くなりがちです。

テーブルマナーを乱したり、同席者との会話がぎくしゃくしたりします。

二日酔いをすることもあるでしょう。

どんなにおいしいワインも、適量を超えると味が分からなくなります。

舌の感覚が鈍くなり、おいしさも分からなくなります。

おいしいと感じるのは適量を守っているからです。

アルコールの量に迷ったら、少なめでオーダーするといいでしょう。

「少し足りないな」と思っているうちが一番おいしい。

足りないと感じるからこそ、価値が浮き彫りになります。

どうしても足りなければ、追加でオーダーすればいいのです。

切迫感に追われることもなく、飲みすぎる心配もなくなります。

おいしさを保ちながらアルコールを楽しめます。

まとめ

給仕や料理人に喜ばれるテーブルマナー その9
  • アルコールの量は「控えめ」で、オーダーする。
次のページ >>
給仕やソムリエの質は、料理以上に引かれる魅力になる。

もくじ
(給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー)

同じカテゴリーの作品