執筆者:水口貴博

洋食フルコースで心がけたい
30のテーブルマナー

21
1

骨付き肉(Tボーンステーキ)の上手な食べ方。

骨付き肉(Tボーンステーキ)の上手な食べ方。 | 洋食フルコースで心がけたい30のテーブルマナー

「骨付き」の肉が登場することがあります。

いわゆる「Tボーンステーキ」です。

通常のステーキとは異なり、骨を気にしながら食べなければいけませんから、少し戸惑うところですね。

まず気をつけたいのは、骨を手に持って直接肉にかぶりつくのは厳禁です。

最初に骨から肉を外す手順から始めます。

  1. 左側から食べる

骨に注意がむいて、どこから切ろうかと迷いが生じます。

Tボーンステーキでスマートな食べ方は、やはり左側からです。

T字の左側からナイフを入れます。

  1. 肉をしっかり固定しながら、骨に沿って切る

フォークで肉をしっかり固定しながら、骨に沿ってナイフを入れます。

骨についた肉をナイフで切り外すことになりますから、しっかり力を入れましょう。

骨と肉のラインをぎりぎりに切っていくより、少し余裕を持たせて切るほうが、楽に切れます。

ここで注意があります。

Tボーンステーキは骨が邪魔ですから、最初に骨から肉を全部切り取りたくなります。

しかし、この方法は、よくありません。

最初にすべて切り分けてしまうと、肉汁が逃げ出したり、肉が冷めやすくなったりするからです。

食べるだけの量を、その都度切り分けていくようにします。

  1. 肉を回転させて切る

骨付き肉を左側から食べていきますが、肉を切りにくい場合があります。

そういうときは、肉を切りやすいように回転させればOKです。

  • 骨と骨の間の肉の食べ方

骨付きの肉は、T字型とは限りません。

場合によっては複雑な骨の形もあるでしょう。

骨と骨の間の肉の取り方は、状況によります。

ナイフとフォークを使って肉を切られる余裕があれば、そうしましょう。

ただし、骨と骨の間が狭くてナイフとフォークが使いにくい場合は、手で骨をしっかり固定します。

そして、フォークを使って骨の間の肉をかき出して食べます。

洋食フルコースで心がけたいテーブルマナー(21)
  • 骨に沿ってナイフを入れて、食べる分量を、その都度切り分ける。
エスカルゴの上手な食べ方。

洋食フルコースで心がけたい30のテーブルマナー
洋食フルコースで心がけたい30のテーブルマナー

  1. フルコース料理は、必要とされるテーブルマナーもフルコース。
    フルコース料理は、必要とされるテーブルマナーもフルコース。
  2. フルコースをオーダーする前に、気をつけておきたいこと。
    フルコースをオーダーする前に、気をつけておきたいこと。
  3. フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
    フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
  4. イタリア料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
    イタリア料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
  5. なぜ、イタリア料理よりフランス料理のほうが、品目が多いのか。
    なぜ、イタリア料理よりフランス料理のほうが、品目が多いのか。
  6. どんな料理でも、基本的に左側から切っていく。<br>その理由とは。
    どんな料理でも、基本的に左側から切っていく。
    その理由とは。
  7. フルコースをスムーズに食べられる人は、絶対にモテる。
    フルコースをスムーズに食べられる人は、絶対にモテる。
  8. コース料理は、同席者とランクを合わせてオーダーすること。
    コース料理は、同席者とランクを合わせてオーダーすること。
  9. スープで、音を立てないように飲む上手な方法。
    スープで、音を立てないように飲む上手な方法。
  10. スープを飲むときのスプーンの正しい使い方。
    スープを飲むときのスプーンの正しい使い方。
  11. パンを食べながらスープを飲まない。<br>パンを食べてからスープを飲まない。
    パンを食べながらスープを飲まない。
    パンを食べてからスープを飲まない。
  12. 左利きの人のナイフとフォークの適切な持ち方。
    左利きの人のナイフとフォークの適切な持ち方。
  13. エビの上手な食べ方。
    エビの上手な食べ方。
  14. 魚料理の上手な食べ方。
    魚料理の上手な食べ方。
  15. 熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに食べ始めよう。
    熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに食べ始めよう。
  16. 同席者の話が長く、なかなか料理が食べ始められないときの対処法。
    同席者の話が長く、なかなか料理が食べ始められないときの対処法。
  17. 遅刻やキャンセルは、わかった時点で早めに連絡する。
    遅刻やキャンセルは、わかった時点で早めに連絡する。
  18. テイクアウトができないレストランほど、実はサービスのレベルが高い。
    テイクアウトができないレストランほど、実はサービスのレベルが高い。
  19. カトラリーを使うときに注意したい、3つのNG。
    カトラリーを使うときに注意したい、3つのNG。
  20. ブロシェット(串焼き料理)の上手な食べ方。
    ブロシェット(串焼き料理)の上手な食べ方。
  21. 骨付き肉(Tボーンステーキ)の上手な食べ方。
    骨付き肉(Tボーンステーキ)の上手な食べ方。
  22. エスカルゴの上手な食べ方。
    エスカルゴの上手な食べ方。
  23. レモンと粉チーズを振りかけるときに心がけること。
    レモンと粉チーズを振りかけるときに心がけること。
  24. カキを上手に食べる、2つのステップ。
    カキを上手に食べる、2つのステップ。
  25. 大きなパンに、直接かぶりつかない。
    大きなパンに、直接かぶりつかない。
  26. コース料理でパンを食べるときに陥りやすい罠。
    コース料理でパンを食べるときに陥りやすい罠。
  27. なぜ、パンにパン皿がない場合があるのか。
    なぜ、パンにパン皿がない場合があるのか。
  28. パンくずは、自分で掃除をしない。
    パンくずは、自分で掃除をしない。
  29. ガス入りの水のメリットとデメリット。
    ガス入りの水のメリットとデメリット。
  30. カップ型スープにも、食事休めのサインがある。
    カップ型スープにも、食事休めのサインがある。

同じカテゴリーの作品

食事マナー」の人気記事

1
「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
食事マナー
「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
食事の作法とマナーの30の基本
2
オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
食事マナー
オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
食事の作法とマナーの30の基本
3
オーダーするときには、メニューばかりを見ない。店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
食事マナー
オーダーするときには、メニューばかりを見ない。
店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
食事の作法とマナーの30の基本
4
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
食事マナー
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
食事の作法とマナーの30の基本
5
「何だかこの人と一緒にいると話しやすい」そんな人が心がけている、見えない気遣い。
食事マナー
「何だかこの人と一緒にいると話しやすい」そんな人が心がけている、見えない気遣い。
テーブルマナーの達人が心がける30の心得
6
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
食事マナー
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
食事の作法とマナーの30の基本
7
フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
食事マナー
フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー
8
フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
食事マナー
フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
洋食フルコースで心がけたい30のテーブルマナー
9
「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
食事マナー
「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
食事の作法とマナーの30の基本
10
寿司の軍艦巻き。あなたなら、どう醤油をつけますか。
食事マナー
寿司の軍艦巻き。
あなたなら、どう醤油をつけますか。
握り寿司の30の食事マナー

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION